Home > Archives > 2011-01

2011-01

サボりました。

スタート以来、欠かさず続けていたジョギング、サボりました。
よく、「走るのが当たり前になると走らないと気持ち悪い、ちょっとでも走りたいと思うようになる」という人の話を聞いて、身体に負荷かけて苦しいことするのにどうしてそれを継続したくなるんだろう?と三日坊主の僕は思っていました。長距離走が得意な従兄弟が毎日10km以上走るというのを聞いても、よく続くなぁ…と思っていたのですが、信じられないことに、今自分が毎日走りたい病です。走らないと気持ち悪い。ちょっとでも走りたい。
感覚的には子どもが体を動かしていないと気がすまない、動かして当たり前という感じに近いです。筋力つけるのが目的でもなく、記録に挑戦するためでもないジョギングがいいのかもしれません。そういえば昔ジョギングに挑戦して挫折したときは、前日までの記録を破ることにだけ燃えていました。
明日から再スタート。一応の目標は、なんでもない普通の日に10km完走です。

バイキングを通じて

うちの家族はなにかあるごとにしゃぶしゃぶバイキングの「露菴」に行きます。今日は「ナルキの誕生日」という理由で行ってきました。いろんな家庭料理的な食べ物のバイキング+豚しゃぶのお店です。
バイキング形式だと好きなものをたくさん、というよりはいろいろな味を楽しみたくて、以前は何でもそれなりにとってきては腹いっぱい食べていましたが、今日は野菜や刺身こんにゃくといった軽いものに手が伸びて揚げ物は一切とらず、食べる量も腹八分目。食べ方が明らかに変わってきました。
ためしてガッテンによると、「走ると痩せる」んじゃなくて「走ると(肝臓から何か出てきて脳がだまされて)食べる量が減って痩せる」んだそうです。自分の身体で実験しているようで、しかも変化が見えるのはおもしろく、楽しいですね。

眼鏡新調

眼鏡、新調してきました。
i-Athleteという商品。名称やテンプル部の形状からご察しの通り、スポーツ対応の眼鏡です。コンタクトも眼鏡も、ここ最近落ちた視力にあわせて作ったことがないので、今日はここ数年で一番世界がクリアに見えているんでしょうね。

ヘルメットを被ってはめてみた感想は‥フルフェイス(Arai RX-7 RR5)ではツルのエンドがまっすぐなので、ヘルメット内で内装と干渉してしっかりと奥まで眼鏡をはめられません。ジェットヘル(Arai MZ)でなら問題なくかけられますが、どちらにしてもこういう細長いレンズの眼鏡では走行中の上目遣いだとフレームが視界に入ってしまうので使い勝手は良いとはいえません。しっかりとバイクの運転をするときはコンタクトにするか、バイク用にもう1本、レンズの大きめの眼鏡を用意しなくちゃいけないってことですね。

いや、それにしても世界がきれいだ。iphone4の液晶やリビングのAQUOSがものすごくシャープにくっきり見える。

折れた

踏んだら折れた。心も折れた‥。

今までで一番長く使っていた眼鏡です。9年くらい使いました。フレームの塗装もボロボロだし、レンズもキズキズですが、どうしてそんなに長く使い続けたかというと、ヘルメットを被ったときにかける眼鏡として優秀だったからです。
最近の眼鏡ってデザインのカッコイイものはレンズの上下の幅が薄く、ヘルメットを被って上目遣いになるとレンズを通して風景が見えないんです。割と大きめなレンズで納得できるデザインのフレームをそれとなく探していましたが、なかなか見つからないんですよねぇ。

こんなになってもまだ片方のツルと鼻あてで顔に載るので、今ブログをそんな眼鏡をかけて書いているのですが、またこんな素敵なフレームに出会えるかしら。

別れの辛さ

別れの辛さって自分が相手に注いだ情熱や、相手が自分を理解している度合いが(勘違いだとしても)高いと感じるほど強くなるのではないでしょうか。

卒業に伴うお別れというと普通は3月の話ですが、高等学校では2月から3年生は登校しなくなるので、実質今が別れの季節になります。顔を合わせるのが当たり前だったのが、来週からプツリとなくなってしまうわけです。辛いなぁ。

ガタがきました

自分ネタばかりで恐縮なのですが、サブタイトルが「自分に売り込む忘我録」なので許して下さい。
職場の近所に「トッパチ」と呼ばれる空港沿いの直線道路があります。車が2台十分離合できる幅をもちながら自転車以外の車両進入禁止なので、24時間歩行者天国なのです。直線の長さは1.6km+トッパチの入口まで職場から1.8km。普段3km前後走っているところを調子にのってトッパチの突端まで往復6.8km走ったら‥体がガタガタになりました。3km程度普通に走れるようになったからって、急に距離を倍にすると、なまくらな40代の体じゃついていかない、というご報告です。

