Home > Archives > 2011-11

2011-11

AppleTV

前々から便利だ便利だと聞いていたAppleTVを購入してみました。AppleTVとは、大画面テレビとHDMIケーブルで接続するだけで、インターネット経由の音楽や映像を視聴したり、同じネットワーク内のMacやiPadやiPhoneのコンテンツを再生する事できる便利な「箱」です。

今頃になって購入した理由は3つ。
ひとつはほとんど定価売りのApple製品にしてはめずらしくアマゾンで10%オフしていたこと。もうひとつは、Appleが液晶付きのAppleTV(という表現も変ですが‥)を発売するかも、というウワサが流れたこと。三つ目はiPad、iPhoneのOSがiOS5になって、AppleTVとの連携が強まったということ。ちなみにこれまで購入しなかった理由は、うちには液晶テレビがリビングと寝室にあるのですが、どちらにも新旧のMacminiが接続されていて、AppleTVの出番がないと思われたからです。それもあってこれまであんまり真剣にAppleTVで「できること」について確認しなかったので食指も動かなかったというのが正直なところ。

購入にあたっていろんなレビューを読んでみましたが、イマイチつかみどころがありませんでした。結局なにができるのかということがはっきりしなかったのです。というわけで、まずはできる事の確認。

■準備
パッケージには本体・リモコン・電源ケーブルが入っています。HDMIケーブルは付属していません。
本体背面にはHDMI・電源・光デジタルオーディオ出力・LANコネクタがあります(マイクロUSB端子は何のためについているのかと思ったら、メンテナンス用とのこと)。この4つのコネクタの幅で本体のサイズが決まったのではないかと思えるくらいギッチリと並んでいます。
TVとHDMIケーブルで接続して電源を投入。有線LANケーブルを接続していればDHCPでIPを拾ってきますので、ネットワークの設定は即完了です。有線LANコネクタは100base-Tですが、ほぼストリーミング再生専用なのでこれで十分ということなのでしょう。有線LANを接続していない場合は自動的にWiFiが選択されるようです。
ネットワーク設定が終わったらAppleIDの登録。これによって、AppleTV本体からAppleストアへアクセスしてビデオレンタル等が可能になります。
他にもYouTube・Vimeo・Flicker・MobileMeのアカウントを登録すれば直接インターネット上のコンテンツへアクセスが可能です。海外のスポーツ番組もあらかじめ登録されていますが(<しかも非表示にできない)すべて英語のコンテンツなので利用する事はほとんどないと思います(加えてログインが必要なものもあるので、有償コンテンツも含まれているのかもしれません)。HDMI経由のテレビのスピーカーに不満がある場合は光デジタルオーディオ出力で音響側はなんとでもできる点も気が利いています。もちろんドルビーデジタル5.1チャンネルサラウンド対応。

■できること
メインのメニューは「ムービー」「インータネット」「コンピュータ」「設定」の4つです。

□ムービー‥iTunesストアの映画レンタルコンテンツと現在公開中の映画のトレーラーがHDで楽しめます‥といってもAppleTV本体の仕様が720pですから、フルHDじゃありません。
□インターネット‥インターネット経由でストリーミング再生するコンテンツ。「NHL(アイスホッケー)」「WSJ Live(ウォールストリートジャーナル<ニュース番組)」「MLB.TV(メジャーリーグ))」「YouTube」「Vimeo」「Podcast」「フォトストリーム」「MoblieMe」「Flickr」「ラジオ」が順番の並び替えも非表示もできない状態で並んでいます。Podcast、ラジオはiTunesのものと同じだと思われます。
□コンピュータ‥パソコンのiTunesでホームシェアリングされたコンテンツを再生するための項目。DLNAクライアントというわけではないので、バッファロー製NASの「iTunesサーバー機能」などでネットワーク内共有されているメディアにアクセスする事はできません。家庭内のどこかでiTunesの起動したパソコンを動かしておく必要があります。
□設定‥「一般」「スクリーンセーバ」「オーディオとビデオ」「AirPlay」「コンピュータ」「今すぐスリープ」が並んでいます。
「一般」は本体の基本設定。「スクリーンセーバ」用の写真データはあらかじめ動物や植物がいくつか登録されていますが、ネットワーク上のPCやFlickrからも取り寄せができます。「オーディオとビデオ」は本体のAV出力の設定。「AirPlay」は後述。「コンピュータ」はホームシェアリングを受け付けるかどうかの設定。「今すぐスリープ」は強制スリープしたいときに使う項目。

