阿蘇GROMミーティング2019

平成最後の日、4月30日に阿蘇方面で開催されるGROMミーティングへ向けて、GROMとセローを積み込んで29日の早朝出発です。29日から令和の始まる5月1日までは3日続けて雨予報。なので、走りを楽しむイベントとしての期待感も薄い中、道中の高速道路はクルーズコントロールの80km/h走行で走ると、結構積載物多いのに100km走った時点で13.45km/lという平均燃費が出ました。ちょっと力不足な2000ccのハイエースでも飛ばさなければそれなりの燃費。

この日は豊前のルゥさん宅にお世話になることになっているので、ちょっと早めに到着して以前から4店舗ほど狙っていた中の1店舗で中津でからあげなど。

口にした瞬間、肉汁とは違う汁が脳内でじゅわっと出ましたよ。特に右の骨なしもも肉。

ルゥさんちへ到着すると、大阪からMAVさん、福岡からさなえさんが続々到着。他に連れが居るなんて、つい先ほど聞いたばかり。

ルゥさんちのガレージでしばし歓談。つか、いくらでも時間潰せる場所ですw

程よく整理されてる。あ!今気がついたけれど、サンドブラストまであるの!?

天井にはエアーホイスト。なんという贅沢。

ごっつさんがでかい車でやってきて、街へ連れ出してもらいます。2列目、キャプテンシート!

ラーメン食べて、信じられない面子でボーリングして、

カラオケで乾杯して。オトナなコドモたち。

夜も遅くまで気の置けない人たちとゆっくりとくつろがせていただきました。ルゥさん、奥様、お世話になりました。

翌朝も雨。さなえさんが積んでくれというので、僕のGROMをルゥさん宅に置かせていただいて、さなえ号をトランポすることになったのですが、これがミーティング後半思わぬ展開に繋がることになります。

雨の岡本とうふ店。少し早い時間だったので開いているかと思ったら、ここは午前8時からお店開いているんですね。

豆腐定食。豆腐づくし。食べるのに時間かかるし、結構満腹になります。

通り道だったので満願寺温泉にも寄ってみました。

雨のせいか道中の交通量の少ないこと。ここでも誰も会うことがありませんでした。GW真っ最中なのに大丈夫か?と心配になるくらい。

悪天候のため、お昼に駐車場へ集まるイベントは中止になりました。そこで泊地近くに車を置いて、夜の部に今回参加する人たちが集まっているというクシタニカフェへ来てみました。連休真っ盛りだというのに、クシタニカフェはなんと定休日。強気でブレのない感じ。

しょぼーん。

ヒゴタイ公園のキャンプ場でロッジを借りてお泊まりという夜の部。僕は車で来たということで、車中泊モードに車内のレイアウトを切り替えます。

なんと、この天気の中20名も参加。みんな、頭悪すぎる。

持ち寄った物を使って宴会スペースを拡張しています。

僕らの馬鹿さ加減に、カンパーイ!

真ん中のテントではテキ屋になれそうなオヤジたちが肉をジュージュー焼きまくってます。テントからもくもくと立ち上るのは、肉の煙なのか濃ゆいオヤジ臭の湯気なのか。

食品生産工場と化しています。

夜の部、一悶着ありましたが、真剣に仲間を思う面子なのか一過性の参加者なのかを区別するふるいになったように思います。GROMという接点だけで集まるわけですから、パフォーマンスの高い人もいれば低い人も、善人もいれば悪人もいます。マシンに対しても人に対しても線引きは様々。こういう同一車種のオフラインミーティング、ガイドラインの設定が難しいですが、イベントの全てが自分の島や庭での出来事ではないということを理解した上で集まれる人の場であってほしいですね。

そんな中、令和が明けました。Happy new Reiwa-!

翌朝。早朝ならGWでも全然混んでいない黒川温泉の共同湯へ有志で出かけました。

時間が早かったので、周辺散策など。浴衣着たカップルがゆったりと街を歩く中、おじさんたち、浮いてる。

神社に参拝する前に手を洗うかのように、黒川温泉に入る前に顔湯する。

共同湯は前日に清掃が入ったそうで湯量は若干少なく、湯温も低めでしたが、おかげでみなさんとゆっくりと浸かって楽しめました。お湯が丸く、刺激が少なくて気持ちが良いというか心地よい。

泊地へ戻って、いつも写真を撮っている人を盗撮するたぁさんを盗撮。

日本GROM界切っての雨男、MatsuさんのGROMが前日にエンジンかからなくなってしまったそうで、夕方の別府から大阪へ向かうの船へ間にあわせるためにこの日はハイエースで陸送することになりました。さなえさんが前日トランポしてくれ、と言ったのはここへ繋がる伏線だったわけですね。

まさかあのMatsuさんとマイカーでドライブデートする日がくるとは‥初めて出会ったのも四国のミーティング前の風呂で全裸でしたし、なにかと不思議な、いや不気味なご縁があるようです。

前日の飲み会で、赤牛はここが一番うまいのでは、と言われた焼肉 正(しょう)さん。

ドアを開けた瞬間、お店の看板娘が車内に飛び込んできてしまって。バイク2台積んでいると、連れ出すのが大変でした。これ、侵入に気がつかなかったらタイヘンなことになっていましたね。

赤牛丼、1500円。メニューの写真よりたっぷり赤牛が載っています。正直食べきれないくらい載っていて、満足度高いです。

焼肉屋さんなので各種豚肉も頼んでみました。壁に貼ってあった価格表をみて「安!」と驚いたのですが、壁の価格表は持ち帰り用生肉のグラム単価ということが支払いの時にわかりました。

せっかく阿蘇まで来ているのですから阿蘇山でも‥と思ったのですが、雲が垂れ込めて外輪山と区別がつかなくなっています。

三愛レストハウスの手前まで霧の中で、牧の戸峠へ向かう道で霧が晴れたので、もしやと思って振り返ると、阿蘇側から溢れ出た雲海がちょうど三愛レストハウスを覆い尽くそうとしているところでした。ダイナミックに押し寄せる雲に感動。

ひとつふたつ温泉に入れるくらいの余裕を持って別府へ向かった途中に寄った塚原温泉。

これが桶に汲んだ酸性のお湯に浸けておくと‥

こうなる。いや、2枚に増えるわけじゃなくて。

無事、さんふらわあの待つ港に送り届けられました。任務完了です!

少し時間があったので、別府泊のMAVさんを呼んでMatsu君と三人でファミレスでお茶。なんというか。こんなことになるとは思いもしませんでした。

フェリー乗り場へ再びMatsu君を送る車内で、西の空から眩しい夕日が車内に射し込んできました。「今回、九州で見る初めての太陽‥」と大阪へ帰っていくMatsu君のひと言が涙なしには聞けませんでした。

Matsu君を港へ送って、再びMAVさんの泊まるホテルの近くで車中泊体制を整えて、竹瓦温泉を素通りして街へ飲みに繰り出します。

カンパーイ。

いろいろ話したねぇ。三人以上になると話がバラけるから、僕はサシ飲みが好きだよ。

久々に腹を割って話すというよりさらに2層くらい深いところで話ができたよ。

ほろ酔いで、別府の街の空気に融けていきました。僕の阿蘇、というか九州GROMミーティング2019でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です