CB250R フォークオイル油面調整

フォークキャップを外して上からシリンジでオイルを抜き取る、ということができないのでフォークを外してオイルを抜き取る作業。

外してみると、左は5mmほどの管を上から差し込めばフォークを抜かなくてもオイルを吸い出すことはできそうな隙間があります。

CB250Rh左右のフォークで圧・伸びそれぞれのダンピングを分担しているので、左右で構造が違います。右は上から抜くのは難しそう。ということは、左が抜けても左右同量抜く調整をしたかったら結局フロントタイヤを外してフォークを抜くという作業が発生することになりそうです。

とりあえず15ccずつ抜いてみました。これで組んでみると初期動作は軽く動くようになりましたが、踏ん張り始めると急激に反発を感じるように‥空気バネに加えてスプリング自体もプログレッシブなのがそのフィーリングに影響しているのでしょうか。もうちょっと抜いたところからスタートでもよかったな。


翌日もう1回抜きました。前日とあわせて左右とも40ccずつ。これで初期動作はさらに軽くなりましたが、奥の踏ん張りがやっぱりキツくて沈ませ切らない。これはスプリングの反発具合が悪いということで確定です。なんとかならないものかと調べてみたら、テクニクスさんからCB250R用にシングルレートのスプリングが出ているじゃないですか!今の状態でセッティングを煮詰めても時間とタイヤがもったいないだけなので、注文してリアショックと一緒に組んでからちゃんと走らせようと思います。ああ、リアショック1ヶ月半ほど発送の遅延連絡がありました‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です