Home > Ryolog > Archives > 2007-04

2007-04

新しい世界

  • 2007-04-29 (日)

昨年度までとはうって変わって?、洋弓部の顧問の一人となりました。アーチェリーなんてこれまでにまったく接点のなかった競技で、とても新鮮なのはいいのですが、引率に行ったらいろいろとお手伝いがあり、全く未知の世界ゆえとてもオドオド(笑)。とても気を遣っていただいて、ほとんど何もせぬまま試合を眺めておりました。事前に生徒の練習は見ていたのですが、競技は初めて。意外だったのは存分に声援を送っても良いということです(もちろんタイミングはありますが)。
生徒は朝夕の練習の甲斐あって、次の大会へ駒を進めました。何かに真剣に打ち込めるということはとてもステキなことです。次もがんばってね!

進む時間の速さ

  • 2007-04-24 (火)

年が明けてからの日々はあっという間に過ぎていくようで、たとえば2月は「逃げる」と形容したりします。それを考えると、この4月の時の、何とゆったりと過ぎていくことよ!! 特に今年は職場も環境も変わった状態でのスタートでしたから、余計に緊張してしまうのかもしれません。
前の職場には非常勤と臨時採用を合わせて5年勤めさせていただきました。ひとつところに3年以上いることが久しくなかったので、定着しすぎてしまったようで、今回の異動はとても新鮮でした。が、やはり久々に痛感してしまった己の小心さ(笑)。この仕事にあるまじきことと言われましたが、人見知りをするのです。オトナですからそこで引っ込んでしまったりはしませんが、おっそろしく気合が必要です。そんなこんなで毎日闘って(対人ではなく自分との闘いのような気もします)、毎日消耗しきってます。なんでもやってみないとわからないと、いつも言っているしわかっていますが、その一歩を踏み出すのにものすごくパワーを必要としてしまうのでした。
そんな日々というものは実に中身の濃い、充実した日々ですが、時間が経つのが非常に遅く感じられるものです。慣れたり、何かに追われるようになれば、きっと「光陰矢のごとし」なのでしょうね。

自分の歩く早さで、しっかり歩いていきたいな。

お出かけ

  • 2007-04-22 (日)

これまで話には何度も聞き、写真で拝見したことはあったダーリンの親戚の方に、初めてお目にかかりました。初めてがちょっと突然だったのもあって、人見知りをしてしまう私は結構緊張。そんな私をみなさま温かく歓待してくださいました。また新しい出会いができたことが大きな喜びです。
ダーリンの従弟氏がうちへいらしたときもですが、さすがはその父上、次々と質問が飛んできます。私は決して頭の回転がはやいわけではなく、しかも内容に乏しいため気の利いた返事ができません。もっと日頃アンテナを張り巡らせて、情報収集と分析、考察をすべきですねぇ。
「考えること」を大儀がることはありませんが、最近は浅いような気がします。自分の中の引き出しを整理整頓してさらに充実させていく必要性を強く感じたのでした。

洗濯日和

  • 2007-04-15 (日)

今日はとてもいい天気です。こんな日に洗濯するのは楽しくてしかたありません。布団カバーもシーツもはがしてみんな洗濯です。布団も干し終わって、庭(コンクリの打ちっぱなしですが)で久々に絵を描いてみようかということに。ダーリンは本職ですが、私は色鉛筆で落書き程度のもの。にしても、あまりにも久々だったせいかホントに下手でした…私。普段、使わないこと・しないことはどんどん忘れていっています。忘れたくないものも…。絵を描く手もピアノを弾く手も、馬に乗ることやビーズでアクセサリーを作ることも、一度に全てを同時進行はできないけれど、忘れない間隔でするようにしたいなぁと思います。
その点、洗濯は日常のことですから、お日さまのいいにおいは決して忘れませんね。ちなみに「匂い」の記憶は、視覚によるものなどよりも強い記憶なんだそうですよ。

おべんとう

  • 2007-04-12 (木)

新しい学校に行くようになって、自作のお弁当を持っていくようになりました。と言うか、以前のように気軽にちょっと歩いて買い物に行ける環境でなくなったため、持参する必要に迫られました。今までにも何度か自作したものを持っていったことはあるのですが、ここに通う間は持参すると決めてがんばることにしたのです。昔は自分で作ったものなんて、何の楽しみもない!って思っていましたが、この火曜日に作った「お弁当らしいお弁当」をお昼に開けた時、なんとも言えず嬉しくなりました。ダーリンも「君のを作るんなら自分のも作ってくれる?」と言い出し、水曜日は2人分詰めて、それぞれ持って行きました。ダーリンに感想を求めたところ、開けた時に妙に嬉しくなったとのこと。中身は全く持ってすごくも何ともありません。今日はさらに手抜きでしたが、なんだか嬉しくなるのです。きっと、いま作っているお弁当は数年後には「そんなの作ったうちに入んないよ」という代物なのです。けれど、こんなに嬉しくなることはもうないかもしれない。と思ったら、くだんの「お弁当らしいお弁当」を記録にとっておけばよかったと(記憶にしかないのです)ちょっと後悔しています。

