Home > 情報技術

情報技術 Archive

MacBookProとCS5.5

新しく購入したMacBookPro(タッチバー付き)にAdobe Creative Suite Design Standard 5.5をインストールしようとしたら、いろいろと問題が発生したのでその経緯。

  • インストールDVDが見当たらない
    →adobeからAdobe Creative Suite Design Standard 5.5をダウンロード
  • イメージをマウントしてインストーラーを起動すると「〜ディスクイメージを取り出す必要があります。」、そこでデスクトップにインストーラーをコピーしてインストーラを起動すると「〜ゴミ箱へ移す必要があります。」
    →システム環境設定のセキュリティとプライバシーで「すべてのアプリケーションを許可」する必要があるが、MacOS sierra(10.12)から「すべてのアプリケーションを許可」の表示そものもがなくなっているので、ターミナルから「sudo spctl –master-disable」を入力して改めてセキュリティとプライバシーを開くと追加されている。
  • 一般的にはそれで解決するようだけれど、CS5.5のインストーラーは解決しない
    xattrコマンドで無理やり開けるようにする。「xattr -rc デスクトップのインストーラへのパス」 最初はこれでも改善しなかったけれど、一晩寝かしたらなぜかインストーラーが起動。
  • インストーラーを起動すると、JAVAがないので起動できないというエラーJAVAのダミーフォルダを作成してインストーラーをごまかして起動
  • CS5.5のシリアルが通らない
    →とりあえず試用版で使用。平日サポートに問い合わせ‥しようとしたら、もう5年前の製品なので電話とかチャットのサポートをしてくれない。過去ログによると、「OSのバージョンが対応していない」で片付けられそう。
    古いMacBookAirとOSのバージョンは同じだけれど、CS5.5を対応バージョンのOSにインストール後にOSのバージョンをあげていく分には大丈夫みたい。ただ、今回MacBookAirの認証を解除してしまい、再度MacBookAirで認証しようとしたらはじかれる。(<イマココ)

エクセルホイヤー(美声ボイスデータ付き)

2222

ついに!タイム読み上げ「美声」ボイスデータ付きでエクセルホイヤーを配布です。
エクセルホイヤーとは、モトジムカーナのシグナルスタートでのタイム計測をエクセルを使って可能にしたエクセルファイルです(別途光電管センサーや光電管からの信号をキー入力に変換する装置が必要になります)。

今回の改善点は

  • 古いバージョンでは500回までしか計測ができませんでしたが、今回は2000回計測できる仕様に。
  • 音声データは10分の1秒、100分の1秒、1000分の1秒でそれぞれ読み上げのイントネーションが変えてあり、非常に自然なタイムの読み上げ音声になっている。
  • その他細かいバグ修正。

となっています。なお、音声データについては九州MG9の中西さんに大変なご努力とご協力をいただいております。この場を借りてお礼申し上げます。

ダウンロードはこちら。

エクセルホイヤー160729 (17.1MB)

ダウンロードは自由ですが、簡単にコメントを残してくださるとうれしいです。

AppleIDファミリー共有

小学2年生のムスコと、親が外出中に連絡をとる手段があればなぁ、という家庭環境になりました。手っ取り早いのは電話ですが、こちらが仕事をしている場合電話に出られるとは限らないので、LINEなどのメッセンジャー的なサービスが良いということになりましたが‥

LIINE:新しいアカウント取得に携帯電話の番号が必要なのでダメ
Google:低年齢過ぎてアカウントが作れない
AppleID:低年齢過ぎてアカウントが作れない

など、小学2年生が専用のアカウントを取得しようとすると結構難しいのです。

あれこれ調べてみると、iOS8以降はファミリー共有の機能の一部を使って、親のAppleIDに13歳未満の子ども専用のAppleIDを追加できることが分かりました。

iPhoneで、「設定」>「iCloud」>「家族」 で「お子様用のAppleIDを作成します」を押して、あとは画面に従って設定していけば完了。

お互いの位置情報の共有や、子どもがアプリを購入しようとしたときに親が承認するなど、オンラインでも家族らしいつながりが持てる素晴らしい機能です。母親のカウントを「両親/保護者」設定すれば、子どものアプリ購入の承認は僕だけじゃなくて妻でもできるようになります。

さて、アカウントができたということで、うちにあるiPadの使用者を新しく作ったムスコのアカウントに設定しなおして(‥というところで利用者設定の変更をどこでするのかちょっと悩んだのですが、「設定」>「iCloud」でどのAppleIDがその端末を使うかの設定ができます)、晴れてうちのiPadからの情報発信はムスコのAppleIDからという環境ができました。

