Home > Archives > 2011-05

2011-05

アップステップ

以前作ったスチール製のアップステップアダプターが、度重なる転倒でグニグニになってしまったのと、今のポジションではブーツのつま先が削れるのが気になってしまうので、ステップ位置を高くするアダプターを作成しなおしました。今回はステンレス板にしてみたのですが、ステンレス、硬い。前回3mmの鉄板を使いましたが、2mmのステンレス板の加工の方が断然大変。これで耐久性が低かったら泣くなぁ。アルミでもう1枚サポートを作って重ねて使うかなぁ。

組んでみて気づくのは、グニグニになっているのはアップステップアダプターだけじゃなくて、ステップホルダーやチェンジペダルやシフトロッドなどもそれぞれ微妙に曲がっていたということ。平板さでは正常な新しいパーツをつけると、微妙にお互いが干渉してうまくつかなかったりひっかかったりで、結局いくつかストックしてある予備パーツを使う羽目になりました。まともな状態を維持し続けるのは、難しいというか、ムリですねー。

フロントフォークメンテナンス

オイルシールが逝ってしまったのか、ここ最近インナーチューブにフォークオイルが汁々していました。しかも左右。原因不明です。実は今つけているのはスペアのフォークで、もう1セットも汁々してました。積載方法など、平常のマシンの管理方法に何か根本的な問題があるのかもしれません。

今回は、バラしてシールの状態を確認するついでにオイルを交換することにしました。1年も使っていないフォークなので、出てきたオイルはきれいなものでしたが、標準のカラーを1cmくらい切断してイニシャルを抜いた分、ダンパーで腰のあるセットをつくろうと、ヤマハの15番を標準油面で組んでみました。せっかく読んでいただいて得るものもないのもナンなので、今回分かったことは、フォークの底のボルト用の銅ワッシャ、ストレート(<工具屋)で買って来たM8用の銅ワッシャでは外径が大きくてNSRのフォークにはそのままでは使えないということです。グラインダで少し周囲を削って使いました。高いものではないので、純正品をまとめて買っておいたほうが、フォークのメンテが気軽にできて良いんじゃないかと思います。

いつもの公園

いつもの、といってもたまにしか来ないのですが、たまに来ると遊び方がだんだん過激になっていくところに子どもの成長を感じます。赤ちゃんだったのは2歳の誕生日までで、3歳3ヶ月にもなると口は立つし言うことはきかなくなるしで、すっかり子ども。

アヒテングストン

アサヒテングストンスキー場の駐車場をお借りしてのイベントを5月8日に開催しました。年内4回開催予定。詳しくはTractionのイベントページを参照してください。

いろいろ反省はあるのですが、路面の傾斜のきついところや路面状態の良い範囲は記録しておいたので、次回は敷地の中でも「おいしい」ところだけを使ってイベントしましょうね。

あと、日差し対策・雨対策を何とかしなくてはいけません。雨宿りできる施設がトイレしかないので(<トイレはビックリするくらいきれいですけど) 、タープの用意ができるといいですね。計測用のスターターも写真のように本体をスタートのそばにおいておくと雨の日に使えませんので、本体は屋根下で有線のリモコンスターターをスタート位置に置けるといいかと。暇があったら加工しておきます。

ホワイト餃子

ブログを書く暇がないくらい仕事も遊びも激しく忙しいのですが、写真は結構撮りためていてネタには困っていません。

千葉県野田市に総本山があるホワイト餃子。広島にも店舗があります。お持ち帰り餃子をまとめ買いして冷凍していたものを、妻子が実家泊の日に食べることにしました。油を大量に使うので、油跳ねが気になりますが、ビールの6本パックの紙ケースがバリアをつくるのにちょうど良いです。

出来の方は今一つ。IHヒーターで美しく仕上げるのはかなり気をつかわないといけませんね。

神戸ダンロップオートバイカップ第1戦

連休でしたので大会前後にもいろいろありました。でも全部書こうと思ってもその時間が取れなくてネタがお蔵入りしてしまいそうなので、せめて大会のことだけでも。とりあえず。

午前中から計測器のエラーが頻発して、出走したけど途中でとめられる、スターティンググリッドについたけどウォームアップに戻される、ということを再三繰り返しました。午前だけで出走3回、スタート位置には6回くらいついたと思います。午後も再走があって大会自体は結局手計測になりましたが、自分の場合はよりによって午前はフライングスタート、午後はペナルティ2回の走行が記録として残ってしまいました。

記録には残りませんでしたが、午後一の走り。

「初参加者は全員ノービス」ということで、僕や日本を代表するトップライダーの方々も皆ノービス(笑)。ある意味激戦区となりました。で、記録に残ったタイムではトップ比105%を切る事ができず、次回からC1クラスで出場です。C1の昇格ステッカーは「降格おめでとう」と言われながら渡されました。正直なにやってんだ、とショボーンだったのですが、気がついてみると悔しいからまた次に出場してやる!という気持ちになっていましたね。昇格を狙うという思いで参戦することはこの10数年ありませんでしたから、とても新鮮です。いろんなことがイイカゲンになっていたことにも気づいているので、基礎からきちんとマシンも走りも作り直してみようと思います。

B級昇格を決めたてけさんの走り。次の動作に向けて体が自然に反応している感じがします。毎日の基本動作の反復練習の賜物だと思います。昇格おめでとうございます。

余談ですが‥神戸の大会はジムカーナに傾倒しすぎていない普通のライダーの参加が多いことが印象に残りました。会場が神戸ポートアイランドのカレッジエリアのど真ん中ということや、会場の雰囲気づくりなど、自分たちの運営にはない華やかさ(というかアーバンさ)が大変勉強になりました。Tractionはもともと自分たちの走る場を自分たちで確保するということに徹して運営してきましたが、後継者の確保も含めてもう少し参加者の層を幅広くしていかなくちゃいかんなぁ、と最近良く思っています。
ところで、告知する機会が少ないので何人集まるかが少々不安なのですが、5月8日(日)はアサヒテングストンスキー場駐車場で練習会です。広いコースを利用して初心者から上級者まで幅広く楽しめるコース設定中です。神戸の反省、また翌週の愛媛ダンロップ杯にむけて、基礎固めのために練習したいと思います。

Home > Archives > 2011-05

Feeds
Meta

Return to page top