SEROW ツーリング初め

2020年ツーリング初め。山口県の光市の沿岸にでも行ってみようと西へ向かい、某邸宅前で記念撮影。

ジオキャッシング初めも。なにやら、「出そう」というコメントもあって、放置していたキャッシュ。廃校でもあるのかと思ったら、石碑がありました。

DNF初めでトボトボ戻る下り道。

僕が小学生の頃住んでいた岩国の田舎の深い山の中のバス通り。どんなバスが来るんだろう。

ダート初め。

山頂初め。

ビーチ初め。

山口県光市の室積海岸。白砂青松の防風林が緩やかに弓なりのビーチ沿いに約3kmにわたって続く、とてもビーチらしいビーチ。

室積の象鼻ヶ岬にある普賢寺。

こちらの木の穴にキャッシュがあるはずなのですが、DNF続き。この日10個くらいキャッシュを巡りましたが、2つしか見つけられませんでした。

渦を巻くように弧を描いて湾をつくっている象鼻ヶ岬の先端、昔の砲台跡の石垣を再現したものがあります。こちホジホジ系のキャッシュが設置されていますが、見つけられませんでした。

山のキャッシュへ。

岬を見下ろす名も無い展望台。

水平線の向こうに頭が見えているのは国東半島ですね。

ここに「上部と下部の間」というヒントのキャッシュが。

本日数少ないFのひとつ。

その後周南のリハビリ病院に入所している親戚を訪ねて日が暮れる前に帰りました。

天気良く、気温もほどほどでしたが、ツーリングとしてはなんだかなーという感じの2020年の幕開け。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です