SuperCub スプロケット交換

SuperCub110(JA44)、単独で走行するなら60km/h前後で流すのがちょうど良い感じに設定されているエンジンパワーとノーマルギア比。通勤で使うと、朝の湾岸道路を疾走する他のバイクの流れにちょっと置いていかれるという感じです。流れに乗れないわけじゃないのですが、エンジンがワンワン唸って連続走行したくない‥というわけで、ちょっとロングにしてみようかと。

手持ちのスプロケ、GROM用なら各サイズ揃っていますがチェーンサイズが420だったのはちょっと前のカブまでで、僕のカブはサイズが428になっています。

左ヒールガード、塗装かと思ったら鉄パーツの塊なんですね。先日マフラー交換時に外したステップもものすごく重たい鉄パーツだったし、ちょっと見直すだけでかなり軽量化できそうです。

F14:R34でノーマルの二次減速比は2.500。
F15:R34に変更して2.266へ。

チェーン外れ防止のプレートは前1T上げだと本当にギリギリ。もう1丁あげると対応パーツに変更しないとダメでしょうね。

試走。後ろ2丁下げ(F14 R32=2.285)相当のギア比はノーマルの「お、結構走るじゃん」という押し出し感が丸くなって「ただ走るだけ」という感じになりました。スーパーカブからスーパーマイルドカブになってしまった感じ。ただ走り出してしまえば巡航で使える速度は上がっているのが分かります。サイレンサーを換えて元気になったエンジンとギア比の変更で、ノーマルに比べると10km/hくらい巡航し続けられる速度が上がっているという体感です。

もともと2速発進ができるようなバイクですが、この状態でも2速発進は可能です。

優しくなって、イメージ通りのカブらしくなったともいえます。これ以上スピードが出ても完全にもう足がついていかない、という感じですし(結構ブルブルするし、なによりブレーキがプア過ぎて怖い)。明日長距離走ってみます。前回のツーリングとの違いが楽しみ。

F14 R34 =2.500(ノーマル)
F14 R33 =2.357
F14 R32 =2.285
F15 R34 =2.266(今回)
F15 R35 =2.333
F15 R36 =2.400

ノーマルが一番ショートで、今回が一番ロングとして、その間にベストな答えがあるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です