Home > Archives > 2016-07

2016-07

GROM この3年間のまとめ

  • 2016-07-30 (土)
  • GROM

2013年5月、GROMが日本国内でも発売されました。原付やミニバイクに全く興味がなかった僕は、2013年8月の九州大会の前日に長井鶴の二輪練習場で初めてに実車を見るまで、「なんとなく売れているマシン」程度しか知らないバイクでした。そこで初めて乗らさせてもらった感想として、

ホンダのGROM。楽しいです。何やってもOKな感じとか。125cc単気筒の加速はさすがにものたりませんが、ブレーキもよく効くし、小径のホイールでもクセの無いハンドリングだし、ポジションはゆったりしているし、なにより大人が乗っていたらバカっぽい可愛さがあるし。かなり気に入りました。攻め攻めで走れるマシンだと「絶対に」ジムカーナに持ち込んでしまいそうですが、これなら通勤や島巡りツーリングなんかにぴったり。なんといっても車に積みっぱなしにしておけるサイズがイイ。

と、当時の僕は語っています。その日、NSRのエンジンがブローして走れなくなってしまったこともあって、秋の大会シーズンを前にジムカーナ熱が急激に冷めはじめてきました。

九州から帰ってきて、速攻でGROMを購入。購入の最大の理由は「黄色がラインナップされていた」から。黄色がなかったら正直買わなかったかもしれません。もう一つの理由は公道を走れるマシンが当時NUDA900Rしかなくて、これで通勤するのもなぁ‥と思っていたところだったからです。
その当時、GROMは2ヶ月待ちの人気車になっていて、いろいろお店を巡ってみましたが、在庫で黄色を持っているお店がありません。半ば諦めかけていたところ、いつも純正パーツをオーダーしているオートショップ西部という近所のおじいちゃん・おばあちゃんが経営している店(うちでは「おばちゃんの店」と呼んでいます)に赤いGROMが置いてあるじゃないですか。この際赤でもいいや、と思って注文しながら「本当は黄色が欲しかったんですよ」と言ってみると、なんと先に売れた黄色を買ったお客さんが実は赤の入荷を待ちきれなくて買った、ということで‥外装を交換してもらえることになりました。なので、うちのGROMフレームに貼ってある車体色の表示は「赤」なのです。

慣らし運転中の感想として、

小径&ショートホイールベースなこともあって、ハンドリングはものすごくクイックです。市販でこんなにシャープなハンドリングのマシン出しても良いのか?と思ってしまうくらいです。これだけクイックにターンできるなら、コーナリングスピードは想像以上に速くても曲がっていくと思うので、遠心力をグンっとかけたコーナリングに足回りが耐えられるなら結構戦力高いかもって思います。ただ立ち上がり加速は全く期待できませんので、総合力としてはまぁそれなりかと。

と、当時の僕は語っています。

いろいろ本気感じるんですよ、このバイク。普段の足として、少々物足りないことも楽しみながら、カッコイイ小型バイクと周囲に感じてもらえるように付き合ってみようと思います。

だそうです。上の写真、フェンダーに識別シール貼ってあるし、レバー類も交換していないし、完全にノーマルですね。今見るとちょっと笑ってしまいます。

その後2年間は通勤、ツーリング、大人のプラモデルとして大活躍してくれました。

<<< 1年目 >>>

何をして良いのかよく分からないので、とりあえず走っていじってを繰り返した1年目。ジムカーナ用に本気で使えるとは思えなかったのでツーリングしまくりました。

◆ツーリング
2013/08/25 プチツーリング
2013/09/21 石ヶ谷渓ツーリング
2013/09/22 江田島ツーリング
2013/09/30 とびしま海道ツーリング動画
2013/11/04 秋の石ヶ谷渓ツーリング
2013/12/24 周防大島ツーリング
2013/12/29 岩国市内ツーリング
2014/01/14 呉・江田島ツーリング(動画あり)
2014/01/23 雪山プチツーリング
2014/02/25 いつもの対岸ツーリング
2014/03/03 とびしま海道ソロツーリング
2014/03/08 近所散策ツーリング
2014/03/16 山口県東部ツーリング動画
2014/04/07 春爛漫ツーリング動画
2014/04/26 GROM×GROMとびしま海道ツーリング動画
2014/06/01 旧津和野海道ツーリング
2014/06/23 しまなみ海道+島ツーリング動画/
2014/06/30 朝駆けツーリング
2014/07/27 東京都心早朝徘徊ツーリング
2014/07/29 霞ヶ浦周遊ツーリング
2014/08/01 滋賀草津道路ツーリング(?)
2014/08/05 尾道徘徊

◆大人のプラモデル
2013/08/24 純正レバーの調整
2013/08/29 トップケース・ゲルザブ
2013/09/08 ハンドル切れ角調整
2013/10/05 タケガワリアショックへの交換
2013/10/14 インジェクター交換
2013/10/31 ナックルガード装着
2013/11/03 社外品レバー装着
2013/11/08 車載工具
2013/11/09 グリップヒーター・ナックルガード装着
2013/11/12 初期型オーリンズリアショック装着
2013/11/16 Fウインカー加工
2013/11/28 ステップ交換/
2013/12/31 腰上清掃
2014/01/17 ユミナシ ハイカム・サブコン装着
2014/01/18 タペット調整
2014/01/27 GROM & JK
2014/02/26 ノーマルカム化(ハイカムとの比較)
2014/02/28 ノーマルカムの感想
2014/03/05 チェーンメンテナンス
2014/03/16 ブレーキレバー加工
2014/04/25 ヨシムラサイクロン装着
2014/06/10 ゲルザブ埋め込み
2014/08/23 タイヤ交換TT93