初めてiMessageを使ってみたムスコの感想‥「すごい!おもしろい!」と、離れたところに居ても親と連絡が取れるということに目をキラキラさせていましたが、僕としては子どもが本格的に個人のアカウントでネットワークコミュニケーションデビューをすることで、教えていかなくちゃいけないことが一気に増えたことを実感しました。情報モラルだとかITリテラシーだとか情報社会の光と影だとか仕事では高校生に教えていますが、自分と子どもがこれから経験する成功例や失敗例がこれまで以上に直接仕事にも活きるように思います。なんか、簡単で便利になったと喜んだり軽く考えたりできないデキゴトですね。

クラウドアルパカ

グラフィックソフトウェアとなると=Photoshop と考えるのがこの世の倣いといって間違いないと思うのだけど、職場で数十台単位のソフトをまとめて購入してもらおうと思うと結構な価格になってしまいます。アカデミックパッケージのPhotoshopElementsでさえ購入してもらえないとなると、なにかしらフリーのソフトで対応しなくてはなりません。

これまでに「GIMP」やオンライングラフィックソフトの「SumoPaint」をはじめフリーの多機能グラフィックソフトをいろいろ検討してきた結果、ここ数年は使い勝手の良さから「Paint.net」を使ってきました。Paint.netはフリーソフトとしては十分強力な機能をもっているのですが、ソフト独自の操作色をだしているところもあって、僕としてはもっとPhotoshopライクに使えるものはないものかと思っていました。

クラウドアルパカ」はフリーのマンガ制作ソフトです。何かの記事に紹介されていて試しに使ってみたのですが、これがなかなか使い勝手が良い。フォトレタッチソフトではなくマンガを作成することに特化したソフトにもかかわらず完全にPhotoshopを意識したショートカットの設定など、これを使い慣れてしまえばそのままPhotoshopへ移行できそう。職場で基本的な画像操作を指導するには十分な機能があります。

マンガのコマ割り、スクリーントーンの流し込み、パースや放射線を描くためのテンプレートや一定角度ごとに一時的に画面を回転できるなど、マンガを制作するために与えられた機能やツールもディジタル制作ならではの快適さ。ペンタブレットと組み合わせることで強力なお絵かきソフトとなることは間違いありません。パソコンで絵を描きたいなぁ、と思っている方のエントリーソフトとしては必要十分な機能が無料で使えるというのは驚きです。

基本的な使い方については動画で紹介もされているので、興味のある方はどうぞ。

1.起動・ログイン

2.ネームの作成

3.コマ割り

4.フキダシ

5.パース

6.素材作成・登録

7.トーンを貼る

8.集中線

9.文字入れ

10.プロジェクト管理

比較動画

比較動画というものをはじめてつくってみました。こういう動画って有償ソフトじゃないとできないのかと思っていたのですが、「AviUtl」というソフトとプラグインを使えば完全にフリーで作成できました。作成してみたい方もいらっしゃるでしょうから、備忘録として完成までの経緯を記載しておきます。

ビデオのコンバート
AviUtlはデフォルトで対応している動画形式がaviです。いただいた動画はAVCHDビデオ形式(.mts)だったのでフリーのコンバータ「iWisoft Free Video Converter」でaviに変換しました。出力フォーマットはいくつか選べますが、同じaviでも「AVI-DivX Video」形式で出力しないとAviUtlで読み込めませんでした。

AviUtlの入手
あちこちで手に入りますが僕はこちらからいただきました。ソフト単体で入手して自分でプラグイン追加して拡張する手もありますが、このサイトではあらかじめメジャーなプラグインを追加してカスタマイズされたセットを入手してくれるようになっているので、画面下の方の「Omake」にある「AviUtlと拡張編集Plugin等のセットです」と表記されたものをダウンロードしました。
このカスタマイズされたものは、動画のサイズが1280px幅までしか編集できないような設定になっていますので、設定画面から1920*1080のサイズが編集できるように設定変更しないとフルHDのAVCHDをコンバートしたデータの編集ができません。設定変更はいったんAvtUtlを終了して再度起動すると反映されます。

動画編集
レイヤーに同時再生したい動画をそれぞれ追加して、各画面の拡大率を変えると画面内で動画が小さく表示されます。位置はドラッグして調整できるので、都合のよいように配置して書き出せば出来上がり。