離退任式、そして歓送迎会

  • 2007-04-09 (月)

4時間目の試験監督から戻ると、突然教頭先生に謝られました。今日の前任校での離退任式への出席依頼文が、学校には届いていたのに私の手元には届いていなかったのです。式は1時間後に迫っていましたし、いきなり言われてもこちらの段取りが…ということで欠席の連絡をしました。前任校でも新任校でもいろんなことがちょっとずつかみ合わなかったようです。私としては、そのような式典で生徒の前で喋ったら、絶対に泣きじゃくってしまうので、心の中ではちょっとホッとしていました。

夜は歓送迎会でした。私は前任校在職中に結婚しましたが、そのことを公にせず名前も旧姓で通していました。最後はきちんとご報告をと思っていたので、ご挨拶の際に報告させていただきました。ご挨拶の前には昨年度までの2年間、一緒に正副担任でコンビを組ませていただいた先生から花束とプレゼントと、身に余る光栄な温かいことばを頂きました。このプレゼントはクラスの生徒からのもので、彼ら彼女らは離退任式に私が来ると信じて用意してくれていたそうです。それを聞いて挨拶も報告も何一つしていないことを猛烈に悔やみました。みんな、ホンマにごめんね。帰宅後包みを解くと、お菓子と文房具と膨らんだノートが入っていました。そのノートにはみんなと過ごした2年間が詰まっていました。よく読むと早く結婚しろだの、友達と仲良くしろだの(この友達とは、授業中の雑談で話した「変友」のことで、じつはダーリンのことです)、誰に国語を習ったのだ!?と怒られそうな文章もあるのですが、みんならしさがあふれていて、胸がいっぱいになりました。本当に本当に、ありがとう!!みんなの卒業式には是非とも出席したいなぁ。みんな胸張ってその日を迎えるために、これからの山をがんばって乗り越えていくんよ!私もがんばらんとね。

お花見 その2

 

先週末に引き続き、今週末も行ってまいりました。今日はダーリンの同僚で私のメル友ちゃんのご案内で、山口でお花見。一昨年は山の、まるで白い小鳥の群れのようなコブシに魅了されましたが、今年は菜の花でした。この、黄色と若い緑がとても鮮烈で美しい!
そして、かねてからの夢だったイチゴ狩りまで思いがけず実現しました。ホントは予約制だというところに飛び入りで入れてもらって、場長イチオシの、瑞々しく香り高い「とよのか」を堪能させていただきました。ハウスの中はふうわりイチゴの甘い香りがしていました。今日は色も香りも満喫できた充実した一日でした。

春の香り

  • 2007-04-06 (金)

ダーリン方の親戚から小包が届きました。中には春の香りがたくさん詰まっていました。うちの実家の母も、庭の花を摘んで帰り、と言ってくれていましたが、私がそれを忘れておりました。そうしたら、先に同じ花が馥郁たる香りとともに送られてきました。黄色くて、いい香りの花はとても幸せな気持ちにしてくれます。いまうちはフリージアの香りでいっぱいです。

毎年恒例の…

  • 2007-04-03 (火)

新年度が始まってますが、私の仕事始めはまだ。で、昨日から慣れない専業主婦生活してます。ひとりで黙々とこなすのがこんなに辛いとは!!という感じです。昨年度の今頃はバタバタ走り回って、体育館の会場準備中に掌に画鋲を刺しちゃって…あぁ、痛い。

今日は乗馬クラブで自然にできるたい肥を頂きに行ってきました。うまうまたちは厩舎の中でおがくずを敷いてもらっており、朝の掃除のときに排泄物とおがは一緒に山へ運び出されます。それが自然に分解??して、ステキな土になるのです。
今年もささやかながら植物を育てようと思い、土をもらいに行ったのですが、そこにはたくさんカブトムシの幼虫がいるのです。まだ早いかなぁと思いましたが、掘るとぽろりんぽろりん。掌に載せると重みを感じられるくらいですから立派です。早ければ梅雨明けには大人になって羽ばたきます。25匹と実家で卵から孵化して越冬した1匹、みんな大人になれますように!!

ふしぎなもの

  • 2007-04-02 (月)

これは私たちの披露パーティでお祝いの品に頂戴したものでした。一瞬何なのかが分からず、頭の上にたくさんの「?」が飛びましたが、よく見ると”Banana Guard”。そう、これはバナナ入れらしいのです。想像力豊かなダーリンは「遠足にバナナを持っていくとき傷まないようにする入れ物だ!」といいます。なるほどねー。しかしこの大きさは…と思ったら、どうもこれは「どんなサイズ・形のバナナでも収納可」ということらしい。ためしに2種類入れてみました。入るし(笑) 新年度、私の職場での仕事でわかっているのが「遠足へ行って写真撮影」なのですが、さっそく持参することにしましょう。

Home > Ryolog > Archives > 2007-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top