◆ジムカーナ
2013/10/26 はじめてのジムカーナ練習
2013/11/25 はじめてのジムカーナ大会(2013愛媛ダンロップ第3戦 110%)
20133/11/25 はじめてのジムカーナ大会動画

最初の1年、ものすごい濃さですね。過去記事拾うの、途中で後悔しました。


<<< 2年目 >>>

相変わらずツーリングメインなのですが、ちょこちょこ走りに振った改良を重ねていきます。2年目の終わりにジムカーナ大会にして、まさかの好成績。これ、使えるんじゃないかって思うようになってしまいました。

◆ツーリング
2014/10/20 ジオキャッシングツーリング
2014/11/04 とびしま海道キャッシュハントツーリング
2014/12/10 広島市内キャッシュハントツーリング
2014/12/24 似島攻略
2014/12/27 FフォークOH(オイル粘度調整)
2014/12/30 雪山走り納めツーリング
2015/01/17 玖珂・柳井キャッシュハントツーリング
2015/01/29 上関ツーリング
2015/02/09 しまなみ海道キャッシュハントツーリングなど動画
2015/04/02 周南花見ツーリング
2015/06/22 宮島ロケハンツーリング
2015/06/28 宮島野宿
2015/07/11 宮島野宿
2015/07/19 東京早朝ジオキャッシングツーリング
2015/08/13 長崎 生月島・佐世保ツーリング 1日目
2015/08/14 長崎 生月島・佐世保ツーリング 2日目
2015/08/15 長崎 生月島・佐世保ツーリング 3日目
2015/08/15 長崎 生月島・佐世保ツーリング 4日目

◆大人のプラモデル
2014/08/30 チェーン交換
2014/10/02 エンジンブロー
2014/12/13 とあるピストン・シリンダ
2014/12/13 ホンダスポーツグリップヒーター装着
2014/12/27 FフォークOH(オイル粘度調整)
2014/12/28 強化クラッチスプリング装着
2014/12/29 ZETA 3フィンガーブレーキレバー装着
2015/02/01 サブコン・ハイカム・インジェクターの組み合わせのまとめ
2015/02/01 シールチェーン装着
2015/02/14 キャリアステー溶接
2015/03/06 タイヤ交換 BT-601SS装着
2015/05/09 Gクラフトバックステッププレート装着
2015/05/30 武川大口径エアダクト・パワーフィルター装着
2015/07/02 アジャスタブルステップ装着
2015/07/05 ステップ周り補修など
2015/08/10 ツーリング仕様化
2015/08/10 記事になっていませんがヨシムラST2ハイカム装着
2015/08/23 ブレンボフロントキャリパー P4 30/34 40mm装着

◆ジムカーナ
2014/12/23 きらら練習会
2015/03/22 きらら練習会 車載マウントカメラ動画
2015/06/16 オートバイの練習会(初転倒動画あり)
2015/07/04 オートバイの練習会(動画あり)←ジムカーナできるマシンになってきた
2015/08/18 九州ダンロップ杯第2戦 動画←まともにジムカーナ大会デビュー


<<< 3年目 >>>

九州大会でそれなりのタイムがでたものですから、NSRを手放してGROMでジムカーナをしてみようという気になって、初めての愛媛ダンロップ杯。

がんばって走っている感じはするものの、トップ争いには絡めないようなタイム。所詮通勤マシンでセカンドマシンのGROMよねー、という感じ。このころ、次期ジムカーナ用車両としてKTMのRC390を狙っていました。

それがKTM390を見に行ったら、欲しいバイクは690DUKEになって、ジムカーナ用の次期車両はなぜかGROMになりました。「KTM390に70万円かけるなら、GROMに70万円かけて作り込んでみたら?」という妻のアドバイスがあったんだったかな。これで通勤車両とジムカーナ用の兼用ということをやめて、2台目のGROMを購入して一気に作り込みに入りました。

◆ツーリング(まとめてみて分かったんですが、恐ろしく減ったんですね‥)
2015/09/23 山口県北西部ジオハントツーリング
2015/11/23 しまなみ海道ツーリング
2016/01/04 ならしツーリング
2016/01/11 能美島・江田島ツーリング
2016/05/19 宮島平日野宿
2016/05/29 宮島団体野宿
2016/06/26 宮島野宿
2016/07/18 しまなみ海道GROMミーティングツーリング

◆大人のプラモデル(まとめてみて分かったんですが、恐ろしい12月ですね‥)
2015/11/04 ヨシムラエキパイ加工
2015/11/30 トランスミッション交換手順
2015/12/02 交換パーツ類リスト
2015/12/02 2台目のGROM購入
2015/12/03 ステッカーチューン
2015/12/04 ノーマルGROMならし運転
2015/12/05 グリップヒーター移設
2015/12/06 新型オーリンズ HO424装着
2015/12/09 2台目にブレンボ4Pキャリパー装着
2015/12/14 2台目にヨシムラフルエキ装着
2015/12/16 オーリンズフロントフォークダンピングキット
2015/12/17 2台目のブレーキオイル・フォークオイル
2015/12/19 オーリンズフロントフォークダンピングキット使用感
2015/12/23 ヨシムラST2ハイカム装着
2015/12/24 クロスミッションのギア比比較
2015/12/26 武川5速クロスミッション交換(前編)
2015/12/27 シリンダーヘッド清掃
2015/12/28 武川5速クロスミッション交換(後編)
2015/12/29 クロスミッション試走
2015/12/30 キャリア溶接
2015/12/31 エンデュランス オイルクーラー装着
2016/01/09 リアショック入れ替え
2016/01/11 Fフォークオイル粘度調整
2016/01/23 ガスケット交換など
2016/01/24 TT93 ソフトコンパウンド交換
2016/03/03 サブコン 最高回転数のトラブル解決
2016/03/04 NGKパワーケーブル装着
2016/03/06 続NGKパワーケーブル装着
2016/03/11 リアブレーキパッド交換など
2016/03/13 白煙問題対策
2016/03/19 タイヤ交換TT93→BT-601SS
2016/03/26 Fフェンダー加工
2016/04/12 エンデュランス バックステップキット装着
2016/05/07 リアブレーキ ブレンボカニキャリパー装着
2016/06/10 鉄片脱落
2016/06/17 武川4バルブヘッド装着
2016/06/20 4バルブヘッド装着 その後
2016/07/06 4バルブヘッド装着後の異音対策