インターネット上に情報がかなりありますので、1時間も検索していればかなりの情報や実例が手に入ると思います。

ツーリング用地図アプリ

ある有名な方が「○○の性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教えてやる!」と仰られていましたが、これはバイクのツーリング用のナビにも通じるところがあります。車に比べて画面を注視したり、パッセンジャーに操作を依頼したりすることができないバイクのナビに求められるのは「チラ見で判断できる道路の視認性」「グローブをしていても間違いにくい操作性」であって、他にどんなに豪華な機能が搭載されていても、この二つのうちいずれかが欠けていたらツーリング用ナビとしては戦力に値しないのです。

これまでいろいろな地図アプリを試してきましたが、今日「OpenMaps」というフリーウェアの地図アプリを使ってみたところ、恐ろしい程バイクツーリングに向いていると感じたので、捨てずにiPhoneの中で飼っていた他の地図アプリと比較してみました。なお、この比較において自車周囲の施設検索や目的地を設定してナビゲーションする機能の優劣については全く考慮していません。

僕のツーリングスタイルは県道やそれ以下の細い道に入り込むことが多いので、「1.5車線路をどれだけ捨てずに表示しているか」という点を重視して、1.5車線路が消えずに表示されるギリギリの引きで能美島の砲台山周辺がどのくらいの範囲を表示しているかでスクリーンショットを撮りました。

◆GoogleMaps

GoogleMapsはすべての面において隙がないです。1.5車線路も捨てられず、かなりズームアウトしても表示されます。決定的な問題点は地図の背景と道路のコントラストが低いこと。運転中にチラ見で判断しづらいのです。見た目綺麗につくるだけが良いナビアプリとはいえません。様々なタイプの方が使う事も考慮してハイコントラストモード等、スキンの切り替えができれば更に良くなるのに。
ピンチイン・アウトのズーム調整の他に、ダブルタップしたまま上・下スライドでも調整できるのはとても使い易くて良い機能です。

◆Yahoo!地図

機能は優れているのに、コントラスト薄過ぎ。屋外では使い物になりません。これまで・これからの雨雲の動きをレイヤードできるのは他の地図アプリにはない便利さなので、夏場の空模様が怪しい時は休憩中によく使っています。

◆地図マピオン

進行方向を示す表示方法に難あり。自車がどちらを向いているか分かり易くするために配慮した結果なのだと思いますが、進行方向に白くぼかしたマスクをかけるような表示のおかげで、進みたい方向の情報が読み取れなくなってしまいます。等高線が表示されている点は好感が持てるけれど、走行中に読み取れるコントラストではないです。

◆マップJapan

地図マピオンと同じエンジンの様子。GoogleMapsと同じく、ダブルタップした指を離さずに上下スライドでズーム切り替えができるのは便利。2本指タップでもズームアウトしますが、グローブ越しだとほぼ反応しない。

◆マップルナビ

バイク用ナビソフトの決定打‥でした。これまでのナビアプリと違って、地図データはダウンロードではなくあらかじめフルインストール。そのため携帯のアンテナが立たない地域でも好きな縮尺で地図を表示できます。大きめの操作ボタン、ダブルタップ&上下スライドでのズーム操作、無駄な機能も附属していません。
何より気にいっていたのは「スマートズーム出来ない」点です。縮尺固定の紙の地図に対して画面の小さなナビソフトの決定的な欠点は、ピンチ操作に従って徐々に拡大縮小すると、表示されている地図の縮尺が掴めなくなって全体の把握ができなくなるところにあります(<最近は慣れましたが‥)。このソフトは途中段階がなく、ある一定の段階ごとに地図の尺度が拡大縮小するので、元の縮尺に戻すのもタップの回数でコントロールできます。

大変残念なことに、現行のバージョン1.4にアップデートすると、これ以上ズームアウトすると細い道の表示が消えてしまうようになってしまいました(古いバージョンではかなり引いても表示していたのです)。正直、幹線道路以外では使い勝手が格段に悪くなりました。有償アプリでこういう改変・機能ダウンはちょっとルール違反だと思います。激オコです。ホントに良いナビアプリだったのに‥。

◆MapFan+

マップルナビの代替で使い始めたナビアプリ。これも進行方向に向かって白ぼかしのマスク表示で進行方向が見づらい。良い点は、ナビ任せで目的地へ行くのに複数の経由地がある場合、その設定が簡単にできるところ。

 

そして今日、OpenMapsというアプリに出会いました。

◆OpenMaps

もともとはPC用の「OpenStreetMap」が元になったアプリのようです。PC版はGoogleMapsを見慣れた目からすると最初は見づらくも感じますが、見慣れてくるとこちらの方が使い勝手の良い点が沢山あることに気が付きます。
iPhoneのアプリ版は、地図として使う上での自由度の高さが光ります。

  • 画面上の各機能へのショートカットボタンは自在にカスタマイズできます。
  • オフラインモードがあるので、目的地付近の地図を各縮尺で一度表示してキャッシュしておけば携帯の電波を拾わなくても表示が可能です。
  • 表示する地図スキンの切り替えができます!

