SEROW 朝の散策

水を含ませたCOOLITを着込んで出かけると、山間部は寒いくらいの朝でした。

山口県の奥へ行こうと細い道を繋いで走ってた道程の途中にあった集落。

この集落から山口側へ脱出するための唯一の道には通行止めの看板が。どれどれ‥。

ああ、これはひどい。でも太い木はチェーンソーで落として人が通れる通路を確保してあります。

細い木をノコギリで落として通路確保。

で、100mも進んだら新たな土砂崩れ。最近このパターン多いなぁ‥。

ここは人の通路は土砂の上にしてあるようで、手持ちのノコギリでは路上の大木を切ることができません。止む無く引き返します。

戻ってきた集落。早朝の緑一色の田んぼがとてもきれいなところでした。

走ったことのない細い道を開拓しながら、とりあえずスパ羅漢へ戻ることにしました。

どわ、パニガーレV4。

怖くて値段聞けませんでしたが、セロー5台分くらいなんですね。本気で買おうと決意したら手に入らない値段じゃない乗り物じゃないけれど、どこを走ったら楽しんで走れるんだろうか‥。

魅惑の里に彦衛門さんがいらっしゃったので、お茶。

降りられれば沢登りできそうな渓流があります。あと先考えずに突っ込んで行ったら気持ち良さそうだ‥最近そういうことばかり考えてしまうのは、全て暑さのせい。

小一時間ほど、ブレーキターンとアクセルターンの練習をしまくりました。

お別れして自宅へ向かって一直線‥で帰れない。

セローの動力を使ったチェーンソーなんかがオプションパーツで出てくれると嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です