GROM 大晦日近所散策

元旦の天気がよく分からないので、プレ初日の出=令和2年ラスト日の出でも。

令和2年、いろいろあったというか、いろいろなくなった年でしたが、晦日から大晦日にかけて降雪があったのでスタッドレスタイヤのGROMで朝ラーしに出かけてみました。

山へ向かってひとつ峠超える度に雪が深くなります。道端にピクニックテーブルを見つけたのでラーメンするか。

わざと雪の中にジェットボイルを突っ込んで湯を沸かしてみました。というのも、以前カセットボンベを使ったガスバーナーで雪中ラーメンしようとしたら、ガスが揮発しないので素手でボンベを温めながら湯沸かししたことがあります。CB缶(カセットボンベ缶)はブタンガスですが、キャンプ用のガスボンベのOD缶(アウトドア缶)はプロパンガスが主体で、プロパンガスだとこんな状態でもお湯が沸きます。とても心強い。

ちょうど湯沸かしを始めたタイミングで雪が強くなり始めてしまって、露天ではなく屋根のあるところで食事すれば良かったと後悔‥。ラーメン冷めるのも早い早い。

山から降りてきて谷あいを走る幹線道路は車の踏み固めた雪やら一度溶けて固まった氷などで表面の雪の下は凸凹していて、道は広くてもとても走りにくいです。

前日の雪が積もった道、しかもちょっと脇道へ入ると朝イチなので自分が最初に突っ込んで行く道がたくさんあって、とても楽しい!

はて、車の轍だけに雪が積もっている。どうしたらこうなる?

青空の下、雪中ツーリングは‥なんと言えば良いんですかね、とても言葉に言い尽くせないくらい気分が良いのですよ。ここ数年で覚えたバイク遊びの新しくて最高な楽しみのひとつ。

特に今日はバージンスノーロードツーリング。最高に走りやすいのです。

ついつい可能な限り奥地へ‥というチャレンジを数年続けてしまいましたが、ソロで走ると怖いこともあるので奥へ行くのではなく走って面白いと思える道をつないで楽しむ、という方向へシフトしました。

そんで、新しい遊び。直スラしたり。

オフセットスラロームしたり。

車の人にガン見されました‥。

でかい落書きも一晩経てばリセットされそう。

ここ、うちを出て最初の峠なんですが、結構奥山探検して帰ってきたらその日一番の難所はこの山の峠ってことが結構あります。今日は登れない坂道はここまでありませんでしたが、ここから極楽寺へ入っていく坂道はリアタイヤが空転して登れない道になっていました。この辺で十分雪道楽しめるんですよね。

大した装備もせずに前日の夕方山へ入った時は氷点下3度の中を延々走ることになって、山をナメるなと手酷く仕打ちを受けた気がしたので、この日は両手首と胸元にカイロを貼って走りました。それと裏起毛の高機能インナー。これが結構効くんですね。雪中ラーメン以外の走っている最中は快適そのもの。カブのようなスピードで走る近所散策ツーリングでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です