上のスクリーンショットはPC版の「OpenStreetMaps」と同じ標準的な地図表示。とりあえずズームアウトはここで止めてますが、いくら引いても1.5車線路が表示されています!他にも「OpenCycleMap」というスキンは、

陰影つきの等高線表示があって、登坂能力の低い原付ツーリングではこれが意外と助かります。「このポイントからあっちが見えるかなぁ」という予測も等高線がないと無理なので、僕のツーリングスタイルではとても役立ちます。

ハイコントラストのスキンもあります。味気ないですが、現在位置とこれから走るルートが分かれば良いという使い方ならこれに勝るものはありません。

周防大島の入口あたりをGoogleMapsと並べて比較してみました。同じ縮尺でもOpenMapsの方が道が省略されていないことがよく分かります。広い範囲を表示しながら自分の位置も確かめるという使い方に優れた地図アプリだといえます。

これまでは複数の地図アプリを起動して切り替えながら使っていましたが、OpenMapsを使う事で全てはまかなえないにしても切り替えの頻度が減るだけでも随分楽になります。というわけで、OpenMapsの使い勝手を試すためにツーリングに出かけなくちゃいけないな。

WORDPRESS更新

ブログのエンジンを更新しました。

このサイトではWORDPRESSを3つ動かしていますが、メインのブログだけ2.x.xのまま放置しておりました。仕事で使っているサイトを3.5.1に上げたら管理画面の進化、特に画像などのメディア追加が非常に楽なことに驚いて、こちらも最新版へ。

アップグレードは2008年10月の記事に従って進めましたが、あっさりとバージョンアップ成功。最近のWORDPRESSはもうローカルからFTPしなくても、サーバー側で勝手にアップグレードしてくれるので、もうこれも古いネタになってしまいますね。

というわけで、投稿テストも兼ねてポスト。

Google電卓

Googleの検索窓に計算式を入力して検索すると計算結果が表示されていましたが、最近電卓っぽいインターフェースで計算結果が表示されるようになっています。一度表示してしまえばテンキーから数式の入力も可能ですから、手元に電卓が無い時にも電卓感覚で計算ができてとても便利。

この電卓インターフェースを表示するには、Google検索窓に計算式を入れるのが近道かと思いますが、「電卓」「計算機」というキーワードで検索しても表示されます。

余談ですがブラウザ上で利用できるオンライン電卓サービスでは、オンラインカリキュレーターというサイトで様々な計算機が利用できます。姉妹サイトのオンラインストップウォッチも各種タイマーが用意されていて面白い。

MacOS8 on MacBookAir

わかる人にはわかってもらえる‥というか、わかる人にしかわかってもらえないこの気持ち。
表題のとおり「MacOS8 on MacBookAir」です。じーん(感動)。

あれこれデータを整理していたら、BasiliskIIというWindows上で動かす68kのMacのエミュレータが出てきたので、Windows7を起動したMacBookAirにあわせて設定をしなおして動かしたらあっさり起動しました。このエミュレータを動かすには68kのMacintoshのROMが必要なのですが、実は17年前に始めて購入したMacから抜き出したROMを使っています。自分が初めて購入したコンピュータの息吹を、今現在使ってるパソコン上で感じることができるのです(特にMacOS8ということもあるし)。
68kのMacintoshのエミュレータなので、サポートしているOSの最新版はMacOS8。OS9はPPC以降の機種じゃないと使えないって、覚えている人どのくらい居るのでしょうw。

というわけで、Macintosh Quadra950をエミュレーションしてみましたー。当時は働き始めたばかりの年代ということもあって、とてもじゃないけど購入することのできないマシンでしたー。 起動前のセッティングで、メモリを512MBほど充てたのですが、OSが起動直後の消費メモリは9.4MB!!!そういえば当時のMacは32MBもメモリを搭載していれば上等でしたものね(よく考えたら、このエミュレータを起動するのに使ってる仮想ドライブの容量も400MBでした。メモリのほうが容量デカイw)。隔世の感が‥。68040/20MHzのCPUをエミュレーションしていますが、エミュレータ上でも当時のどのマシンよりも快適・快速に動いていると思います。