◆ジムカーナ
2015/09/28 オートバイの練習会
2015/10/12 ジムカーナJAPAN トップ比105.46%
2015/11/22 愛媛ダンロップ杯第3戦
2016/02/01 2016初練習会(TT93・Fフォークダンパー・クロスミッションなどの感想)
2016/03/22 オートバイの練習会←かなりジムカーナマシン的になってきました
2016/04/19 オートバイの練習会
2016/04/24 TRYGYMKHANA第1戦
2016/05/08 オートバイの練習会
2016/05/17 愛媛ダンロップ杯第1戦
2016/07/11 オートバイの練習会←4V化初の練習会
2016/07/16 2台目 ビッグスロットルボディ装着
2016/07/24 TRYGYMKHANA第2戦←トミー比103%


というわけで、GROM購入から丸3年、ジムカーナの本格デビューから1年で、ジムカーナ用マシンとして使い始めたGROMはチャンプトミー比103.133%、生タイム比なら102.109%まで持ってくることができました(トミーが本気の走りだったかどうかはやや怪しいですけれど)。

ジムカーナにGROMを本気で使うなら、「エンジン」「前後サス」「ブレーキ」をそれぞれ作り込んだ上でファイナルギア比を詰めていく必要があります。タイヤについては、僕の場合純正ホイールにサイズダウンしたハイグリップタイヤを履いて不満がないので、NSRホイールを投入せず当面このままいくつもりです。
「エンジン」「前後サス」「ブレーキ」はそれぞれどこかいじればどこかのバランスが崩れてくるのですが、ちゃんと勝てるマシンを作ろうと思うならGROMの場合結局全部いじらないとダメでしょう。マシンができてもそれで勝てるわけじゃありませんから、その上で12インチ特有の小回りを効かせた走りと、無駄なく速度を落とさない走り方を身につけなくてはなりません。軽くて小さいというのは扱いやすくてミスをしづらい、ということです。17インチのマシンに比べてよりカンペキを目指して走らせる必要があります。

現状の僕の走り方だと17インチのマシンの走り方が抜けていなくて、よりクイックモーションで、もっと速度を落とさずにコーナリングスピードを上げて(車体を常に寝かせて)走る必要があります。幸いバンク角にはまだ余裕がありますし、小回りに影響が出ないならサスももう少し固めていける感触があります。「まさかGROMで‥」を極めるために、もうちょっと走りといじりを楽しみながら研究していきたいと思います。

エクセルホイヤー(美声ボイスデータ付き)

2222

ついに!タイム読み上げ「美声」ボイスデータ付きでエクセルホイヤーを配布です。
エクセルホイヤーとは、モトジムカーナのシグナルスタートでのタイム計測をエクセルを使って可能にしたエクセルファイルです(別途光電管センサーや光電管からの信号をキー入力に変換する装置が必要になります)。

今回の改善点は

  • 古いバージョンでは500回までしか計測ができませんでしたが、今回は2000回計測できる仕様に。
  • 音声データは10分の1秒、100分の1秒、1000分の1秒でそれぞれ読み上げのイントネーションが変えてあり、非常に自然なタイムの読み上げ音声になっている。
  • その他細かいバグ修正。

となっています。なお、音声データについては九州MG9の中西さんに大変なご努力とご協力をいただいております。この場を借りてお礼申し上げます。

ダウンロードはこちら。

エクセルホイヤー160729 (17.1MB)

ダウンロードは自由ですが、簡単にコメントを残してくださるとうれしいです。

TRYGYMKHANA 第2戦比較動画

スタートのシグナルサウンドを揃えて比較した動画。
左上:つがたく 右上:うらいけ(第1ヒート)
左下:キョウ  右下:てけてけ

UNOさんの動画をベースにしているので、コース中盤までしかありません。また、1分以降は黒い画面が続きますが手違いでこうなってしまいました。1分以降は何も写っていません。

スタートで出遅れるイタさがよくわかります。また、信じられないことにGROMが前半の高速セクションでNSRと互角に走っています。バイク、いよいよよく分からなくなってきました‥。

こちらはスタートのタイミングを揃えた動画。音は4動画とも消していないので、シグナル音のズレからすると0.2秒か0.3秒くらいスタート時点で差がついているという感じです。

いやあ、いろいろ勉強になる大会でした。たくさん走れる練習会よりも、大会に数多く出る方が速くなれるのは間違いない。

GROM TRYGYMKHANA第2戦

IMG_5381

TRYGYMKHANA第2戦は香川県のHSR坂出での開催でした。最初は土曜日に家族と四国入りしてうどんツアーや美術館巡りなどの観光をしようと考えていたのですが、土曜日に幼稚園の夏祭りが入っていたので、キョウちん・とね君とGROM3台積みで当日朝出発となりました。5時スタートで、高速道路から見る東の空はピンクからオレンジにどんどん変わっていく素晴らしい朝焼け‥ハンドルにぎるんじゃなかったわ‥。

