Home > Archives > 2017-05-13

2017-05-13

NUDA900R タイヤ交換

早いもので5年め突入のうちのNUDA、現在25000kmの走行です。
純正のメッツェラー→ミシュランPP3→ミシュランPP3→BS S20EVO→BS S21 と、これまで4セットのリプレイスタイヤを履いてきました。1セットあたり5000kmか‥溝があってもハンドリングが悪くなったら外していることもありますが、サーキット用の手前な位置づけのタイヤばかり履いてきましたので、さすがにライフは長いとは言えませんね‥。

今回も前回に続いてBSのS21を選びました。どうしてもこれが、というわけではなくて他に履いてみたいタイヤが見当たらなかったので、前回感触の良かったこれを、という選択です。まだ溝はありますが、多分フロントの端まで使いきれない偏摩耗のおかげでハンドリングが悪くなってしまったので交換します。

リムストライプを貼ったので、交換は慎重に‥。

4年も乗って居るのに未だにベストな空気圧がわからなくて、今回もF:2.2kg/cm2、R:2.5kg/cm2ぐらいを目安に適当に。

試走。このタイヤ、前回も思ったけれど、新品状態だといつもと同じバンク角・スピードでコーナリングすると、もっと速くターンできますよと余裕の返事が返ってくるので、同じコーナーを同じバンク角でいつもより(かなり)速いコーナリングスピードで曲がっていけます。不思議。タイヤの持ち味を生かして曲がることを楽しんでいます!というレベルで走るとかなりスピードが出て居る状態なので、面白いけど危険。まぁ、この危険だけど面白いというところがワインディングを走る楽しみの大部分なのは飛ばし気味で走って居るライダーの皆さんのほとんどがそう感じて居るのではないかと思うので、悪い話というわけではありません。また1年間、よろしくお願いします。

Home > Archives > 2017-05-13

Feeds
Meta

Return to page top