おうち計画 その5

リビルドさん
お洒落でアイディアいっぱいの家が気になるリビルドさんのモデルハウスを安佐南区の春日野へ見に行きました。これまでで一番気になるハウスメーカーだったので、どこかのテーマパークへ行くような気分です。
2棟のうちの1棟はビルドインガレージハウス。内装真っ白。デッキからは広島市街を一望のスンバらしい建物です。もう1棟は土間のある2階リビングの家でこちらもLDKが真っ白。南側をL型壁面にして窓をたっぷり設けた明るいリビングでした。

どちらも「お洒落」なのですが、これまでへーベルハウス慣れしすぎたせいかサイディングボードの外壁が頼りなく見えてしまったり、木造の造作の荒い部分が気になってしまったり。それでも、是非プランニングをさせてくださいということでこちらの住みたい家の要望をお伝えしたところ、もともと当たり前の家を建てるハウスメーカーさんではないので、こちらの要望はすんなりと聞き入れてくださったように思います。年明けにプランを持ってきてくださるとの事。

新しい物件(2009年1月)
本屋の出入り口に不動産のフリーペーパーがありました。その中に価格と面積が頃合の物件を見つけ、大まかな住所から現地の空き地を探しに行ったところ、掲載されていたのはJR・広島電鉄の駅から徒歩2分ほどの平地の土地でした。
100坪ほどの土地を2分割した土地で、フリーペーパーに掲載されていたのは奥まった側の三角形に近い形の土地。その手前、メイン道路に面した角地も売りに出ているようだったので、こちらが手に入らないのかアーキ&ホームズさんに探りを入れてもらったところ、さすがに利便性、形状、日当たりの良さもあってか、奥の土地よりも坪単価で5万円高く、ちょっと手の出ない価格でした。
あきらめて奥の土地で検討しようかと考えていたところ、アーキ&ホームズさんが売主と交渉してくださり、どうやら土地の分筆(土地をどこで仕切るのか)がまだ済んでいないので分筆線は相談に応じてくださるとの事。前回の土地は家のプランニングに時間をかけて、その後に買い付けを出してタッチの差で逃してしまったので、今回は買い付けの意思を先に示してから家のプランニングに入ることにして、理想の家の形が収まることを確認してから分筆の依頼を出すことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です