IMG_5319

3台積みに際して、前日の土曜日にうちにある2台のGROMを積んでみました。3人乗車なので2列目シートを出したまま、GROMの張り出したパーツ類を外さずにまっすぐ突っ込むと結構ギリギリで積めるか積めないか怪しい感じ。何か他に良い方法はないかと考えた結果‥斜め積みという案が浮上。最初は冗談のつもりでしたが‥

IMG_5320

2台目も積んでみたら、案外これいけるのかも‥。まぁ、タイヤハウスはメッコリと凹みましたけれど。

IMG_5367

結局左右両サイドに寄せて突っ込んで、最後に少し前後をずらした位置関係で3台目を真ん中でホイールクランプ固定という方法でスッキリ収まりました。この方法はGROMの前後長が短い上に3台ともリアフェンダーを外しているので収まったという感じです。

P1130475

四国のGROM友達の皆様が観戦に駆けつけてくださったので、お昼時はパドックの一部がGROMミーティング会場になりました。ジムカーナ関係車両ばかり見慣れている目からすると、他の選手の皆様にとってはカッコよくまとめられたピカピカのGROMが並ぶ姿がとても新鮮だったことでしょう。GROMで来場された皆様もジムカーナ車両が普段見慣れないカスタムをされていて、面白かったんじゃないかと思います。

IMG_5371

会場には全国チャンプのトミー号と、長らく僕の愛機だったNSRのサトカーナ号の並ぶ姿も。心の中が感涙で満たされました。じーん‥。

さて、配られたコース図を見て愕然としました。コテコテを期待していたら、ほぼ高速セクション。これはキョウちんの独壇場‥。

もう、暑さにやられてちゃんと走れるか心配でしたが、今回は人もマシンもベストを尽くせたのではないかと思います。
昨夏の九州の大会にツーリング帰りにお邪魔して走った時は、2Vヘッドのオイルクーラーなし仕様で油温が110度を越えたりして、そうなると一気にパワーダウンしてしまいウォーミングアップもタイヤを温める程度しかできませんでした。今回4Vヘッドで発熱量が圧倒的に上がっているにも関わらず、オイルクーラーと強化オイルポンプのおかげか油温が100度を超えることもほとんどなく、油温を気にして走りを控えるというようなことにはなりませんでした。

第1ヒート終了時点で、トミー・うらいけ氏に続いて3位折り返し。フリーセクションのトミーのエゲツない走りを見て会場全員がどよめきの声を漏らしましたが、同じ走りをしないと純粋なトップ比がわからなくなるので挑戦したところ、どうにかクリアできて最終的にトップ比103.133%のタイムとなりました。上位陣は軒並みトミーのフリーセクションラインにトライして自沈していったおかげもあって、今大会はクラス優勝・トミーに次ぐ総合2位という快挙! 西日本の大会に出場して、これ以上の喜びはありません。正直GROMでここまで来るとは思いませんでした。

IMG_5380

棚ぼた感満載だし、103%といっても優勝が確定したトミーの第2ヒート比であって、ウイニングランでさらに1秒上げたトミーのタイムから考えたら104%。あー、でも僕の生タイムとトミーのウイニングランで比較しても103%だから、105%切るところまでは持ってこられました。

とにかくGROMで105%切りは大きな目標の一つだったし、NSR勢と競るのも目標の一つだったので、今回は本当にGROMにかまけてきた時間が報われました。

IMG_5377

帰り道、高速道路のPA・SAにはポケモンがたくさん配されていて、これはいい息抜きになりますね。ポケモンだけじゃなくて、ジオキャッシュもほとんどのPA・SAに設置されていますから、そちらもお忘れなく。あー、でもジオキャッシュは一度獲ってしまうとそのPA・SAに寄る必要がなくなってしまいますが、ポケモンは何回も寄る意味があって良いですね。

【追記】もくもくさんが第2ヒートをフルで撮ってくれていました。ありがとうございます。

地元の朝焼け

P1340741 2

3時過ぎに起きて5時前に寝なおそうと、ふと外を見てみると、空の一部がピンク色‥しまった!今朝はアタリの日だ!

というわけで急いで海まで行ってみたら、空一面がピンク色になる朝焼け初期の段階はもうほとんど終わりになっていました。むちゃくちゃ残念。

P1340752 2

でも、空に蓋をしているような雲の端が真一文字になっていて、そのエッジが地平線の向こうの太陽から朝日を受けて光の帯を作っています。こういう雲の隙間ができている時は、もう一弾楽しめるはず。隙間から射す日差しで雲の裏が複雑な模様になっています。

P1340773 2

隙間から射す光で、低い雲が見え始めました。モコモコの雲も良いけれど、バラバラと蒔かれた感じの雲も良い。今日は本当にアタリ。

P1340788 2

日の出直前。べた塗りとドライブラシとが混在した風景。

P1340794 2

日が覗くと僕の観察は終わり。

P1340798 2

と思っていましたが、車に戻るととても良い雰囲気になっていました。

P1340802 2

さらに今朝の日の出をつぶやきとして投稿などして油断をしていたら、太陽が一度雲に隠れてまた日の出前に近い風景を作っていました。これは完全に出遅れの撮り遅れ。大抵20分くらい朝焼けを楽しむのですが、この日は40分近くいろんな変化を見せる空を楽しめました。

GROM しまなみ海道GROMミーティングツーリング

20160718_012032000_iOS

しまなみ海道の真ん中より今治側、伯方島と大島にかかる橋の袂に「見近島」という小さな島があります。この島は自動車で降りることができず、徒歩か自転車か原付か船でしかアプローチができません。島には気持ちの良さそうな無料のキャンプ場もあって、しまなみ海道ツーリングをしながら一泊するのなら一度は訪れてみたいところ。上の写真は橋の原付道からのもの。

