Home > Archives > 2015-02

2015-02

広島-廿日市パワートレイル

3

先日のジオキャッシャー中四国支部新年会で、キャッシュを連続で並べた「パワートレイル」についての話になりました。アメリカだと上のマップのように20km以上も続く一直線に200個くらいキャッシュが並んでいたり、文字や絵をキャッシュの並びで描いたりと、日本とは遊び方のスケールが違いすぎてもう開いた口がふさがらないのですが、日本でも大きな都市だと河川敷の遊歩道などににキャッシュが数十個列を成しているところがみられるところもあります。広島にもパワートレイルがあればいいのになぁ‥と思っていたのですが、キャッシュを作るのも設置するのも結構楽しい遊びになるので、自分の通勤ルートにパワートレイルをつくってみることにしました。

下準備。コンテナ祭りです。今回はベーシックなマグネットのコンテナだけでなく、各地でみかけた面白い仕掛けのコンテナなども参考にしながらいろんなパターンのキャッシュハントが楽しめるように心がけてみました。マグネットのコンテナはどちらかというと、息抜きキャッシュですね。

これまでもパワートレイルをつくろうかと挑戦しかけたことはあったのですが、現地でキャッシュを仕掛けて160mほど移動して次のキャッシュを仕掛けて‥という方法だと、どうしても行き当たりばったりで面白い仕掛けができません。今回は事前に160m圏と200m圏を色分けした同心円でキャッシュの設置制限範囲をあらかじめわかるようなマッピングをして、その制限の中でなにができるのかをロケハンして考えながら現地の状況に合わせたコンテナも幾つか用意しました。

そして第一弾公開。これでもまだ予定した距離の半分以下‥。

まだ設置が完了していませんが後半の廿日市部分の配図もつくってあります。既存のキャッシュを避けながら配置していかなくてはいけませんものね。最終地点あたりは夏前まで広島最大級のショッピングモール建築のために道路や路肩の整備が行われているので、設置はしばらく控えようと思っています。完成すると約9kmの広島-廿日市を結ぶパワートレイルになります。GBの皆様、どうぞよろしくお願いします。

ぱーぱ、あーと。

赤ちゃん脱却中のムスメ。

食事中に茶碗を差し出して「いっち」と茶碗を持つ手とは反対の手の指を1本立ててます。もう一個おかずをくれという合図です。入れてやると、茶碗を引き寄せて、「ぱーぱ、あーと。」と。

感謝の気持ちがあるのかないのかは分かりませんが、たとえ慣用句的な使い方でも使うタイミングを間違わずに意思を言葉で伝えられるのには驚きました。

子どもにはいろんな節目がありますが、今日は大きなステップを踏んだように思います。

クラウドアルパカ

グラフィックソフトウェアとなると=Photoshop と考えるのがこの世の倣いといって間違いないと思うのだけど、職場で数十台単位のソフトをまとめて購入してもらおうと思うと結構な価格になってしまいます。アカデミックパッケージのPhotoshopElementsでさえ購入してもらえないとなると、なにかしらフリーのソフトで対応しなくてはなりません。

これまでに「GIMP」やオンライングラフィックソフトの「SumoPaint」をはじめフリーの多機能グラフィックソフトをいろいろ検討してきた結果、ここ数年は使い勝手の良さから「Paint.net」を使ってきました。Paint.netはフリーソフトとしては十分強力な機能をもっているのですが、ソフト独自の操作色をだしているところもあって、僕としてはもっとPhotoshopライクに使えるものはないものかと思っていました。

クラウドアルパカ」はフリーのマンガ制作ソフトです。何かの記事に紹介されていて試しに使ってみたのですが、これがなかなか使い勝手が良い。フォトレタッチソフトではなくマンガを作成することに特化したソフトにもかかわらず完全にPhotoshopを意識したショートカットの設定など、これを使い慣れてしまえばそのままPhotoshopへ移行できそう。職場で基本的な画像操作を指導するには十分な機能があります。

