ホーム > タグ > VMwareFusion

VMwareFusion

MacBook Windowsとの共存その3

VMwareFusionの仮想PCとBootCamp上にインストールするライセンス数について、結果はみえみえですがマイクロソフトに確認してみました。はい、別インストール扱いになるのでライセンス2つ必要です(BootCampのWindowsをVMwareFusionで読み込んで使う場合は問題ありません)。
ついうっかり間違えて仮想PC上でライセンス認証してしまって、BootCamp側で使うVistaにライセンスを移したい旨を連絡したら、仮想PC側を削除してから連絡しなおしてくださいと言われて電話かけなおしましたが、次の担当の方は事情を説明するまでもなく新しいコードを教えてくれました。このあたり、担当者によって厳しさ(状況把握)にムラがあるのは、人のすることですからしょーがないということでしょうか。

というわけで、マシンパワーが必要なWindowsVistaをわざわざ仮想PC上で使うのはやめました。OSXをメインで使いながら何故Windowsまで使いたいかというと、特定のアプリケーション(エクセルや一部のエディタ、グラフィック系ソフト)でWindowsの方が使い易かったり、Mac版のライセンスを持っていないからで、それを動かすためにわざわざシャットダウンしてOSを切り替えるのが面倒だという理由からなのです。結局それらがなんとかして動けば良いわけですから、ライセンスの余っていたWindows2000を仮想PCで使うことにしました。動きも軽快だし。非常に合理的です。インストール後の最果てのないアップデート&再起動には辟易しましたけど‥さすがWindows2000(笑)。

080308.jpg

ユニティモードで使うと、Macのデスクトップ上にWindowsの作業ウィンドウを表示可能ドックにWindowsアプリのアイコンがあるのにも注目(笑)。

MacBook Windowsとの共存その2

Core2Duo T8300(2.4GHz)のMacBookでVMwareFusion(仮想PCソフト)を使用してWindowsVistaHomeBasicを自分環境で動かすまでの経緯 その2。

もともとマックを使っていたこともあって、Windowsを使うようになってからも普段から自分用に使うWindowsマシンは左Ctrlキーと左 Altキーのアサインを差し替えて使っていました(<通常Altの左親指の位置がCtrlになっている)。今回MacBookを購入するにあたってASCII配列のキーボードにしたため、Windowsを使う上でDeleteキーや半角全角キーだけではく、僕としては必須のPrintScreen、Home、 Endなどのキーをどうするかという問題があります(MacのノートにはDeleteキーやHomeなどのキーがないのでASCII配列にする問題以前にキーの数自体が少ないのです)。というわけで、ただ Windowsがインストールできれば良いというわけではなく、「Windowsでも自分がちゃんと使えるキーアサイン」がとても重要なわけです。

これについてはBootCampでも仮想PCでも同様の悩みを持っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃるようで、いろんな情報がみつかります。というわけで、自分用のまとめ。

■ BootCamp上のWindowsVistaのキー設定、アサインの変更
BootCampでWindowsを使用すると、ファンクションキーがボリュームや輝度の調整などのMacのハード制御用に使われてしまって、半角変換のためにF10キーを押したらミュートしてしまったり、という状態がデフォルトになってしまいます(MacOSの場合はFnキーとのコンビネーションで有効になる)。調べてみると、MacOSで使うファンクションキーとFnキーの組み合わせとは逆に、WindowsではFnキーを押しながらF10 などを押すとファンクションキーとして働くことがわかりました。不便です。もう少し調べてみると、コントロールパネルに追加されているBootCampのユーティリティでその設定をMac同様Fnキーとのコンビネーションでハード制御として使えるように変更できました。これで一つ解決。

次はキーアサインの変更です。これまでキーアサインの変更は「ChangeKey」というレジストリ変更をして常駐しないソフトに頼ってきたのですが、これがWindowsVista対応じゃないんですねぇ。というわけで特定のキーのみを変更するのではなく、完全に任意でキーアサインを変更できるソフトを探してみたところ、「AutoHotkey」というソフトにいきつきました。委細は「AutoHotkeyを流行らせるページ」に詳しく載っているので譲りますが、キーアサインの変更が完全にできるだけではなく、プログラムの起動なども設定できて簡易ランチャとしても使用できます。

これで、左側の[control]-[option]-[command]を[Windows]-[Alt]-[Ctrl] に、普段使わない右側の[command]-[option]を[Home]-[End]に、[F12]を[Del]キーにアサイン変更して無事使いやすい環境のできあがり。半角/全角に関しては、Macと同じくCommand+Spaceで切り替えられるよう、IMEを設定しておきました。Macと切り替えて使っても、違和感がなくてすばらしく良い感じです。