今回3連休3日目の月曜日の朝8時にしまなみ海道の今治側の付け根、糸山公園に集合でGROMミーティングがあるということで、広島からだと宇品発の当日始発の船では間に合わないことから周辺で一泊‥となるともう見近島のこと以外思い浮かびませんでした。同じくGROMerでキャンパーの彦衛門さんを釣ってみたところ、「しまなみ海道は初めてだし見近島には是非!」ということでご同行いただくことにしました。

P1130001

1日目、尾道まで2台のGROMをハイエースに積んで行ってスタート。その日1日カッパを着る事はありませんでしたが、生憎の曇天で路面ウェット。先を急ぐ旅でもないので、ここでは原付で楽しむ尾道のディープな世界を紹介させていただきました。急傾斜地に無造作に立ち並ぶ家々や神社仏閣の間を縫うように自転車や原付なら通れる道が走っています。僕の経験から一番深いところまで登れる道へ入ってみました‥と、いきなり間違えて階段に阻まれて行き止まりになっていしまったところ。

P1130003

間違ってはしまったのですが、結構坂を登った全く目立たないところであるにもかかわらず、ふと脇をみると古民家を改装したパン屋さんがありました。こういうのが尾道の懐の深い面白さのひとつです。

P1130004

軒先にはiPodタッチ(もしくは使い古しのiPhone)を埋め込んで「ネコノテニユカリノアルCD ゴジユウニオキキクダサイ オノミチミヤゲニモサイテキ」とかかれたプレーヤーが。ひなびたオシャレさ満開。

P1130005

ここが迷路のような傾斜地の原付道の一番深い終着点。原付同士でも絶対離合できない、雨でドロドロの急傾斜の道を登ってきました。夜なんか絶対に無事にここまで到着できる気がしません。あんまりの酷さに、走りながらなぜか笑ってしまいます。

P1130014

あんまり道が狭いので、民家の敷地をお借りしてスイッチターン。

P1130011

おまけに猫の足跡のある階段。

P1130019

海まで降りて、そのままスルリとノンストップで渡船に乗船。向島まで110円。

P1130021

向島は他に行くところがないのでついつい高見山展望台に来てしまうのですが、中腹以降は霧中で、下界の展望はありませんでした。晴れていれば大パノラマなのに、とても残念。カッパを着なくて良いだけマシか‥。

P1130022

下山して時計回りのルートは通行止めでした。

P1130025

因島へ渡ります。消失点の先の先まで続く因島大橋の原付/自転車道。

P1130039

因島は素通りして生口島。町の肉屋さんのコロッケを食べながらジオキャッシング。

20160717_033006081_iOS

大三島で局地的な雨が通り過ぎたので、雨宿りついでのお昼ご飯にジャコ天とタコ唐とノンアルビール。オヤジ的チョイスですね。

20160717_042423285_iOS

大三島は時計回りに1周しましたが、半分ほど回ったところでついに青空と日差しが!晴れたシーサイドラインはなんとも言えない気持ちの良さ。

P1130049

ここはビーチサイドの古い小学校跡地の校庭を解放しているのか、ファミリーデイキャンパーで賑わっているところでした。即席ではつくれない、とても良い雰囲気のところでした。

P1130053

大三島で入浴して、伯方島で買い物をして、見近島でのんびり‥という予定でしたが、あんまりにも天気が良くなったので、もったいないから橋めぐり・島巡りを続けることにしました。

伯方島、船折の瀬戸のキャンプ場の広くないテントサイトはいっぱい。とても気持ちの良いキャンプ場です。

20160717_052847402_iOS

早い時間に宿泊場所を確保して買い出しや入浴に出かけて行くのは彦衛門さんのスタイル。普段の僕なら荷物を抱えたままあれこれ済ませて、夕方宿泊場所入りするのですが、見近島ではすでに10張ほどのテントが並んでいたので、この日は間違いなく彦衛門さんスタイルが正解です。宿泊場所の設営を済ませて、必要な荷物だけの身軽な装備で今治まで入浴のために移動開始です。

P1130083

しまなみ海道ツーリングのハイライトは、大島の亀老山展望公園でしょう(<晴れていれば)。信じられないようなスケールの風景にかかる橋を見て「よく架けたたな‥」と驚いたり呆れたりすることができる場所。

P1130309

そんな驚きの橋を、四国上陸を目指して走ります。第一・第二・第三来島海峡大橋は走っても走っても‥という感じがします。

P1130087

GoogleMapsに載っていた今治上陸後最寄りの「千鶴温泉」は廃業されていました。ので、次点の「大黒湯」へ。昔ながらの銭湯で400円。すぐ近くに大きなスーパーもあるので、近隣で宿泊する際の便利さは抜群です。

20160717_084403859_iOS

すっきりさっぱりと見近島へ戻ってきて、冷たいビールを飲みながらGROMの整備‥前日に取り付けたハイスロの具合が今ひとつだったので、あり合わせの工具で外してしまいました。

P1130124

早い時間に「あとは寝るだけ」の準備が終わって暇ができるといろんな遊びができていいですね。僕もこれからはガッつかずにもう少しゆとりのある行動をしてみよう。

P1130153

19時過ぎのキャンプ場からの日の入り風景。雲がオレンジ色に焼けて終わりだと思って他のキャンパーの方と談笑していたら‥

P1130166

見事に桃色に雲を染めて、日が沈んでいきました。スマホを日の入り関係のアプリから、星座関係のアプリに切り替えです。

P1130169

この日は場を乱すような声や音を立てるキャンパーは皆無で、皆さんそれぞれのエリアで必要なだけの光や声で酔っ払って行っている様子でした。うちの夜の部は22時前のお開きです。話題は‥なんだっけ。暑くも寒くもない良い夜でした。

