SEROW ZETAナックルガードへ換装

ツーリングギアとしては最高に楽しかったツーリングセローですが、野山を駆け回るには大型スクリーンが邪魔だし、なによりオール樹脂製の大型ナックルガーではが転倒時に強度不足ですぐ壊れてしまいそう。思い切り山の中に入っていくためにはそれなりの装備に付け替えなくてはなりません。

そこで、ZETAのハンドガード&ナックルガードに換装です。

ウインカーをとめているボルトを一旦外して、ハンドル中央側のパーツの取り付け。ついでに大型スクリーンのステーも外します。バーエンド側は付属のパーツを使いました。

右側は付属のボルトだとスロットルグリップに干渉しそうだったので、ツーリングセローのナックルガードを止めているボルトを流用。グリップラバーのエンド部分を切ったりする加工をしている人も居ますが、グリップヒーターがついているのでラバーの加工を避けました。

ということで、スッキリ。これでもう転倒もコワくない。大型のリアキャリアを外したら野山仕様になります(これがまた外すのが面倒くさい)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です