なお、他のソフトに関してはこちらで9種類のキーアサイン変更ソフトを簡単に解説してくれています。

さあ、これで解決と思って仮想PC上でもAutoHotKeyで同じ設定をしてみたところ‥Ctrlキーに設定したキーだけがそれと反応するまでに2回キーを押さなくちゃいけないようです。例えばコピーのためにCtrl+Cを押しても、1回目は反応せずにCキーを入力した状態になってしまう。うーん、続きはまた明日。

MacBook Windowsとの共存

Core2Duo T8300(2.4GHz)のMacBookでVMwareFusion(仮想PCソフト)を使用してWindowsVistaHomeBasicを自分環境で動かすまでの経緯 その1。

VMwareFusionはMacOS内に仮想PCを構築して、そこにWindowsはもとよりLinuxなどX86系のCPUに対応したOSをインストールできるソフトウェアです。今回、これまで使っていたThinkpad@WindowsXPの動作が怪しくなってきたのでPCを買い換えましたが、BootCampを使ってWindowsとのデュアルブートも可能な時代になりましたし、VMwareFusionも結構使えるという話がちらほらと見られるところから、MacBookを購入して使うことにしました。

VMwareFusitonについてもう少し詳しく書くと、MacOS上の仮想PCにインストールしたWindowsを起動できるだけではなく、BootCampで作ったWindowsのボリュームからも、MacOS上でWindowsを起動することができます。そこで比較用に

仮想PCにWindowsXP(メディアセンターエディション)
BootCamp にWindowsVista(HomeBasic)

をインストールしてみました(XPはライセンスを別のPCで使っているので、あくまで試用)。
ちなみに、MacBookのメモリは2GBです。

■VMwareFusionの仮想PCでWindowsXPを動かしてみた
割り当てメモリが512MBでも結構軽快に動きます。軽快というのは‥Web閲覧やOffice系アプリケーションは問題なく動きます。仮想PCではグラフィック面が弱いようで、ウインドウを素早くドラッグすると表示が若干横方向に切れたように一瞬見えてしまいます。動画もYahoo!動画程度のサイズなら動きの速いシーンで描画が追いついてこないような横方向の切れが見えますが、なんとかみられる状態。

BootCampでWindowsVistaを動かしてみた
08007_bootcamp1.jpg

画像が荒れてるのはご容赦ください。BootCamp下ではいうまでもなくWindowsがそのままハードウェアを認識して動くわけですから、普通にCore2DuoのWindowsマシンとして動作します。CPUのスペックが高いので、計算についてはスコアも5を超えました。グラフィックが足を引っ張ってマシンとしてのスコアは3.5なのがちょっと悲しいですね(笑)。

■VMwareFusionでBootCampのWindowsVistaを動かしてみた
ガガーンと思うくらい全然使えません。明らかに画面表示がついてきていません。
実はこの環境に一番期待していたため、快適とはいえない状態にかなりショック‥。

上記の状態ではXPが軽くてVistaが重いのか、そもそもBootCampのWindowsを動かすことが仮想PCのWindowsより重くなるのかの切り分けができません。そこで、

■VMwareFusionの仮想PCでWindowsVistaを動かしてみた
080307_vmware1.jpg
こちらは若干WindowsXPよりもたつき感はありますが、BootCamp上のWindowsVistaよりも明らかに動作が軽快です。

余談ですが、うちのMacmini(CoreDuo1.6GHz/2GB)でBootCampで動かしているWindowsVistaHomePremiumのスコアがこれ。

結論としては、「VMwareFusionでWindowsを稼働させる場合はBootCampのボリュームよりも仮想PCで使うのが吉」というわけなのですが、折角BootCampでWindowsがネイティブ動作するわけですからそっちも捨てがたい。グラフィック系のソフト使ったりヘビーな作業をWindowsで行う場合は仮想PCじゃちょっと厳しいですものね。
ちなみにBootCampのWindowsをVMwareFusionで使用することに関しては、Windowsのライセンスは1個でOKなのですが、BootCampパーテーションにVistaインストールして、なおかつ仮想PC上にさらにVistaインストールしたい場合、ライセンスって2個必要なんでしょうか‥同じPC上であることには変わりないんですけど。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > VMwareFusion

Feeds
Meta

Return to page top