Macminiをテレビに接続しているにもかかわらずAppleTVを購入する理由は、iPad2やiPhone4と連携が強化されたAirPlayにあります。これがWeb上のレビューを読むだけでは今ひとつ便利さがつかめずにいたので、今回やっと実感することができました。なお、AirPlayするには対応するOSやハードの制限があるので注意が必要です。
今回設定する上で今ひとつ悩んだのは、iPad2やiPhone4側でのAirPlayをオンにするスイッチの場所なのです。自分だけだけでなく、結構多くの人が躓いているようです。手順としては、まずAppleTV側でAirPlayをオンにしておきます。そして、iPad2の場合はホームボタンを2回押しして画面下に出るリストを「右」にスライドして出るiTunesのコントロール画面内、iPhone4の場合はホームボタンを2回押して画面下に出るリストを「右」に「2回」スライドして出るボリュームコントロール画面内にAirPlayの設定ボタンがあります。
iPadの画面が大きな液晶テレビ画面にミラーリング表示されるのはそれなりの驚きがありますが、画質やレスポンスについては今ひとつ。動きの激しいゲームはテレビ側で表示がついてきませんし、動画の再生についてもiPad2やiPhone4からストリーミングしているものなので、即座には再生されません(ナロー回線のYouTubeのように、はじめに待ち時間があります)。iPadと液晶テレビの解像度の差については、テレビ側の両端に黒い帯を表示することで補っていますが、写真や動画を再生するとテレビの画面全面で表示されるようになっています。

実はこの1年、iPadやMacBookAirを使い始めることで、デスクトップPCとしてのMacminiの電源を入れる事が本当になくなってしまいました。AppleTVは「パソコンを使ってます」という使う気の重さもなく、テレビとの親和性を深めて気軽にインターネット上や自前のコンテンツを楽しむ事ができます。うちの場合は寝室の液晶テレビが5年前のAQUOSで、今となっては珍しい720pの製品なのでこれがまたAppleTVにピッタリなんです。僕は今のところ寝室でテレビを見るという習慣がありませんが、寝室でインターネットのコンテンツを気軽に楽しめるとなると、新しい習慣ができそうに思います。

STARWARS 特典映像

ブルーレイ版のSTARWARS、特典映像を少しずつ見ています。
旧三部作の特典映像をやっと見る事ができるようになったところなのですが‥エピソードIVのデススター攻略隊の同盟軍パイロットとして登場するビッグスという人物が「タトゥイーン時代のルークとT-16スカイホッパー(T-65 Xウイングと同じインコム社製)で腕を鳴らしていて、その後ビッグスはパイロット養成のコースへ進んだ」という話は以前に何かで読んだ事がありました。エピソードIVの本編ではビッグスとルークがデススター攻略の前に反乱軍のハンガーで再会を喜ぶシーンがありますが、二人のバックグラウンドを知らないとその意味があまりよくわからないシーンのひとつです。

今日驚いたのは、本採用にならなかった映像として、パイロット養成学校へ進学を決意したビッグスがタトゥイーンでルークにそのことを打ち明け、後に反乱軍に参加することを伝えるシーンが映像として作成されていたのです。人気が出た後に後日「外伝」という形で製作される映画や映像はよくありますが、これは当時の映像ですから、ルークはもちろんあの若いルーク。外伝的なものでありながら、ものすごく生々しいものに見えるのです。ストーリーの本筋とは直接関係ないシーンですから、カットされても仕方の無いものかもしれませんが、こうして特典映像でいきなり見せられる方がかえって驚きと効果が大きいように思います。

