VTR250 サイドスタンド加工

初めてのタイム計測ではサイドスタンドが接地して綺麗に転倒しました。第2ヒートでは外して走りましたが、スタンドがないのはやっぱり不便。

現場ではこの張り出しを削ることを考えましたが、よくよく考えたらこのメインフレーム側を削るのではなくて、サイドスタンド側を削った方が、万が一の時の痛みが少ないのではないか、と思いました。

あんまり削りすぎると暴れたチェーンと干渉してしまうのかな?アップさせるのはちょっとで良いはずなので、様子を見ながら削りました。

程度でいうとこのくらい。

加工前のサイドスタンドの状態。実はこの写真を撮ったのは加工後なのですが、サイドスタンドってバネで引っ張られているので、一つ前の写真のような加工をして取り付けると、バネに引っ張られてもともとの位置で軽く引っかかる状態になっています。下から圧がかかると簡単に引っ掛かりが外れてスタンドが上へ上がります。

加工後のサイドスタンドの位置はこんな感じ。チェーンと干渉しているように見えますが撮影した角度の問題で、実際は問題ない位置関係になっています。

一応、これに加えてリア下がり気味だったセットを考え直してプリロードのセットやリアサスの全体長の調整などをするつもりなので、左側が車体接地で転倒、ということな今後回避できるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です