VTR250 ステムベアリングの交換

このVTR、一通りジムカーナができるようなセットを作ったつもりなのに、なんだか乗り心地が‥というか左ターンと右ターンとで、ターンの入りの感じが違って乗りにくい。これはステムベアリングがおかしいのではないかとフォークを外してハンドルを振ってみると‥スムーズにカコンカコンと動かずにゴリゴリ感とひっかかりがある。ということで、ステムベアリングとレースを交換してみることにしました。

レーシングスタンドと腹下のジャッキアップで安定するかと思いましたが、今一つ不安定だったので、バンパーの下端にウマをかけました。

上側。グリスは少なめですが、致命傷というほどでもない感じです。

下側。こちらもグリス切れというほどでもありませんでしたが、なぜかダストシールが内側にめくれています。事故してもこうはならないだろうと思ったのですが‥前オーナーが外そうとしてここでやめた?というあたりに落ち着きました。

シールはズタズタになりますが、その下に隠れているレースの底面を貫通ドライバーでガンガン叩いていきます。それほど労せず抜けていきました。

レースそのものはかなり硬度の高い金属でできているので、ドライバーの打痕がつくことなく抜けました。

レース部は見た目でも指で触っても段差や傷は感じませんでした。が、外します。普通は上から棒を突っ込んで叩き出すようなのですが、VTRは上から棒を突っ込んでも棒が掛かるほどの張り出しがないので困りました。

いろいろ試しましたが、最終的に採用した方法が、フックレンチを使う方法。

レースの上側の溝にフックレンチを引っ掛けて‥

ソケットを延長したものを用意して‥

これでフックレンチの頭を叩いて抜き取りました。ドライバで叩くよりも、ズレないのでこの方法の方が良い。

新旧並べてみます。新品のベアリングセットは動きによどみがなく、古い方はゴリゴリした感触。どのパーツがゴリゴリの原因なのか順列組み合わせで組み合わせて新旧交換して調べてみました。下側のベアリングとインナーレースがゴリゴリの原因のようで、それ以外はそれなりに動きは悪くない。見た目ではわからないのですが、ダメなパーツはダメなんですねぇ。

新品を組み付ける場面でよく見かける赤いグリスが良いな、って思ったのですがモトメンテナンスでは極圧耐性の強さからスーパーゾイルのグリスを使っていたのでので手持ちのソレで。1チューブで2000円もするグリスですが、買って数年、全然使っていないのでここぞという勢いで惜しみなく使います。

フロント周りを全バラしたついでに、ヘッドライトとメーターを外して、以前NSRでも使っていたDトラッカーレプリカのフロントマスクに換装しました。よりマイバイク感が増します。

メーターを外して困るのは、機械式のスピードメーターケーブルの処理。VTRはフロントからピックアップしていますが、メーターギアがカラーを兼ねているのでワイヤーを取り除けません。自作カラーを作ってしまえばすみますが、それまでどうしようかと考えた結果、ペンのキャップを被せてみたら、あらぴったり。ハーネステープで処理してバイザー内にナイナイしておきます。

スッキリスパルタンな印象に。というか、本当に馴染みのあるフォルムになったので驚きました。

これ、昔乗っていたNSR250R。今のサトカナ号。

フルスロット〜ル!いや、試走してみて驚きました。フロントの動きのしなやかで素直なこと!ステムベアリングだけでこんなに乗りやすさが変わるとは思わなかった。全く別モノのバイクになりました。フルスロット〜ル!したい、できるバイクになりましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です