Home > おうち

おうち Archive

墓参り

家を建てるにあたって間取りから内装から外構まで、当時の頭を全力で使って考えたので、約10年住んで特に不満に思うところはないのですが、強いて挙げると2箇所ほど気になる点はあります。ひとつは寝室の続きになるクローゼットの照明のスイッチを寝室側につけたこと。明け方の暗い時間にクローゼットに入ろうとすると、スイッチ操作で明かりが寝室に漏れてしまうので、スイッチはクローゼット内につけるべきでした。(<これはクローゼット内に独立電源の照明器具を置くことで解決)
もうひとつは玄関とポーチのタイルを白にしたこと。単純に汚れが目立つので明るめのタイルでも少し柄のあるものの方が良かったと思います。掃除をしようと腰をあげたとき、ふと玄関にカーペットを敷いてみたらどうだろうかと思い立ったので、置き場に困っていたタイルカーペットを丁寧に加工して敷いてみました。で、靴をドアの外で脱ぐことにしてみたところ‥靴を脱ぐ際にかならず手で持つことになるため、脱ぎ散らかすということがなくなった上に、2畳ほどの土間部分がリビング寄りな空間になったので、リビング全体が広く感じられるようになりました。もともと玄関空間はリビングと続きにして空間を広く感じさせるようにつくったのが、よりその意図が強く伝わるようなつくりになりました。

台風で悪天候確定の3連休、そんなこんなしていると母がやってきたので雨が振り出す前に墓参りへいくことに。

角柱の墓が矩形の区画に並ぶのではなくて、うちは芝生に半畳ほどの敷地を買って自由にデザインできる墓にしました。

家紋は丸に三つ扇。墓石の形や津賀家の文字もこちらで加工したアウトラインデータをお渡しして造ってもらいました。津賀家の文字に色を入れていないので、人の目の高さから見るとぱっと見真っ黒の石に白い家紋だけがみえるような意匠になっています。

じーちゃんばーちゃん、家族は皆元気です。どうぞ安らかに。

「なぞっていい?」と、許可を確認する前に人んちの墓に指を突っ込んでいるムスメ。

霊園は広島市街一望の高台にあります。宇品の花火大会のあるときは、霊園関係者以外入場が規制されるそうです。

母がくることで、夜のおつまみもいつもよりおしゃれになるのがいいね。

庭焼肉

庭でBBQとか、出来る環境はあるのにこれまでしたことがありませんでした。肉が食べたいというものですから、庭で肉焼いて食べようか、ということになりました。

BBQグリルなんてありませんし、買っても使う頻度低そうですから、焚き火台に網を載せてこじんまりと焼肉です。でも、肉野菜を焼いて食べるなら、これで十分じゃない?

トンネルベッド

まったく使っていない自宅2階の廊下の一部分、だんだん季節はずれのストーブやらなにやらを置く場所になってしまっていたのでこの際収納を作ってしまうと考えていたのですが、上半分をベッドにして、廊下をナルキ用の寝室にできないかと考えていました。

廊下の幅は80cm。この幅はセミシングルサイズのマットレスがドンピシャリなのです。5月中につくるとナルキに約束していたのに月末を迎えてしまったので、一大決起で朝から採寸してスケッチアップで図面を起こしました。

印刷した図面を持って広島に新しくできたカインズへ。ツーバイフォーの接合金具をゆっくりじっくり見ながら図面と照らし合わせて必要部材と数を書き出して、3650cmの材木も効率よくカットできる方法を考えてその場で切ってもらいました。ワンカット30円を12カットしてもらって360円。1時間くらい一人の店員さんを拘束してこの値段は‥と思いました。週末激込みな時だったらホント厳しい感じですが、代休の月曜を有効に使ったように思います。

