Home > Ryolog

Ryolog

いつもと違う

  • 2009-07-22 (水)

今春より正採用で勤務するようになり、
時間の流れが例年とはずいぶん違って感じられます。

臨時採用だったときも仕事の内容は同じなのに、
違うといえば…研修の多さ??

緊張感も違うからでしょうね。

気づいたら…

  • 2009-06-11 (木)

相も変わらず多忙な毎日です。
うちには本当に寝るためだけに帰っているようなもの。

最近私がお風呂に入るとナルキが号泣…という日が続きました。
しっかり寝かせてから、と添い寝していたら私が寝ておりました。
はっと気づいたら深夜2時半。お風呂に入って寝直しました。

それでも、ナルキが生まれたばかりの頃の3時間おきの授乳より
今のほうが楽な気がします(笑)。

毎日がスリリング

  • 2009-05-27 (水)

生徒を飽きさせない魅力的な授業には、スリルが必要だそうです。
ただしここで言う「スリル」とは、新たな知識を得てゾクゾク・わくわくすること、です。

授業者としては、スリルを与える立場なのですが
私自身が毎日スリルを味わっています。
毎日まいにち、何か(の仕事)に追われているという、スリリングな日々です。

春過ぎて

  • 2009-04-19 (日)

初夏のようなお天気が続きます。

新規採用者として、新しい職場へ配属されて2週間あまり。分からないことが多すぎて疲れることが多いです。ホントにカンタンなこと…たとえば最寄のトイレの場所…さえ分からないのって、ちょっと苛立ちすら覚えます。
でもひとついいのは、「分かりません、教えていただけますか」とすぐに聞けること。このチャンスに、たくさん学びたいと思っています。

蜜月期間のおわり

  • 2009-03-26 (木)

今年度のお仕事が実質2月初旬に終わり、それ以降はナルキと日中、今しかできない母子生活を送りました。そして、先日ついに新年度からのお仕事の内定を頂き、さらに内示を受けました。31日には辞令交付です。

出産して以来、基本的にナルキ中心の生活をしてきて、自分のことは二の次三の次でした。が、4月1日からはフルタイムの仕事、しかもハードな研修スタートです。すっかり「かーかん」になっちゃって、非常勤でちょっとは仕事をしてきたものの、相当なまっている気がします。こんな私に勤まるのかどうか実はかなり不安。ま、がんばるしかないですけど。ナルキのことなど、家族や親にはお世話になりっぱなしで申し訳ないのですが、ドキドキ新人、がんばります。

去年の今頃は

  • 2009-01-21 (水)

去年の今頃は…と振り返ることが、最近よくあります。
1月23日が出産予定日だったので、今か今かとどきどきしていました。
大きなお腹でよっこいしょ、と動き回っていました。

去年の今頃、今の私は想像もしていませんでした。
きっと来年もそう思うのでしょうね。

師走です

  • 2008-12-01 (月)

術後1ヶ月の検診で、あっさり「もういいですね」と医師から言われて、コルセットも通院も終了。その後痛むことも痺れることも無く、日々家事育児仕事に勤しんでおります。

来年度の採用に向けて、今年も面談に来るよう通知が来ました。あぁ、忘れられていませんでした!でも来年度、家庭を顧みられない生活になるんではないかと怖くもあり…。

毎年、12月だけはその1日に「師走かぁ」と感慨深くなります。年の最終月を迎えたからでしょうか。新年度の心配の前に、まずは今年のうちにすべきことを片付けなくちゃね。

夢のような

  • 2008-09-10 (水)

秋晴れ、といって差し支えないような素敵なお天気。しばらくはコルセットで汗だくになるのは避けられない日々ですが、歩いても家事をしても、ナルキと遊んでも、痛みも痺れも全くない、夢のような日々を送ることができるようになりました。家族をはじめ、たくさんの方に助けていただいたりお気遣いいただきましたことを、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました!

コレを打っているいま、隣でナルキがゴロゴロ転がったりズリズリ這って探険し放題です。時々振り返って「ん、ん」と呼びます。また、何かにつかまったり触ったりして、お味見の前にじーっと母を見ます。「これ、食べちゃうよ?」といういたずらっぽい目で(笑)。
本当によく移動しては、いろんなところのもの(椅子の脚やカーペット、ドアなど)をお味見してくれます。そんな息子を捕まえに行ってはもとに戻し、抱っこしてはきゅっと抱きしめ、その度に、これが当たり前のようにできることにいたく感謝するのでした。

爆弾処理

産後再発した腰椎椎間板ヘルニアと、折り合いをつけてうまくやっていってるつもりでした。が、日々成長する息子を抱えたり早々に仕事を再開したりと、体への負担は本人の意識以上に大きかったようです。

IKEAへ行った夕方から、痛いと感じ始めてその後はあっという間に寝たきり生活になってしまいました。家族や友人みんなに心配・迷惑をかけて、広島へ戻って入院、即手術。1年のうちに2回も入院手術するなんて、これまでの人生では考えられないことです。

ヘルニアは神経をかわいそうなほど圧迫していました。排泄障害が出なかったことは本当に幸運でした。しかも、術後翌日には歩き始め、残ると言われていた足の痺れは全くなく、あんなに悶絶したのは何だったの??と思ったほど。 調子に乗ってリハビリしすぎて腰がだるーくなってしまったり、メニエルの症状が唐突に出て点滴打たれたりはしましたが、無理せず穏やかに過ごせば全く問題のない毎日が戻ってきました。

退院したら、外界はもう秋の涼しさ。コルセットがどうしても暑苦しいので、この涼しさは大変ありがたいです。波乱万丈の夏でしたが、休み中に抱えていた爆弾を処理できたので、有意義な夏休みであったと思います。

暑いにもほどが…

  • 2008-07-22 (火)

今日は「大暑」、最も暑い時期であるということです。それにしても、暑いですね。

昨年は昨年で暑いのをどうにかして乗り切ったのですが(どうやって乗り切ったんだろう)、今年はナルキがいるのでいろいろ気を遣います。私一人なら我慢するとか、図書館へ避暑に行くとかできるのですが、最近とみに声の大きいナルキさんは、調子が良くてもウキー、悪くてもエーンと誰もが振り向くような大声を発します。結局、洗面台シャワーで汗を流したり、エアコンのお世話になるのですが、昨晩のように室温32度な日が続くと、体も家計も参ってしまいます。建物ごと暑くなってしまう我がアパート、今日はすでにどの世帯もご不在です。みんなどこで避暑してるんだろ。

Home > Ryolog

Search
Feeds
Meta

Return to page top