Home > GROM | ジムカーナ > GROM 四国行脚4泊5日 その3

GROM 四国行脚4泊5日 その3

3泊目が明けました。夜は全く目立たないハンモックも、明るくなるとさすがに目立つので夜明けとともに早々に撤収です。

今回持って来たのは「ウルトラライト バックパッカー A-sym」というコンパクトな薄手のモデル。A-symは「アンシンメトリック」の略で、ハンモックの形状が左右非対称で、非対称な対角線で寝ると体がそれほど「く」の字に俺曲がらずに安定して眠れるタイプです。収納すると写真の通り、下手なシュラフより小さなサイズになります。

香川県のMSGCジムカーナ練習会へ向かう途中のPA・SAでキャッシュを拾えるだけ拾って向かいました。早起きしたからね、時間には余裕があるよ。

現地到着して準備をしていると、カラカラと乾いた音を響かせながら、白いGROMが到着‥でた!うるふさんのモノアームGROM!しまった!カメラのアングルが悪くて、モノアームが分かりにくい!分かっている限りで世界に2台の、over製片持ちスイングアームのGROMです。

この日の午前のベスト。最終的には0.2秒ほどアップ。

今回、新しいバックステップとハンドルストッパーを取り付けて、タイヤを新品にして持って来ました。本当ならこの日もツーリングにするつもりだったのですが、さすがに操作系のパーツを交換していきなり2週間後のトライジムカーナ第2戦に持ち込むのはギャンプル過ぎるだろう、というわけでセッティングのために参加した練習会です。参加して良かった、持ち込んだままのセットでは全然曲がらず、空気圧をガンガン落としてリアショックを固めて行く方向で、最終的には回転の入りもスルリと潜り込めるようにはなりました。けれど、深いターンが気持ちが悪いくらい遅い。フロントの旋回にやけに時間がかかる。

この日、僕よりタイムがよかったてけさんとの比較動画。前半は差がないのに、ゴール前の連続ターンで差が開いています。フロントが旋回しない、ターンの入りもパイロンに近すぎて小さ過ぎるあたりが走っていても分かっていましたが、セッティングで詰めるとしたらフロントの油面を下げるなりして、もう少し加圧した状態での前の旋回力を高くしたい。ハンドル切れ角をもう少し増やすのもアリかも。

このあと、夜には前夜祭があるというのに暑い中思い切り走ってしまったよ‥だってマシンのセットが決まらないんだもの、仕方がないじゃない。

新居浜の中央公園の横が駐車可能なスペースになっていたのでこちらに車を置かせてもらって会場近くの銭湯へ行くと、脱衣場で今回の飲み会やミーティングをいろいろ段取ってくださったパパさんとスッポンポンでご挨拶。浴室でMatsuさんの隣に座ってシャンプーシャンプー。なんだここw

定刻に会場到着するとみなさまお揃いで。かつおちゃんなんかお会いするの3回目だけどすっかり仲良くなりましたし(勝手にそう思ってる)、はしるひと君なんかGROMミーティングでの遭遇率100%だし、数えるくらいしかお会いしていない人が多い割にはみんなすっかり手の内知れてる感じ。GROMの話とGROMの話とGROMの話と、あとジムカーナとモタードの話と‥あと何話したっけ?と酔いもまわったところに、大阪から仕事明けで駆けつけて来たMAVさん登場。話は尽きなくてエンドレスになるかと思いましたが、よくよく考えればみんな明日の朝早い時間に集合してGROMミーティングじゃないですか。

結局寝たの何時だったかも覚えていないのですが、翌日の天気も期待できるので僕はいつも通りハンモックを吊って寝ました。

Comments:0

コメントはこちらから(初めての方は承認後の掲載となります)
入力内容を保存しますか?

Home > GROM | ジムカーナ > GROM 四国行脚4泊5日 その3

Feeds
Meta

Return to page top