さぁ、後へは引けない感じ。

基本的な枠組みができた段階で仮組みしてみました。図面どおりでピッタンコ。

朝に採寸して図面を起こして、部材を買いにいって家で組んだらすっかり夜ですが、1日で何とかなりそうです。

子どもたちが起きている時間になんとか完成しました。僕と子どもが乗ってもぜんぜん問題なし。

「トンネルベッド」とムスメが命名しましたが、ムスメにはベッドというよりジャングルジムのようなものにしか映っていないのか、際限なくグルグル上ったり下りたりを繰り返していました。マットレスが待ちきれないムスコは早速エアマットを敷いて寝ました。朝まで快眠できたとのこと。

でもね、2階の廊下、真夏は暑そうよ‥。

新・裏庭倉庫計画

P1290198

これまでうちの北側には廃墟のような屋敷があって、コンクリートブロックの高い塀や茂った木々でうちの北面は通りから見えませんでした。春にそのお屋敷が取り壊されて土地が分割分譲されて、この夏新しい家が2件建ちました。新しいお隣さんはブロック塀の上1/3をカットして、奥に長い駐車スペースを作られたので、数年前に僕が単管でいい加減に作った機材置き場スペースが丸見え。お隣さん、せっかくの新築なのに、隣接するうちの庭がこれじゃあまりにも申し訳ありません。

P1290197

初期倉庫は単管をなるべくカットせずに組むことを最優先に考えてつくったので、屋根の角度やら柱の並びやら、直したいところがたくさん。そこで土曜日の朝に解体作業を始めて2日がかりで新しく裏庭倉庫を作り直すことにしました。

20151101_072421802_iOS

と、気合を入れて取り組んだ結果、2日もかからず1日仕事でフレームの組みなおしから白壁の取り付けまで完了しました。壁になる板は防腐処理された板に白ペンキを塗ったものを事前に用意していたものです。屋根の波板は目立たないように角度を浅くしました

20151101_072444315_iOS

荷物も効率よく整理できるように作り直したので、屋根下にバイクを置けるだけの空間ができました。もともとこのスペースはバイクを2台縦列で置ける幅と奥行きをとって家を建てたのですが、予想外にイベント機材が幅を利かせてしまったので、今はバイク1台置くのがやっと。でも大型バイクが余裕で置ける空間は確保できました。

NSR救出

20150822_232200492_iOS

朝の部活動に夜明け前から出かけると、もう寒いくらいの気温になってきました。路面の温度に気をつかわずに気持ち良く走れるのももうあまり長くないだろうと、今日は結構走り回って、貧乏ランプがついても何本か走って帰っていたら‥佐伯町から湾岸の町へ続く峠を越える直前でなんと完全にガス欠。惰性で峠は越えてそのまま麓のGSまでバイクを押さずにたどり着きましたが、リザーブランプが点灯してから完全ガス欠までメーター上で29.7kmしか走っていません。平坦地を走っているときはガソリンの残り3Lでリザーブランプが点灯するのですが、車体を右左に振りながら走り回るとリザーブランプ点灯時で1Lちょっとということになります。まぁ、今回は実害のない状態で気付けたので良かった。

IMGP4185

話は変わって、先日ガレージの奥に突っ込んだNSRですが、この位置だと車体を取り出すのに工具箱やらなにやらを全部移動して、何回もハンドルを切り返して引っ張りださなくてはなりません。正直面倒くさい。もうお蔵入り‥とも思ったくらい。でも、垂直のこの柱をなくしてしまえば出し入れが楽になる、ということに気がつきました。

これからガレージ作りをされる方のために僕のガレージの反省点を書いておくと、棚を支えるものを柱にして地面までもってくると、床面の使い勝手が一気に落ちて作業スペースがかなり狭まります。棚は上から吊るタイプが良いです。柱が必要ならなるべく壁際へ。

IMGP4186

うちのガレージは単管で櫓を組んでいますが、格好つけて基幹部分の柱は継手を差し込みタイプにしてしまいました。この柱を外すためには荷物を一旦全部取り払って、単管の基幹部を分解して‥という大作業になってしまうということから、これまで手をつけずにいましたが、よくよく考えたら、この縦の柱だけで棚の荷物を支えているわけではなく、一部上から吊る形でも単管を組んでいたので、もしかしたら外してもイケるんじゃないか、と思い至ったことで‥