マンガのコマ割り、スクリーントーンの流し込み、パースや放射線を描くためのテンプレートや一定角度ごとに一時的に画面を回転できるなど、マンガを制作するために与えられた機能やツールもディジタル制作ならではの快適さ。ペンタブレットと組み合わせることで強力なお絵かきソフトとなることは間違いありません。パソコンで絵を描きたいなぁ、と思っている方のエントリーソフトとしては必要十分な機能が無料で使えるというのは驚きです。

基本的な使い方については動画で紹介もされているので、興味のある方はどうぞ。

1.起動・ログイン

2.ネームの作成

3.コマ割り

4.フキダシ

5.パース

6.素材作成・登録

7.トーンを貼る

8.集中線

9.文字入れ

10.プロジェクト管理

東広島ジオキャッシング

家族とおでかけジオキャッッシング。今日は未開の地の東広島へ出かけてみました。

未開というのはキャッシュを獲っていないというだけでなく、街としても観光目的で訪れたことがないという意味で僕にとっては全く未開拓な土地なのです。

最初DNFが続きましたが、そのうちの一つはどう見てもコンテナが屋根の上に投げ捨てられていて獲れないパターン。これはもうどうしようもない‥。

昔から、適度な斜度の面があるとありえない角度に立つ写真を撮りたくなってしまいます。

広島に住んで足掛け20年以上とか経つのに、西条の街を徒歩で巡ったことがこれまで一度もありませんでした。酒蔵の街として有名な西条ですが、実際に酒蔵通りを歩いてみると、つくりものではなく生きた酒造りの街並みというのが実感できます。

賀茂鶴の酒蔵で道に迷ってしまいました。別に飾っているわけじゃないんでしょうが、どこを歩いても映画のセットみたい。

迷ったついでに直売所をみつけたので中に入ってみたら、各種お酒を試飲し放題な感じで、10種類近くお酒をいただいてみました。広島のお酒ってただ甘いだけだと思っていましたが、キリっと水のように飲める辛口のお酒や、香りがとてもフルーティでさっぱりとしたお酒、オバマさんが来日された時に出された口に含むと華やかさがポワっと広がるようなお酒など、賀茂鶴さんだけでも結構幅広くラインナップされていたのは驚きでした。酒蔵の試飲でこういう発見があるとは思わなかった‥。

でも、子どもたちの楽しみは大人の半分以下でしょう。ゴメンね。

前々から気になっていた「キレイ」と書かれた煙突‥亀齢(きれい)酒造の煙突だったんですね。ここのしぼりたてというお酒も美味しかった。キャッシュを巡りながらお酒をいただいて‥結構な愉しみです、西条酒蔵巡りジオキャッシング。

東広島市立図書館の駐車場から見える前方後円墳。この公園のキャッシュは僕が30分、妻が20分くらい探しましたがDNF‥。今日は14F3D。GROM基準で考えると車で巡るのは機動力半減、今日も内訳の6割は子供と公園で遊んでいたように思うけど、まぁ、ジオキャッシングが家族サービスの一環になってきたのはみんなが嬉しいところ。

試飲してみて甘みより酸味を感じるところが気に入って賀茂鶴の梅酒を買って帰りました。炭酸割りでいただくよりロックが美味しいですね。

GROM キャリアステー溶接

  • 2015-02-14 (土)
  • GROM

固定している個所と重量のかかる個所が離れていて、そこに数えきれない振動が加わるわけですから想像できないくらいの金属疲労してしまうのは仕方がないと思うんですけど、それにしてもリアキャリアのステーがすぐ折れます。前回はトップケースのマウントを載せているところで折れましたが、これは僕のトップケースマウントの取り付け方の問題だったので、折れたところはちょっと強くなるように溶接しました。今回は‥製品の構造上の問題じゃないんですか?と疑いたくなるところがポッキリと折れました。ちなみにこのキャリア、メーカー純正品ではなくH2C製です。重量物といっても普段はGIVIのトップケースの中にカッパを入れているだけです。