今回マットレスなしでハンモックの生地に直接寝ましたが、平年よりも涼しい夜にもかかわらず夏用シュラフを軽くかけるだけで朝までしっかり眠れました。夏の平地で寝る分には、荷物をものすごく減らすことができますね。

P1130174

翌朝、5時10分の日の出の20分前くらいに東の空の開けたところへ‥ということで、大島のカレイ山展望台へ登ってみました。ここからは眼下に橋の載る見近島を見下ろすことができ、島々に囲まれた水路が迷路のようになっているのがよくわかります。

P1130207

スケール感がかなり実際とは違って見えて、島も海もつくりもののジオラマのようです。

P1130216

「しまなみ」の名前の通り、島に島の重なった風景が遠くまで続いています。

P1130226

日が昇る前はしまなみを主体とした風景を撮っていましたが‥

20160717_202731037_iOS

太陽が覗くとそれを意識した構図にせざるを得ません。慎ましくデリケートな色合が魅力の風景であっても、太陽が出るだけでガラリと主役が交代してしまうようです。僕は「日の出」よりも日の出る前の「朝焼け」が好き。

P1130281

キャンプ場へ6時前に戻ってきて撤収開始。家族連れが居るようなキャンプ場だと5時台の行動は物音をたてないように気を使いますが、ライダーとチャリダーだけのここではもうほとんどの人が行動を開始しているので気兼ねなく撤収ができます。

20張くらいのテントのうち、3割が自転車・7割が原付という感じ。

P1130282

時間があったのでキャンプ場の近所を散策してみました。キャンプ場に降りてくる道の先にトンネルがあって、その奥にジオキャッシュがあるのでそちら側は行ったことがあるのですが、実は反対側にもう一つトンネルがありました。

P1130287

トンネルの先は橋桁の見えるビーチになっています。こちら側は潮の流れがあるので、泳ぐのは危険かも。

P1130296

GROMの人、GROMを持っている人、GROMを買おうとしている人、いろんな人から声をかけられます。みんな原付なのでなんというか変な派閥感のようなものがないのが良いです。

P1130302

8時集合のGROMミーティングへ出発。きっとデコデコでオシャレカスタムなGROMがいっぱいで、ウェット路面を走ってドロドロなマシン2台ではとても場違いなのかもしれませんが、長距離を走るのに徹した「ツーリングカスタム」としてはとてもよくできた2台だと思うので、ドロドロも演出として考えればちょっと前向きになれました。

P1130313

糸山公園展望台からの来島海峡大橋。逆光で少し霞んでいるせいで、限られた色合いの風景がとても幻想的。

P1130314

橋の自転車道が自動車道と別れてグルグル巻きになっているところ。僕は自転車道のジオキャッシュを拾うために、3月だったかな、雨の中このグルグルをテクテク歩いて上がっていきましたよ。

P1130317

展望台から見えるこの小さな島は「来島」。来島海峡の名前の由来となった島ってこんなに小さい島なんですね。自家用車持っている家、なさそうですね。バイクも必要なさそう。

20160717_230258918_iOS

しばらく待っているとGROMが三々五々集まってきました。なんかスゴイの来たよ‥。

P1130326

ワンメイクオフ会でよくある風景。

P1130337

この3台は異彩を放っていました。個人的には一番手前のkyokueiさんのGROMが走りを感じさせる系のディメンションを崩さずに綺麗にコーディネートされていて好き。跨るとピカピカすぎて似合わないって言われたけど。

P1130090

GROM十数台で尾道方面へ向かいます。今回来島海峡大橋を2往復したよ。片道200円だから800円とか払ったわけだ。

P1130372

この後GROMミーティイング一行は第2集合場所の「多々羅しまなみ公園」へ。僕たちは馬島へ降りるので来島海峡大橋の途中でさようならです。

P1130386

第二来島海峡大橋と第三来島海峡大橋をつなぐ橋桁は馬島という島に載っています。この島へバイク用エレベーターで降りて少しだけ観光&ジオキャッシング。馬島ではアウトライダーの表紙になりそうな写真が誰でも撮れます。

12

この島にいる限り、橋の存在を無視することができない‥写真じゃ伝わらないものすごいスケール。

P1130105

橋まで戻って、通行料の賽銭投入中。

20160718_011117000_iOS

寄り道して大島南側の長いワインディングを走り切り、次の島へ‥と走っていると、亀老山展望公園に寄ったGROMミーティング御一行と再び合流することになりました。僕たちは寄り道するので、また橋の上でさようなら。

P1130436

道の駅「はかたSCパーク」で伯方の塩ソフト。かつてキング・オブ・ジムカーナがここでソフトクリームを舐めていた姿を思い出しながら、ペロペロ。

P1130437

大三島の多々羅しまなみ公園へ向かう途中の小さな島。この島は15〜16世紀、石垣で囲まれた海城だったそうです。このようなしまなみ海道の名所・名勝は、ほとんどすべて仕掛けられているジオキャッシュを巡ることで知ることができました。しまなみ海道に散在するジオキャッシュを集めて回ると、しまなみ海道の見所は余すところなく巡ることになるのです。バイクで流すだけのツーリングに飽きたり物足りなさを感じたら、しまなみ海道のキャッシュ巡りが是非オススメ。

P1130444

多々羅しまなみ公園で三たび御一行と合流して多々羅大橋をバックに記念撮影。

20160718_022414000_iOS

この後、GROM集団を構成するメンバーになって尾道まで移動して、尾道ラーメンをいただいて僕たちは広島へ帰りました。16時に帰着という健全な2日目でした。

2日間の走行距離300km弱。の割にはもうお腹いっぱいで、僕も彦衛門さんも大満足なツーリングでした。しまなみ海道は、海や空を見ながら橋を繋いで島巡りをするだけでも十分気分良いのに、今回はキャンプや展望台巡りやGROMワンメイクミーティングと、内容テンコ盛り。自転車でも十二分に楽しめるしまなみ海道のいろんな拠点間の距離は、ミニバイクだとあっという間に次々と巡れる距離なので満足度‥というか満腹度が普通のツーリング以上に高くなるのだと思います。くたびれたけど、くたびれた分以上に楽しいツーリングでした。

