オイルチェンジャー

車のオイル交換、床下に潜り込んで作業するのが面倒くさくてディーラーへもっていっていました。でもディーラーへもっていくのは予約が面倒くさい。そこで、負圧をかけてオイル点検穴から廃油を抜き取る上抜き名人 ちぇんじくんを買ってみました。

まずセッティング。丁度よい長さで挿入できるように、オイルレベルゲージと挿入するパイプを並べて、ゲージの長さに合わせてホースのストッパー位置を調整します。

あとはホースをゲージ穴に静かに挿入して、ポンピングするだけ。オイルがスルスルと抜けてきます。床下に潜ってドレンボルトを回すのに比べたら、圧倒的に簡単!

スルスルと、といっても細い管を粘度のある液体が5Lほど抜けてくるのに約10分。何度か追いポンピングしました。最後は半分空気、半分オイルみたいな状態で抜けてくるので、ひたすらポンピング。

ハイエースの指定オイル、かなり低粘度の0W20。奇をてらわずメーカー純正オイルですが、グレードがSPとか。知らない間にエンジンオイルもすごく進化しているようです。

フィルター交換なしの標準のオイル交換で4.9L。4回分、20L缶で1万円しません。確かディーラー持ち込みだと1回で6000円少々だったと思います。

めったに開けないエンジンルーム、軽く洗浄しておきました。丸8年乗ってますが、見た目きれいなもんです。

廃油の処理は2.5Lの容器2つで丁度ピッタンコ。

8万5000キロ。車のオイル交換って気を抜くと1万キロくらいすぐ行ってしまいそうになりますが、自宅でこれだけ手軽に交換できるならちゃんと5千キロ毎くらいで交換してやろうと思います。

1 Comment

こすけ

廃油はポリタンクに入れてガススタ持っていくとタダで引き取ってくれますよー フォークオイル等なんでも混ざってても大丈夫です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です