20年前に購入した溶接機、サンチョが再び登場。ホームセンターで9800円で買ったような気がします。

前回の溶接で、適切な太さの溶接棒を使うと結構お気楽に溶接できることが分かったので今回もその段取りで。

ちょっとモリモリに盛ってみました。パイプの太さと溶接棒のサイズがマッチしているのか、気持ちよく火花が散って楽しい。

グラインダーでざっくり成形。この後ベルトサンダーで仕上げの成形。このグラインダーも20年くらい使ってるけど、壊れないので買い替えることなく使っています。

ラッカー塗装してできあがり。気合を入れて丁寧に仕上げるなら、金属パテなどで凸凹を成形すればパッと見完璧に仕上げられますが‥まぁそこまで気合を入れるようなところでもないので少々の凸凹には目をつむることにします。

ここを補強することで、次に折れるとしたら反対側の同じところになるのだと思うんですが、そっちが逝ったら次は平行四辺形の中に1本補強フレームを追加してみようと思います。

しまなみ海道ジオキャッシング動画

ヘルメットマウントで動画を撮っていたのでまとめてみました。

しまなみ海道ジオキャッシングツーリングなど

日曜日に愛媛の二輪車交通公園で練習会、ということで「ついで」に土曜日はしまなみ海道でジオキャッシング。もう「ただのツーリング」をしなくなっちゃいましたねぇ。

9時過ぎに大三島の道の駅でGROMを下ろしてスタート。

まずは橋に仕掛けられたキャッシュをごっそりといただき‥と思ったら、しまなみ海道の橋に仕掛けられたキャッシュの多くは大きな橋の場合、原付道とは別の車線で用意された自転車道に設置されているのです!朝わざわざ自転車を下ろしてきたのに大後悔‥。とりあえず生口島のコンプリートを目指します。

ツーリングでは何度も通っているのに、キャッシュを探して周囲を歩くことで知ることのできるその土地ならではなものがたくさん。自分一人では収集しようのないその土地の情報をキャッシュを通じて知ることができるというのがとても楽しみです。

地元のコロッケ食べながら探したりとか。瀬戸田の、原付で訪れることのできる6箇所はサクサクとゲットできました。

大三島に戻ってきて、「ドンガバチョ」というキャッシュのGZから見える風景は‥どうみてもひょうたん島。

お昼時、ちょうど大漁さんの前を通りましたが、土曜日のお昼に待たずに入れるほど甘くはありませんでした。

しまなみ海道の橋はとても立派な橋が多いのですがこの大三島橋はとても控えめで、心臓破りの急坂を登りきった展望所から見える姿がとても美しい。昨年しまなみ海道ツーリングした際、いつかここでキャンプするために再訪しようと思っていたのですが、意外と早くに再訪することになりました。

伯方島で伯方の塩ラーメン。伯方の塩って伯方島で作ってるって思うでしょうが、大三島の伯方の塩の工場にもキャッシュがしかけてあって、衝撃の事実を知ることに‥大三島の塩、または伯方のあたりの塩なんですね。ラーメンは魚介系のあっさりさっぱりスープで、その時の気分にとてもあっていました。

そういえば、路傍にみかんやレモンなどの柑橘類がたくさん生っているのはこのあたりの島の特徴ですが、レモンって店頭に並んでいる姿からは想像しづらい生え方してるんですね‥。

伯方島の南部にある「船折瀬戸」。タイミングを逃してしまいましたが、小さな船が流されていく様子を観潮台から眺めることができました。

来島海峡大橋の橋桁になっている馬島は、橋の真ん中からバイク用エレベーターで降りられるなど昨年のしまなみ海道ツーリングで一番衝撃を受けた場所ですが、こちらも再訪することができました。でも、キャッシュを探すのが目的だと特に一度訪れた場所の観光色はほぼゼロ。昨年ツーリングでしっかり堪能しておいてよかったなぁ、と思います。