今回の忘れ物:虫除けと蚊取り線香。夏のツーリングだということそのものを忘れていました。

GROM ツーリングの準備

  • 2016-07-16 (土)
  • GROM

IMG_5179

いつものように朝焼けを拝んで羅漢へ上がる週末。この週末は3連休なので、2日目・3日目でしまなみ海道方面へGROMで出かけることにしました。3日目にはGROMミーティングにも参加予定です。

そのための準備。

IMGP0010

競技用GROMにタケガワのビッグスロットルボディを取り付けたので、取り外したエンデュランス製のビッグスロットルボディを通勤用GROMに取り付けようと前々から思っていました。ツーリングへ持って行くのにわざわざ燃費が落ちるモノを取り付けるのも気が引けましたが、ツーリングで走りに振ったマシンがどう楽しめるのかというテストにもなるので断行。

IMGP0014

スロットルボディ側の径は30mm。

IMGP0013

それに対してマニホールドアダプターの径は23mm。

IMGP0015

そこで、削ってみました。削った後に気がついたのですが、そういえばエンデュランスのビッグスロットルボディはそれ専用のマニホールドアダプターが付いていたのでした。タケガワにはこの加工済みのパーツがラインナップされていますね。

IMG_5185

削っている最中、細かい粉塵がもの凄かったので開始早々でやめようかとも思ったのですが、試しに掃除機を天井から吊るしてみたところ、これが集塵機としてはとても秀逸。ちょうど作業する高さに合わせてセットしたので粉塵がほぼ全て吸い込まれていきます。アルミを削る時も、これでいってみよう。

IMGP0018

エアクリーナからのダクトも太いモノに変わります。僕は電動ルーターを使うので5分もあれば作業が終わりますが、エアクリーナーボックス側の穴を広げるのにをカッターなどで削るとなると相当な労を要すると思います。

取り付け終えて試走してみましたが‥低速からの盛り上がりと、5000rpmからのよどみのない伸び。これは走って楽しいマシンだ。ツーリングよりもジムカーナへ‥とも思いましたが、ステップがノーマル位置なのでまぁ、まだこのマシンはツーリングマシンですね。でも、ステップ以外は昨年冬ごろのジムカーナ仕様のGROMと同じになってきました‥外したパーツをそのままスライドしてつけているわけだから当然なんですけれど。

 

ハイエース 補修&塗装

1

うちの近所の道は場所によっては普通車同士のすれ違いが難しいところがあり、普段は道の両脇の凹みへ車を突っ込んでうまいこと離合しています。先日上図のような状態で対向車と離合したあと思い切りハンドルを右に切って出発したところ、ハイエースはリアタイヤよりもテールエンドがかなり後ろに張り出しているので、お尻を振って縁石に擦り付けてしまいました。

IMGP0001

こんな感じ。押し付けながら引っ掻いた感じ。

IMGP0002

ボディのエッジまで傷が回っているので、バンパーを外して作業しなくてはなりません。

IMGP0004

結構難儀するのかと思ったら、バンパーを外すのは6箇所のボルトと6本のクリップを外すだけで、とても簡単に取り付けてありました。バンパーはぶつかった時の衝撃をもっと吸収するようなものなのかと思ったのですが、裏に補強が入るわけでもなく、単に樹脂製のパーツがくっついているだけ、といった感じです。まともにぶつけたら車体側にすぐ影響が出るでしょう。危ない危ない。逆に言うと、ハイエースにオカマ掘ってしまうと結構高いモノになりそうです。

IMGP0007

補修の邪魔になるので、バンパーをパチンとはめるパーツも外します。

20160713_211424596_iOS

カー用品屋で黒いポリエステルパテを購入して、コネコネしてヌリヌリして水研ぎ。2回目の水研ぎが終わったのが上の状態。計3回パテ補修しましたが、15分硬化なのであっという間。

20160714_185142698_iOS

320番の耐水ペーパーで整形したので、このあと仕上げに1000番で軽く表面を均します。

20160713_205629188_iOS

バンパーはガレージで作業しようとしたけれど‥長い。うちのガレージ、車の部品を補修することは全く考えずに作っているので、特にバイク入れたままだと作業スペースが全然確保できません。ここまでがぶつけた翌日の朝までの作業。

20160714_190907611_iOS

翌朝。パテ盛りと荒い整形は前日に終わったので、仕上げの水研ぎ。周辺も含めてシリコンオフしておきます。

20160714_201822576_iOS

塗装。ハイエースS-GLの黒はブラックマイカ(カラーナンバー:209)というメタリックの入った黒で、缶スプレーの色がメタリックのフレークの状態も含めてもともとのボディ色と合うか心配でしたが、塗装の境目が全然わからないくらい見事に調色されていました。これならボディのスポット凹みなんかも修理してみようという気になります。

20160714_201850887_iOS

車体側は研いでいたら地金が出てしまったので軽くサフェーサーを吹いて塗装。クリアも吹いたらもうこれ、どこが補修したところなのかわかりませんよ。缶スプレー、すごい!