とりあえずの目標は高校の持久走大会以来の10kmを走ることにあるので、目標の達成はまだまだ先にあるということが分かりました。

心拍数測定アプリ

「Heart rate」はiPhoneで心拍数が測定できる、というアプリ。
いくらiPhoneの振動センサーが敏感だといっても、胸の上に置いて心臓の鼓動を拾えるほどスゴイわけではないので、どうやって心拍数を計測するか、というのが今日のビックリネタなのです。心拍数計測アプリによっては、自分の脈を自分の指で計りながら、同じタイミングで画面をタップするというものもあります。が、この 「Heart rate」はiPhoneのハードウェアを上手く利用して自動で脈を計測します。その方法とは‥

計測モードに入ると背面カメラ横のLEDライトが点灯します。ここに指を当ててやるとE.T.のように指先が光るのですが、この透けた指を流れる血流をカメラで読み取る、というもの。いや、ホントにスゴイ。

たまにエクセルの活用方法などで、こりゃタマゲタと思うものがありますが、この計測方法もこりゃタマゲタです。

NSR オイルポンプのメクラ蓋

てけ様への情報提供。NSR250Rのオイルポンプを外した穴をふさぐ蓋です。アルミ板削りだしの自作。シールはオイルポンプ用のOリングをそのまま使っています。

減量など

オッサンのダイエット記事なんて気にする人もいらっしゃらないかと思いますが、同世代で「元気がない」「腹が気になる」という人ももしかするといらっしゃるかもしれないのでご報告しておきます。
1月6日にはじめた「計るだけダイエット」、毎日2km~3kmくらい(15分~20分くらい)のジョギングとあわせて続けています。開始17日目の23日、前日の夜午前2時まで飲み食いをして帰った朝だというのに、体重はスタートから3kgも落ちていました(スタート:69.8kg→この日の朝:66.7kg、脱いで計ると66.2kg)。普段は着衣で計っているのでいい加減なところもあります。その後また増えて67.7kgで横ばいです。
これまで続けてみた続報としては、1)夜必要以上に食べると体重は減らない。 2)晩酌の量が我慢するわけでもなく減った 3)食べた直後でも意外と走れる(あまり食べないせいもあるかも) 4)21時過ぎても意外と走れる 5)苦しくなるほど取り組むと多分続かない 6)先日までパツンパツンだったGパンがスルリと履けた などなど。1ヶ月・3ヶ月・半年と続けてみて、また暑い季節がやってきたらどうなるかということをレポートするためにも、続けていきたいと思います。

多加津堂

うちで定番のもみじ饅頭はやまだ屋のチーズクリームもみじです。他社のチーズもみじがチーズチーズしたチーズが入っているのに対して、やまだ屋のチーズクリームもみじは甘酸っぱいチーズが入っていておススメできるおいしさです(しかも安い)。お土産にしてもとても喜ばれます。
で、宮島や宮島口(宮島=厳島神社のある島の方・宮島口=本土側)周辺にはもみじ饅頭屋が乱立しているのですが、多加津堂というおいしいもみじ饅頭をつくるお店が休業から復帰したという噂を聞きつけたので行ってみました。「看板が出てるから行けば分かるよ」という情報をもとに現地に到着すると、コンビニ度85%のお店。店の中も衣類や野菜などを扱っていて、地方のミニスーパーみたいなことになっています。レジの前にパラパラと売る気無さげに陳列されていたもみじ饅頭を3種類×5個ずつ買いながら、「この店のメインは何なのですか?」と美人の店員さんに尋ねてみると、「これです」ともみじ饅頭を指されたので、一応もみじ饅頭屋さんのつもりのコンビニなのでしょう。
暖かいお茶をサービスしてもらえる試食もあります。他社のもみじ饅頭は皮がカステラ生地ですが、多加津堂のもみじ饅頭は皮がもちもちの生地でできていて独特の食感が‥ってこの食感、どっかで味わったことがあるぞ‥と思ったらやまだ屋の桐葉菓(とうようか)じゃん、というオチ。あ、実際カステラ生地のもみじ饅頭よりは僕は好きです。おススメします。

こちらの詳しく紹介されていました。なんともみじ饅頭の元祖だそうです。
広島ニュース食べたいんじゃー

Home > Archives > 2011-01

Feeds
Meta

Return to page top