ちゅーピーアスレチック(仮)

2018年3月17日に廿日市のチチヤスちゅーピーパーク内に、「登って!跳んで!今までにない新しいスタイルのアクティビティー空間」、ちゅーピーアスレチック(仮)がオープンしました。以前からボルダリングに興味をもっていたムスメが「行ってみたい!」と言うのでオープン早々ではありますが行ってみました。

90分の入替制で、壁登りをはじめ全てのサービスを楽しめる「オールエリアパス」が1800円。遊具で遊べる「キッズエリアパス」が1000円。同伴者500円という料金設定。家族全員で行くとそれなりの金額になりますが、安くすると収益減りますし、高くするとリピートが期待できない。こういう施設の価格設定難しいですね。うちの感想としては、「また来てもいいね」と思える内容と価格でした。

予約はできないので受付順の入場となって、お昼に行ったら約2時間待ちでした。うちは近いので一旦家に帰ったりしましたけれど、現地で待ちの人は他にすることもないのでちょっと暇かも。

幅12mボルダリングウォールは最大傾斜が117度。

子ども向けの簡単なウォールもあります。これなら落ちても安心。

アスレチックはソフト素材で包まれた遊具で、トランポリンも9面用意されていました。

7mのファンウォールを登るためにはハーネスを取り付けるためのベルトを装着してもらいます。

3本建っている7mのタワーのぞれぞれの面に様々な難易度のウォールが用意されていました。

このあたりは足がかりになる穴がたくさんあって簡単なのですが‥

これは歯車状の足場がぐるぐる回ってしまうので、力のかけ方が難しく難易度高め。

最後にオーバーハングしているウォールにチャレンジして、見事に登りきっていました!といっても、小学5年生の身長では足場の色を限定して登るのは難しいようでした。

入場者数が限られているので、基本的に待ち時間はほぼゼロです。かなりの職員さんが配されてはいましたが監視や指示は割とユルめ。その方が楽しめはするものの、子供達の予想外の行動で怪我とか事故とか起きてしまっては施設の継続が難しくなるかと思いますので、少し厳しいかなと思えるくらいのしっかりとした安全体制を整えて、いつまでもみんなが楽しめるアミューズメント施設として続いてほしいものだなぁ、と思えるものでした。

※4月13日まで施設の愛称を募集しています。くわしくは→こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です