この先も楽しみだなぁ。あとディスク2枚も残ってます。

WACOMのタブレット

WACOMのペンタブレット歴10年くらいになります。初めて購入したペンタブレットはintuos2。当時はディスプレーの縦横比が4:3で、ワイド画面のディスプレーというものがありませんでしたので、intuos2も描画エリアは4:3。ところが最近のディスプレーは16:9や16:10のワイド画面になってしまったので、そのままintuos2を接続して使うと、手元では正円を描いても画面上ではだ円になってしまうという状態に。マッピングのセッティングをすれば比率については回避できますが、もともと持っていたタブレット自体サイズで言うと「中」サイズで、いまどきの21インチワイドのディスプレーに接続して使うとワイド画面に対応させてマッピングする分さらに描画エリアが狭くなってしまう‥というわけで、コンピュータで絵を描く仕事が増えることが確定したのを機に、MacBookAirとPhotoshopと、勢いで最新型のintuos4のLサイズを購入しました。で、使い始めてしばらく経ちました。

モノとしては、非常にカッコイイです。デザインだけでなく機能的にも、自由に機能割り当てできるファンクションキーは有機ELで機能がアイコン表示されて使いやすいし、ホイールもセンターのボタンで4種類の機能を切り替えながら使用できるなど、キーボードを使わなくてもタブレット本体だけで描画作業が効率よくできるようになっています(完全に使いやすいとはいえないので、キーボードと併用していますが)。
本体だけでなく、ペン先も改善されているようで、あらかじめ何種類ものペン先が複数付属していました。ただintuos2のペン先はこの10年の間、摩耗で1回しか交換していませんが、intuos4の標準ペン先はものすごく摩耗が早いです。あっという間になくなります。

これまで使ってきたintuos2との大きさの比較。intuos4のLサイズの描画エリアは丸まるintuos2の本体が収まるくらいあります。

ただ、MacBookAirと併用して使うにはちょっとデカすぎました。A3サイズよりもデカいので、せっかくMacBookAirが最高のモバイル環境を提供してくれているのに、それを相殺してなおお釣りがくるくらい。

今日になってどうしてBLOGの記事にしているのかというと、ふと古いintuos2を引っ張り出してきてMacBookAirに接続してみたところ、最新のWACOMのドライバで古いタブレットの環境も(intuos4の設定とは別に)設定ができることが分かりました。正直13インチのモニタならば古いタブレットの方がジャストサイズで使いやすい。タブレット自身の大きさもMacBookAirとほとんど同じなので、どこでもお絵かきという環境的には古いタブレットが活きそうです。

新しい方のタブレットはデスクトップ環境用ですねー‥と思うのですが、うち、ワイドモニタは液晶テレビしかないんですよねー。新しいタブレットを4:3用にマッピングして使うかww。

ジムカーナ?

これもジムカーナだろうけど、これがジムカーナだとしたら、会場確保がますます難しくなります。

でも、こういう走りもできれば、終わってしまったタイヤでもうひと遊びできそうですね。あ、こういう走りをする場合はハイグリップはかないのかなぁ。

宮島散歩

自宅の最寄り駅から路面電車で6駅、JRだと2駅で宮島口です。
ここ数年、紅葉のシーズンも終わり頃になって紅葉狩りに行ってしまっているので、今年は足しげく通ってみようとまだ紅葉には早いのを承知で散歩がてら日曜日に宮島訪問してみました。

というわけで、特に目的なく渡島しましたが、フェリー乗り場前でしゃもじに絵を描くコーナー(有料)があり、ナルキが描きたい!というので落書き開始。「宮島に来たよ」という内容の割には乗ってもいないバスを描いていたこのしゃもじ、切手を貼れば定型外郵便で発送できるということなので、その場で切手を購入して千葉の実家へ送りました。