IMGP4187

パイプカッターの登場。

IMGP4189

縦の柱を1箇所切断してグイグイひねったら気持ちよく外れました。

IMGP4191

外した柱は一応上から棚の部分を支える強度メンバーに転身。

20150823_013554345_iOS

柱1本なくなることで、バイク同士をピタ付けできるようになって、GROM2台くらい収まりそうな床面が出現しました。これはヤバい‥この床面はバイクを置くためのものではなく、移動・作業のための空間的な余裕部分‥と念じるように自分に言い聞かせる必要があるようです。

IKEAとその後

雪のせいで1月2日にIKEAへ行けなかったのだけれど、もともと行くつもりで屋内の採寸やカタログで購入予定の商品のチェックなどは入念に行っていました。正月休みの最終日の4日、条件的にいろいろ整ったので、朝5時出発でIKEA福岡新宮店へ出発しました。

ついでに往復の高速道路上のキャッシュなどを巡って8F1D。PAやSAに度々停まって歩くので九州入りするのに相当な時間がかかってしまいますが、いつもよりも福岡へ行って帰る疲労感は格段に少なく感じました。遠距離移動の休憩の大切さに気付かされます。

9時の開店時間直前に到着してびっくり。門前渋滞も覚悟していたのに駐車場ガラガラ。子供を1時間預かってもらえるスモーランドの受付もスムーズに終わってこれまでになく快適にお買い物ができました。

IKEAの買い物は現場であれこれ考えるんじゃなくて、事前の準備をどれだけしっかりとしておくかが予定していた商品以外の物を見る余裕にもつながるんじゃないかと思います。特にうちみたいにIKEAへ行くのに片道3時間もかかるような人は1重要。

おかげでブレクファーストメニューの時間に2Fを見終えることができました。

この日に入荷予定になっていた商品が、直前の悪天候のためかいくつか入荷されていなくて残念でしたが、タイヤ2セット分もあれこれ購入して帰路につきました。

6年前、自宅の間取りを設計する上で「廊下と玄関は生活空間じゃない」という点を強く意識して考えた結果、1階の廊下は1畳分しかなく、2階の廊下は居室とも呼べる空間にして、3畳の玄関はスクリーンを解放したらリビングの続きとなるな家になりました。今回その発想の延長で「洗面所とトイレも人が常駐する場所ではない」という思いから、収納空間として活用できないかと考えてIKEAでいろいろ購入してきたのですが‥

ちょっと倉庫感強すぎました‥ホントはダンボール箱じゃなくてオシャレな白いケースを並べるつもりだったのですが、これが今回入荷されていなかったので、とりあえず今回は組み立て式のダンボール箱。

別アングル。うちのガレージと同じ臭いのする空間になってきました。洗面所の空間ってどちらかというとガレージよりもリビングに近い位置付けだと思うのだけど‥やり過ぎたかも。

この1年間、ビデオゲーム場になっていたトイレも、ドアを開いてパッと見は全く変わっていないのですが‥

振り返ると出入り口の上に収納ボックスが整然と並ぶ空間になりました。

玄関は先にも書いた通り、うちはリビングの一部分となっています。入居以来、全然つくっていなかった玄関の空間も、今回は事前に時間がしっかりあったので採寸して必要な部材を買ってきて、思い通りの空間をつくることができました。

自転車を置く場所が他にないのでないので結局すっきりとした玄関にはならないのが残念‥。

ずっと欲しいと思っていた丸いラグひとつで、なんでもない部屋が遊び心のある空間に早変わり。赤い家具とか昔は購入するのに勇気が要ったのに、今はもう全然気にならないなぁ。親の選ぶ調度品で子供の情操にも強く影響が出そうだけれど、こんなんで良いんだろうか‥。

