餅つき

妻の実家の実家で毎年恒例の餅つき。広い敷地の離れのガレージ内に薪ストーブが置かれていて、餅つき作業所はとても魅力的な空間になっていました。


なんか、昭和懐かしいレトログッズがたくさん並んでいます。FMラジオは一体型マルチメディアプレーヤー(笑)に繋がれた大きなスピーカーから流れています。

ガスコンロに蒸し器が載せられて、もち米を蒸し蒸し。

毎年のことなので、子どもたちも手伝う気満々です。

ぷにゅ。

おしり探偵!と言っていました。

こちらはなんだか不定形。

本当は子どもたちの曽祖父・曽祖母の家なのですが、今は次の世代だけで餅つきしています。

餅つきといっても、つくのは餅つき機で。

でろん。

と、そこで蒸し器のガスボンベがもち米を蒸しかけで空っぽになってしまいました。大ピンチ!でしたが急遽薪ストーブの天板を取り外して蒸し器を嵌めると、なんとすっぽりとハマり、作業再開です。この辺のなんとかなってしまう感はこの時代のモノならではな感じで素晴らしい。

小休止。

FMを再生していたマシン、よくみるとターンテーブルの面にボリュームダイヤルがある。

マイクと音源のバランスボリューム。なんとこれ、レコードやカセットテープを音源にしたカラオケマシーンでした。

テープを取り出してみると、カラオケヒットBEST80。

壁際に置かれているものをよくみると、高速切断機・糸鋸盤・発電機‥宝の山。

現役で使われている扇風機。レトロフューチャーなボディ。優先のリモコンスイッチ付き。

ジュウーサー。くるみ割り機かと思いましたが圧搾機でした。。

黒板にはじーちゃんの農作業メモが消されずに残っています。

近所を散歩。高い建物がなくて空が広々。

駅前だというのにこの空気感。いいな、田舎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です