SEROW 朝ラーツー

今年の初夏は、雨は少ないのに日中の気温も上がらず、これを最高と言って良いのかわかりませんがバイクに乗る分には最高の日が続いています。この日は朝5時過ぎに家を出て、緑の中で朝ラーメンを食べるということを目的に山の中へ入ってみました。

おそらく昨年見つけたんだと思う林道は、登り始めは西斜面で朝日が射し込まないのですが、峠を超えた途端色彩がブワっと広がる道で、逆光の中輝く緑の風景に思わず声が漏れてしまいます。

車両を用意したりここまで登ってくる技術を身につけたり‥これがタダで手に入るとは言いませんが、それなりの時間と手間とお金をかければ、晴れた朝にこの気持ち良さを手に入れられる。みんなバイクに乗ればいいのに。

朝出かけるのは車が少ない、涼しい、家族に負担がかからないという理由のほかに、朝のこの時間しか見られない風景があるから、です。日差しが低いうちにしかみられない彫りの深さの強調された風景や樹間から射してくる斜光や、晴れ切らない朝靄、日の出から3時間くらいまでが勝負です。

気が狂いそうになるくらい斑ら模様。すごく綺麗。

自然に全然溶け込まない色のセローですが、緑の中に放り込むと存在感あっていいですね。

木漏れ日のフラットダートを疾走する楽しみ、もっと早くに知りたかった。もっといろんなところへ行ってみたかった。

携帯を自撮りモードのままシートの上に置いたら見えた風景。

幹線道路に出ましたが、旧道を選んで潜り込んでみます。ここは普段走っている羅漢の道の旧道です。アスファルト敷きですが、もう草に埋もれて徒歩でも先を歩くのは難しいくらいになっていました。

三倉岳の東側を抜ける道を超えて登山口あたり。ボルタリングができる壁があるんですね。

ちょうど良い木を見つけたので、先日調達したヘネシーハンモックのリーフを吊ってみました。自然の中で、馴染む色合い。

ハンモックラーメン。新しいスタイル。

ジオキャッシングを始めたばかりの頃、林道の奥にポツンとあるキャッシュを探しにGROMでゴリゴリ進んだ道。キャッシュの先にも林道が続いていたので、今回はその先へ行ってやろうと潜り込んでみました。半分捨てられているような道で、いい感じにアドベンチャー感あります。

手作りの橋があったり。セローだったら手前に降りて川越えもできそうなところ。

結局ここは途中に太めの倒木があって、道具も技術も健全な身体もないので超えられませんでした。無理やり行けなくもないくらいだったですが、左腕がテニス肘で力がかけられないので、超えたとしても戻りでまた無理するのも厳しいという判断で折り返しました。

家路につきながらも懲りずに枝道を見つけては潜り込んでみました。今日はいろんなところで倒木に道を塞がれてしまう日‥って、普段ならノコギリ持っているのでその先へ行けてしまうところを、今回はハンモックとラーメンに気を取られてノコギリを忘れた次第。

帰宅して10時半。朝の貴重な時間帯の気持ちの良いツーリングでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です