ハマってみた

ナルキがリビングの地窓にはまってテレビを見ていました。子どもの頃って意味もなくこういう穴にはまるのが妙に心地よかったりしましたね。

そこでどんなはまり心地か、自分もはまって確かめてみ‥ようと思ったのですがはまりきりませんでした。

ついでに妻とムスメも‥。

うちに遊びにいらした際には、是非はまってテレビでも見てみて下さい。

GROM のお客様

今日はキョウちん一家がお泊まりに来て、男共はガレージで整備。キョウちんのGROMはリアショックの交換です。バイク整備して、明日は朝からツーリング。幸せな連休です。

つくづく「お一人様用ガレージ」だなぁ‥と思います。バイク1台を人間ひとりで整備するのがやっとの広さ。約6畳分(+物置1畳分)の広さがありますが、設計上屋外扱いのガレージなので、4方向から内側にせり出してきている外壁の分狭い上にモノで溢れ返っています。

それでも詰め込んでみたら、4台収まりました。そうかぁ、4台収まるのかぁ。そうかぁ‥。

裏庭物置

先日アサヒテングストンからイベントの運営機材を持って帰ってきましたが、おかげでガレージ満杯。ホントに足の踏み場もなくなりました。これをなんとかしないことには折角の年末年始のお休みも全くバイクをつつかない年越しになってしまいます。

この家に入居して以来5年間、いつか家の裏を収納空間にしようと考えていました。今がチャンスと、先日採寸してスケッチアップで図面をつくってみて、その後も部材をできるだけ減らしつつ強度と利便性を確保する方法を検討して、必要部材が決まりました。

安価に上げるためになるべく長い部材を調達したかったのですが、いくらハイエースでも12フィート(3.6m)の2×4材はさすがに載らないだろうと思ったら‥載るんですねぇ。

もともと家を建てるときに、バイク2台を縦列で停められる空間としての幅と奥行きを確保して設計しています。これまでも車のスペアタイヤやらパイロンやらを置いていた空間です。一旦荷物を全部移動して空っぽにしました。

途中経過はばっさり省略で、単管でメインフレームを作って屋根に2×4材を載せてみたところ。コンクリの基礎は作らずにもともと蒔いてあるバラスの上に直接単管フレームを載せています。

単管ワークはとても楽しい!アイディアがすぐ形になるところがいいですね。

屋根のできあがり。単管は前日に用意した状態で朝7時に組み始めて、木材とポリカーボネートの波板は昼過ぎに買いにいって、組み終わったのが15時すぎ。部材の合計は3万円強です。

単管がメインフレームなので、もう自由自在に拡張できます。棚を作ったり自転車を吊ったり。これまでの何倍も収納できてしかも屋根下。バイクも2台置けちゃうぞ。

裏庭収納庫

昨日アサヒテングストンからジムカーナの運用機材を持って帰ってきました。100本以上のパイロンや大きくて嵩張るブロアやスイーパーなどは屋根下保管したいのですが、うちのガレージ内にはもうこれ以上大きな機材を置ききれないような状態です。そこで前々から考えていた家の裏の細長い敷地に屋根を設けて、収納庫を作ることにしました。

これまでも何度も屋根付き収納スペースをつくるのにチャレンジしようと試みた空間なのですが、給湯設備や洗面所の窓やパイプ(2階トイレからの下水管や雨どいなど)等がランダムに並んでいて、簡単に柱を立てて屋根を付ければ‥ということにならず、必要な部材を考えるのが億劫だったので諦めていました。
ふと、スケッチアップで空間を再現してみたらどうかと思い立って、採寸して現場空間を画面内に再現してみました。これなら欲しい形を作って必要な部材を考えられます。超便利。現場合わせじゃなくて先に答えを用意してからプラモデル感覚で作業に取りかかれます。超便利。

ホーム > おうち

Feeds
Meta

Return to page top