ホーム > タグ > TDM900

TDM900

TDM900 ストレーナーカバーの構造について

これ、今回交換したストレーナーカバー付近の図です(底側から見た図です)。

今回ちょっとハテナ?と思ったことなんですが‥オイルが漏れていたのは下の方の薄い赤でマスクしたあたり。で、TDM900の普段のオイルフィルタ交換は図のようなフィルタカバーを外して行わなくてはならないのですが、赤丸で囲んだネジ2本はストレーナーカバーを貫通してエンジン本体で固定するようになっています。

オイルフィルタは上下にゴムのシールがついていて、フィルタカバーで圧をかけて押し付けている状態なので、逆にいえば、フィルタカバーとそれにくっついたストレーナーカバーを押し下げる力が働いているわけで、これじゃフィルタカバーを外すたびに、今回オイル漏れしていた箇所付近が「ゆるく」なってしまうように思うのですが‥どうなんでしょ?

ああ!ネジ外す順番考えればいいのか。先にフィルタカバーを止めている短いネジ3本を外しておいてから、赤丸のネジ緩めればフィルタの反力はフィルターカバーを外す力にしか働かなくなる。
うんうん。自己解決(なのかなぁ)。

Home > Tags > TDM900

Feeds
Meta

Return to page top