初めて訪れる場所はそれでも結構楽しませてもらいました。このカレイ山展望台、相当高いのですが、アプローチが難しいところなので、普通のツーリングでくることはないと思います。

明るいうちに車に戻って、今治まで移動しました。4つほどキャッシュを巡って入浴は町の銭湯へ。番台があって、週刊誌などが投げてあって、昔ながらのお風呂屋さん。家族とまた来たいな。

家を出るとき、思う存分キャッシュハントしようと決めて出てきたのですが、その後も車で寝る場所を探しながらキャッシュハント‥。21時半までフラッシュライトを片手にウロウロしました。

さて、翌朝も朝5時からキャッシュハント。今治から松山へ山越えする途中のキャッシュを巡って、いくつかキャッシュの仕掛けてある松山の51番札所石手寺を訪れたのですが‥表向きは普通の寺だし愛媛大会へ行く道中何度も通っている所なのに、実は山を越えた奥には驚きの世界がありました。閻魔大王ですよ。これ以外にもこの周辺は摩訶不思議な造形物で溢れていて、不思議ワールド全開です。

閻魔大王のお向かいの道の脇には「地底マントラ」の入り口が‥少し中を覗いてみて思わず絶句‥這入ろうかどうしようか迷いましたがせっかくなので入ってみることに‥。

うぎゃーっっ!
奥がとんでもなく深い。

うぎゃーーっっ!
洞内の広間には手作り感たっぷりのオブジェが投げ捨てられるように並んでいます。

上側から来たのですが、下の方でL字に曲がってまだ延々と続きがあります。「金剛界」とか「胎蔵界」とか、そんなの味わってる余裕ありませんでした。

うぎゃーーーっっ!
終着点には高校の文化祭のお化け屋敷のレベルははるかに越えた不気味な祭壇が待っていました。

洞内から脱出したら「らくがき堂」が用意されています。開放感に伴って沸き上がる想いを書きたくなる気持ち、分かります。

そして来た道を戻ります。肝心のキャッシュはDNFだったので、家族と絶対また来よう。

道後温泉の伊佐爾波神社の石段段上からみた松山市街。ものすごく前振りが長くなりましたが、そろそろ今回のおでかけの目的地、二輪車交通公園へ向かいます。

真冬だというのに集まった14台。風が強い日で午前中は極寒、途中嵐になったりして大荒れでしたが、午後は概ね晴れていました。

11月の愛媛大会以来のまともな走行でしたが‥僕以外の上位シード選手はみんなタイヤウォーマー使ってるんですね。じっくり慎重にウォームアップして臨んだタイム計測、1コーナー目で吹っ飛びました。冬はウォーマー用意しないと本気で走れませんね‥。

GROMでも走ってみました。うらいけさんもてけさんもえらく気に入ってくれて、タイム計測してみましたよ。

うらいけ氏。

てけさん。

僕。

走り込んだわけじゃなくてそれぞれ1本だけ測りましたが、トップタイム1分29秒のところ、GROMで1分35秒。ジムカーナするにはハンドル切れ角が深すぎて本来稼ぎどころの回転が全然活かせていないので、ちゃんとセットして走りこんだらあと1秒か2秒は稼げそう。

2日間思い切り遊んで家に帰る途中、気持ち悪くなってきて‥帰ったら熱が出てました。身体がついてきてないです‥。

今回の遠征で、50F7D4H6M(50-Find,7-DNF,4-Hide,6-Maintenance)。観光ツーリングとキャッシュハンティングツーリングは分けて考えないといかんな、とあらためて思いましたが、今後普通のツーリングができるのか少々不安になってきました‥。

GROM チェーン交換

  • 2015-02-01 (日)
  • GROM

8月末にGS420MSというノンシールチェーンに交換したのですが、どうも小排気量用だったようで、パワーの上がったGROMで使うにはちょっと厳しかったのか、結構な勢いで伸びまくりました。チェーンに不安を持ちながら走るのも気持ちが悪いので今回シールチェーンに交換することにしました。

