Home > GROM | ツーリング > GROM 四国行脚4泊5日 その4

GROM 四国行脚4泊5日 その4

新居浜から隣町の西条の集合場所へ向かいます。前を走るバモスには、あの一本足の鮫顔の黄色い奴が載っています。

僕の生活パターンからすると、愛媛県の今治から香川県の丸亀までの間は訪れる機会がほとんどない地域なので、目に映る山並み町並みがとても新鮮に思えます。早朝で山には雲がかかっていますが、ミーティングの時間には晴れるでしょう。今日もいい天気になりそうですね。

じゃじゃーん。鮫顔の黄色い奴が車から降りてきました。僕はデコったカスタムにはほとんど興味がないのですが、MAVさんのこのGROMにはちょっと簡単に「ふーん」では済まされないやる気を感じます。以前のローダウンだった頃に比べて、モノアームになったマシンは断然走りに期待がもてそうです。

ちょっと時間があったので、お互いに試乗など。ジムカーナ専用GROMはパワーも出てるしギア比も無茶苦茶下げているから、クラッチつないだ瞬間の蹴り出しだけで「!」となりますよね。僕はこのマシンは普通のGROMとは別モノといつも人に言っていますが、MAVさんも乗られてみてカルチャーショックを受けていたみたいです。見た目が普通にGROMだから余計にね‥。

MAVさんの鮫顔一本足は、乗り味はいたって普通。これだけ全身見た目が変わっているのに、乗車して走っていると乗り手は全然それが見えないわけで、普通にバイクに乗っています、という感じでした。降りてあらためてギラギラと光っているバイクを見るとオイオイって感じしますけれど。

ミーティングは四国カルストの開催ですが、10台以上が西条市のコンビニ集合でスタートでした。ここでついに世界に2台のモノアームが全台大集結!お好きな人には堪らない夢の競演だわ。リアのモノアームは同じでも、ホイール・サイレンサー・リアショックまで違うそれぞれのカスタム。僕の知らない世界でしたが、もう完全にイっちゃっている人のGROMを眺めているだけでも面白いですね。

ガチャガチャグチャグチャとGROMが大集合です。

最初は別行動しようかとも思ったのですが、先頭のパパさんが結構な良いペースで走ってくださったおかげで、100km以上も走った割にはストレスなく四国カルストまで走っていけました。いや、なかなかすごいことですよ。大集団でも先頭はいつもどおりで走った方が後ろの方は絶対に走りやすいです。

ここでオプショナルツアー。四国カルストに到着して、近くのキャッシュを拾いに行こうとしたところ、ルゥさんとごっつさんが一緒に行かれるということで集団から外れて出発しました。僕が地図を見誤って10分ほど、と思っていたキャッシュの場所までは結構距離があって、その間のワインディングはかなりのペースで走ったのですが、お二人とも楽しそうについて来られるじゃないですか。ハイペースで走って目的地付近で入り込んだ道は、なんとなく車の轍はあるもののGROMよりも背が高く伸びた草むら。ルゥさんもごっつさんもその辺全然お構いなし。もう、ガンガンに走って無茶苦茶ですよ。ルゥさんがビデオを撮影してくださっていました。

頭のネジのトルク管理が出来ていない人たちの動画でした。1分30秒あたりからもうね、(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)‥って感じ。最高w。

すごい草むら。伏せて走ったら獲物から完全に見えない状態で近づける。

結局、草が茂りすぎていて先へ進むにも道が分からなくなったので折り返しましたが、戻ってくると全車草まみれです。笑うしかないw

帰りもちょっと遠回りしてガンガンに走りこんで天狗荘まで戻ってきたら、皆さん食事をされていましたが、我々は入場制限を食らって焼肉丼を食いっぱぐれてしまいました。

実は前回の阿蘇のミーティングでルゥさんとゴッツさんのマシンを見て、僕も左サイドだけバッグをつけるのを真似たのですが、ここでタナックスのツアーシェルケース付きの3台が揃いましたね。

総勢21台、だそうです。たくさん居たなぁという印象です。天気にも恵まれて、すばらしく気持ちのよいミーティングでした。

解散後、僕は先ほどたどり着けなかったキャッシュへもう一度、別ルートでアタック。見事GZへ到着。

モノはこれでした。状態はとても綺麗。

これまで四国のカルストというと姫鶴平のあたりだけ、と思っていたのですがこのキャッシュが置かれている大野ヶ原の辺りも牧草地&石灰岩のカルストが見られます。こちらの方が気取っていない感じです。

帰り道は直線だけでなくコーナリング中にも寝そうになってしまうくらいくたびれていました。頭が朦朧としているのにそれでもキャッシュを巡っていきましたが、バイクを降りて歩くことで頭が働くようになって随分助かりました。今回のツーリングでのジオキャッシュ発見数/訪問数の成績は27/29個という成績でした。

車へなんとかたどり着いて、あとは自宅までしまなみ海道を超えてひたすら走るだけ。

四国を離れる前、目の前に立派な入道雲。

三原の北側でゲリラ豪雨を起こしているのがこの雨雲のようです。しまなみ海道の橋を渡りながら、雲の成長と雨雲の移動を観察することで、ずいぶんとくたびれていた気が紛れました。

丸々4日間、こんな好き勝手やっても良いものかと思いもしましたが、今やらなければいつやるの?と思って楽しまさせてもらいました。走れるときに走っておかなくちゃね。
GROMだと、帰宅して振り返ってみると大冒険したつもりで実は大した距離は走っていなくて驚くことがあります。そのかわりストップ&ゴーを繰り返しながら、その土地をきめ細かく堪能するようなツーリングになっていることが多いです。僕の場合それでいいんじゃないかと。GWの九州も大冒険できる感じが魅力的だったけれど、今回の四国の密度の高い走りも風景もとても楽しくて、また間を開けずにGROMで訪れてみようと思いましたよ。

Comments:0

コメントはこちらから(初めての方は承認後の掲載となります)
入力内容を保存しますか?

Home > GROM | ツーリング > GROM 四国行脚4泊5日 その4

Feeds
Meta

Return to page top