宮島にはわざわざ雨の日に来ることが無いので、この隙間だらけの雨避けだか日避けだかが雨の日にどのくらい効力があるのか見たことがありません。晴れている日は光が柔らかくなるのが良いですね。

何もすることがないときは、もみじまんじゅう食べ比べがお薦め。1個70円~100円くらいでばら売りしています。
焼きたてが絶品とRyocoお薦めの「もんぶらんもみじ」を販売している坂本菓子舗 ( さかもとかしほ )さんに寄って、できたてのもんぶらんもみじをいただきましたが、できたては皮がパリっとしていてとても美味しくいただけました。 冷めるとずいぶん印象が違ったので、お土産にというよりは是非現地でどうぞ、という感じです。

自分の記憶の中では初めて厳島神社拝殿。いつでも行けると思っていつまでも行かなかったのです。たまたま満潮近くだったので、海に浮かぶ社の度合いが増しています。

修学旅行生を率いたガイドさんが、「この提灯は全部で108つあって‥」と説明していました。海に浮かぶ建屋、というだけでなく、赤い柱と鉄の提灯の組み合わせも、非常に強く厳島神社らしさを醸していると思います。

晴れた日の日中は海面の反射もあって丹で塗られた柱や梁に下から光が当たるため、長い回廊も自然光で十分明るく、また下向きの面が明るいという不思議なライティングになっています。

丁度七五三で、おめかしした子ども連れの家族でも賑わっていました。ホント、散歩コースなお手軽さで訪れることができるので、今年こそ紅葉のハイシーズンを逃さずに訪れてみたいものです。

きらら☆

土曜日はきらら☆練習会へ参加してきました。広い会場に参加者10名。場所はいつものブロックではなく「内陸」のブロックでした。ドームから離れてギャラリーはなくなりますが、その分苦情は減るんじゃないかと思います。ただ路面がドライでも滑る。見た目には荒れていないのですが、舐めるようにフロントからスリップダウンすること数回。

手持ちの中古ディアブロSC1を使いきろうと思って走り回ったあと、本番用のアンビートンに履き替えたら、ディアブロに合わせ過ぎたようで調子が狂いました。それでも数本走って1分40秒のコースでディアブロより1秒アップしたので、アンビートンの方が僕には向いているようです。

この日は右ばかりコケて、いやてけって、いやげちってハンドルが歪んでしまったのでおしまいにしました。さあ、来週は愛媛ダンロップ杯最終戦!‥と思っていたのに、日曜日は正規出勤日になってしまい、ちょっとトホホな今週です。今シーズン、これで終わりか‥?

三冠王さん5周年

よく飲みに行く鉄板焼き屋さんが5周年を迎えるということで、5周年記念リニューアルを目指して6月から地道に手がけてきたWebサイトが公開になりました。

 お好み焼 鉄板焼 三冠王:http://okonomi-sankanou.com/

カープとサンフレッチェとプロレスとAKB48とアニメと萌えのお店。
Webサイトの新装オープン目指して店長考案のキャラクターをつくったりして、少し萌えったページに仕立てました。
まだ全体的には淡泊なページですが、ちょっと逝っちゃってるページ目指して更新していこうと思います。
お店の方も、どうぞよろしくお願いします。

モンキーR

よくよく考えたら、バイクの絵を描いたことがほとんどなくて(<らくがき程度ならありますが‥)、たまたまバイクの絵が必要な機会に恵まれたので1台描いてみました。懐かしのモンキーR。

1987年デビューなんだそうです。僕はまだ免許取得前でバイクに乗りたくてウズウズしていた頃ですから、この時代のバイクはどれを見ても胸がトキメキ☆ます。その中でも、モンキーRは今見ても古臭さを感じませんね。今買っても使い道に悩むので、食指は動かないですけれど、僕の中ではデザイン・いろんな意味でのバランスに「破綻のない名車」として心に残る1台です。

Home > Archives > 2011-11

Feeds
Meta

Return to page top