GROMは106リンクですが、108リンクで売られていたBL420MRUというシールチェーンを調達。別に黒いチェーンがほしかったわけじゃないのですが、420サイズのシールチェーンは選ぶほどラインナップされていなくて(というかRKだけで)、手ごろな108リンクのチェーンがこれしかなかったというこだわりのなさです。チェーンカッターもそんなに使う機会があるとは思わなかったのだけど、バイクが3台あると結構使う機会があるもんです。

GROM パワーアップのための組み合わせ

  • 2015-02-01 (日)
  • GROM

無駄にコレクションするつもりもないのですが、うちにはGROM用に「ハイカム」「サブコン」「インジェクター」が2種類づつあります(ついでに書くとシリンダー&ピストンもノーマルとそうじゃないのが2種類‥)。あれこれトラブルに見舞われて、パーツを買い増していくうちにいつのまにか揃ってしまいました。

具体的には
タケガワ製とユミナシ製のハイカム
タケガワ製とユミナシ製のサブコン
ノーマルとビッグサイズのインジェクター
で、順列で組み合わせていくと8通りの組み合わせが考えられます。どのセットが良いものか、組み合わせてみることにしました。

これはタケガワのサブコン。調整機構のないプリセットの15段階調整(1〜F。0はリセット用)。数値が低いほど噴出量が小さい。

ユミナシのサブコン。左からIGNITION(進角調整)、INJECT(全体の噴出量)、TPS(スロットルポジションセッティングで、アクセル開度低/中/高に応じたセット調整)。アナログ無段階調整。

◆タケガワハイカム+タケガワサブコン+ビッグインジェクター
このセットにする前にユミナシハイカム+ユミナシサブコン+ビッグインジェクターだったのだけど、このセットにしたらまろやかな戦闘的でない回り方になった。どうもハイカムの味付けがタケガワの方がやんわりしたものっぽい。

◆ユミナシハイカム+タケガワサブコン+ビッグインジェクター
低速から7000回転弱あたりまでモリモリとパワーが湧き出てくる。街乗りでは異常に楽しい。ただレッドゾーンあたりのフケが悪い。タケガワサブコンの15段階中の6にセットするくらいが一番シャープな加速。数字を大きくすると明らかに濃くて吹けない。
→ということはインジェクターが大きすぎるのではないかと思い、ノーマルインジェクターに交換。

◆ユミナシハイカム+タケガワサブコン+ノーマルインジェクター
サブコンの6では4000回転くらいから上で明らかにガソリンが足りない。のでF(15段階目)に。この前のセットより全体的なトルク感が薄くなって上までシャープに綺麗に回るようになったけれど、中速域のパワー感が薄くなったので体感的に速く走ろうと思ったら回転数を上げたまま走らなくてはならない。街中を走るのには向いていない。
→ということはインジェクターの細かい調整でなんとかなるんじゃないかと思い、調整可能なサブコンへ交換。インジェクターのフィーリングは大きい方がよかったので、インジェクターも交換。

◆ユミナシハイカム+ユミナシサブコン+ビッグインジェクター
サブコンの調整でフィーリングがずいぶん変わってくる。全体的にトルク感はあるけれど上まで盛り上がりのないつながり。パワーカーブ的にはムラがなくて良いのかもしれない。でも、中速域で引っ張るとチリチリと嫌な音がするのがどういじっても解消しないのは、以前このサブコンをつけていた時からの症状だったので、気持ち悪いから外す。

というわけで、全部試せているわけではなく、また純タケガワ推奨セットに一度もしていないのだけど、ここまでの感触から「ユミナシハイカム+タケガワサブコン+ビッグインジェクター」が一番エキサイティングだったので、しばらくこれで行ってみようと思います。ハイカムの違いがまだ確証がもてるほど試せているわけじゃないので、また交換してみます。

Home > Archives > 2015-02

Feeds
Meta

Return to page top