Home > GROM | ジムカーナ > 2017 TRYGYMKHANA 第1戦

2017 TRYGYMKHANA 第1戦

第1ヒートの出走直前のウォーミングアップエリア8の字で転倒して、前日かなり厳密に位置を出した左のハンドルストッパーが曲がってしまいました。急いで応急処置して出走したものの、左右同軸でつくったハンドルストッパーなので、応急処置の際に右のハンドル切れ角も深くなってしまっていて、コースで最初の右の深いターンで想像以上にハンドルが入って転倒。第2ヒートは鳴かず飛ばずで、タイムもそれに応じたもの。

転けたら壊れるパーツつけたマシンでジムカーナに参戦してはいけない。

前日の練習会で、コースとその時の自分の状態に合わせたセッティングはものすごく大事だなぁと実感しました。自分の走りそのものはもうそれほど速くはならないので、あとはピタっと決まるセットが作れるかどうか、にかかっています。今回は前日からコツコツと積み上げてものすごくキマったマシンができていたつもりだったので、転倒ひとつでデリケートに積んできたものが一気に壊れたのは悔やまれる‥もうちょっと強いマシンつくらなくゃ。

Comments:0

コメントはこちらから(初めての方は承認後の掲載となります)
入力内容を保存しますか?

Home > GROM | ジムカーナ > 2017 TRYGYMKHANA 第1戦

Feeds
Meta

Return to page top