キッドピクスもMarathonもまきがめもやりたい放題だもんねー。MacBookAir&Win7上ではイーサネットの設定がうまくいきませんでしたが(<ドライバの対応の問題か、OSの対応の問題か、MBA固有の問題化は不明)、以前WinXP上で動かしていたときはインターネット接続もできました。当時のMacOSのブラウザといえば、IEかネットスケープが主流でしたが、どちらも現在は入手しづらい上にエミュレータ上でうまく動きませんでしたので、iCabというブラウザを使っていました。調べてみたら、iCabって今でもiPhoneやiPad用のブラウザとして生き残っているようです。

一昔前ならWebページの表示確認程度に使うくらいの使い道があったかもしれませんが、実のところ今更OS8が起動しても、実用性はほとんどないに等しいです。でも、何年か振りにFinderの操作をしてみると、当時のときめいていた感じがよみがえりますね。楽しいですよ、ホントに。

追記:OS8を全画面で起動中に蓋を閉じて、再び開くとWindows7のロック画面に切り替わっていてパスワードを要求されるのですが、ポインタもキーボードも全く反応がありません。ウインドウ内表示であれば問題なし。
メモリがある程度確保できるようになった時代にRAMディスクを作ってその中にOSを入れて、爆速で起動するー!とか喜んでいた時代もありましたが、今じゃこのMacOSもSSD上で(しかもクァッドコアで)動いているんですよね。10年後もこのエミュレータを動かしているんだろうか。そのころはどんな環境なんだろう。

ガレージPC

うちのガレージにあるPCは7年前に購入したミドルタワーのデスクトップPC。スペックは

MB : ASUS P5GDC DELUXE
CPU : Pentium4の3.2GHz
メモリ : DDR400の512MB×2
グラフィック : GF 6600GT
OS : WinXP MCE SP3

と、当時としては中堅よりちょい上くらいのマシンでした。
ガレージでは主に音楽を鳴らしたり、Webで調べ物をしたりする程度に使っていたのですが、先日購入したWACOMのタブレット、Intuos4を接続してみたところ、かなり快適なお絵描き環境が出来上がったので、23インチのフルHDの液晶もつないでさらに作業マシンに仕立ててみました。が、さすがに7年前の環境にフルHDというのは荷が重く、YouTubeの480pの動画でさえフルスクリーン表示ではカクつく性能でした。

そこで、いまどきのパーツを買い足して(というか、そうなるとボードから差し替えて)新しく組みなおそうかとも考えましたが、そうなると欲しいパーツだけで約5万円。別に現行のスペックが欲しいわけではなく、モニタをもてあまさないグラフィック性能と、絵を描くのにもう少し余裕のあるメモリがあれば十分なので、その点だけに絞って(うまくいくかどうか分かりませんが)延命することにしました。

ちなみに、いまどきPen4の3.2GHzってまともに動くの?と思われるかもしれません。平素使っているマシンはCore i7でSSDのノートなのですが、意外なことに普段のその環境からこのPen4のマシンに作業環境を変えても全然ストレスがないのです。当たり前のようにスムーズに動きます。数値的なものから考えるととても不思議なのですが、違和感を感じません。

さて、購入してきたのはGeForce GT430を積んだグラフィックボード。値段最優先で玄人志向。5000円ちょっと。
OSから古いドライバを削除して電源を落とし、グラフィックボードを差し替えて起動してドライバを入れておしまい。
6600GT→2054に対して、GT430→8224というスコア。ちなみに、いまどきのオンボードチップのインテルHD Graphics 3000が5037というスコアですから、それなりにいまどきな性能までアップしたと思われます。

次にメインメモリ。このPCのボード、「ASUS P5GDC DELUXE」はDDR用とDDR2用のスロットがある変り種なマザーボードで、排他的にどちらも使えるようになっています。これまではDDRの512MB×2であるにもかかわらず、不思議とストレスのない動きをしていましたが、さすがに数値的に心もとないので大幅アップの2GBの2枚挿し。実はメーカーのスペック表にはDDR2の1G×2が上限とされていたので、相性保障をつけて2GBを2枚購入して4000円ちょっと。バッチリでした。動きました。32bit版OSですから4GBまでは認識しませんけど。写真は上が512MBで下の細い方が2GBです。値段にも大きさにも驚きました。

というわけで、軽自動車のボディに無理やり2000ccのエンジンを載せたようなマシンになりましたが、ガレージで使うには必要十分なスペックを身につけて延命終了。

ホーム > 情報技術

Feeds
Meta

Return to page top