20160714_203724605_iOS

クリア吹いただけなので、数日放置して完全に硬化したら1500番くらいのペーパーをあてて研磨剤で磨けばピッカピカ‥ですが今回クリアの塗膜が薄めなのでこのままかも。目立つところじゃないしね。

補修で週末が1日潰れるかとおもったのですが、平日朝の作業で直りました。まー、3時過ぎから作業したわけですけれど。

オートバイ三昧

IMG_5137

朝からNUDAに乗りたくて、いつも通り目が覚めたので日が昇る時間に家を出て、2時間ばかり走ってきました。この時間帯に三倉岳付近を走るのは初めてでしたが、今日は雨は落ちてこないものの湿度たっぷりの空で、山の風景がとても幻想的。特に三倉のそそり立つ岩壁にかかる雲は普段と違う風景を見ている感じでちょっとお得な感じがしました。

P1120389

さて、日中は広島西飛行場跡地でオートバイの練習会でした。木下サーカスさんが南側を使われるということで普段より北側でしたが、変更された会場までの進入路は車もハマるくらいのドロドロの道‥見兼ねた木下サーカスさんの駐車場担当の方がご厚意でサーカスの駐車場を通っても良いということにしてくださったので、事なきを、ということにはなりました。ただ、はるか奥のテントからみるみる埋まってくる車の数に圧倒されていたら「サーカスが終わったら出庫80分待ち」とかいう情報もいただき、それと鉢合わせしないように退場しなくては‥という状態でした。

今日の目的は、タケガワの4バルブヘッドに交換して主にギア比をどの辺にするかを確かめるという内容でした。パワーが上がっている分、これまでよりドライブスプロケット1丁上げのロングにしてワイドレンジになるかと思っていたのですが‥結局低回転域はこれまでよりもパワーが極端に上がったという感じもしないのでこれまでと同じギア比に落ち着きました。ただ、上は気持ち良くタコメータを振り切っても回り続けて速度が伸びるので、走りはこれまで以上に良くなったんじゃないかと思います。2次減速がこれまでと一緒ということで、違和感なく走れているのも。
かなり面白いのですが、これでしばらく壊れなければいいんだけれど。逝くとしたら腰下のような気がしてなりません。めんどくさー。

同じくエンデュランス製4Vヘッド化したキョウちんのマシンはこれまた5000回転以上はモーターのように回る。似たようなパーツ交換をしながら、乗り手の好みに合わせてかなりマシンの方向性が違ってきてきているので面白いです。どちらかというとキョウちんのマシンはカチっとしてビュンビュン、僕のはもっさりしてしっとりという感じ。まぁ、それぞれの走りそのものを体現しているようなマシンになってきています。

GROM 異音対策と‥

  • 2016-07-06 (水)
  • GROM

IMG_5110

4Vヘッド化して、とりあえず普通にエンジンはかかるしパワーもそれなりにあるのですが、どうもシャカシャカいう異音が完全に解消していないようで気になる。音のする場所といい音質といい、カムチェーンまわりの問題なのは間違いないようなので、この際ですから伸びてしまっているかもしれないカムチェーンと、磨耗してしまっているかもしれないテンショナー、ブッシュをパーツ購入して、フライホイールを外してみました。

IMGP0709

うん、これはどう見てもおかしいぞ‥。ブッシュロッドの先端にはゴムのヘッドが付いているはずなのに、金属だけになってテンショナーのアームの先が磨耗変形している。金属同士がガチャガチャ触れ合うわけだから、これは間違いなく異音の原因の一つと思われます。

IMGP0713

取り外してみたところ、ゴムが取れたのではなくて、ロッドにゴムの根っこの部分は残っています。どうもゴムのヘッドは磨耗した、というか削り取られたようです。

ここから先は原因の予想ですが、テンショナーのロッドを逆さまに挿入してゴムのヘッドのない状態でアームと触れる状態で走ってしまい、アームの先端が変形、その後別の整備の時にロッドを正常向きに挿入したけれど、変形したアームの先がどんどんゴムを削ってしまって現在に至る‥ということなんじゃないでしょうか。いや、覚えが全くないんですけれど。今回、先に購入しておいたたパーツは結果オーライというか、まさに今回のメンテナンスにどんぴしゃりなパーツ群でした。

IMGP0715

ゴムのヘッドをつけなおしました。オートカムチェーンテンショナーのテンション調整のキャパシティがどのくらいなのかわかりませんが、これ全部削れていたわけでチェーンのテンションが落ちていたのも異音の原因だったのかもしれません。

IMGP0719

3年使ったチェーンが左。右が新品。チェーンの伸びは交換するまでもない程度でした。

さて、ここからやらかしました。

フライホイールを止めるナットの締め付けトルクは64Nm。この締め付けトルクが足りなかったようで、組み上げてエンジンをかけたら、ストールしてしまって、その後エンジンがかからなくなりました。調べてみると、フライホイールとカムスプロケットの合わせ位置がずれている‥ということはバルブタイミングがズレるわけで、ヘタするとバルブをピストンに打ち付けてしまっている可能性がある‥。

クランクを回してみてもシリンダに圧がかかって「シュー‥」っとガスが抜ける感じがない‥。

IMGP0723

ヘッドを外してみると、一見何事もなさそうでしたが、吸気側のバルブが2本、うまく蓋をできない形状になってしまっています。バルブを外したら、見事に2本とも首のところで微妙に曲がってしまっていました。

IMG_5125

タケガワさんに直接電話して4Vヘッドの吸気バルブの単品購入が可能か連絡してみたところ、しばらく間をおいて「‥価格設定がまだできていませんでした」と言われましたが翌日発送していただきました。これを組み上げて恐る恐るエンジンをかけたらあっさり始動。カムチェーン周りの異音も解消して、やっとまともに組み上がった、という感じです。週末の練習会に間に合ってよかった‥。今回もやらかしましたが、勉強になりました。

Home > Archives > 2016-07

Feeds
Meta

Return to page top