Home > Archives > 2010-10

2010-10

GSXR1000

今、ガレージで中TさんのGSXR1000を預かっています。僕の「乗ってみたいマシンベスト3」に入っていたマシンですが、「いくらでも乗っていいよ」と言われているのでたまに乗っています。その感想など。
普段僕が乗っているマシンはツーリング&ご普段用のTDM900、ジムカーナ用のNSR250Rですので、それらを基準にした感覚なのですが、とにかくパワーも足回りの良さも異次元です。パワーに関して言えば、一般道では恐くてパワーバンドへ入れて走れません。ローギアでは強烈な加速が、ハイギアではとんでもない速度が待っています。右手首をクルリと反したときのデジタル式の速度メーターの数字の跳ね上がり方は、どんなギアだろうと冗談のような勢いです。
加減速の際、きしみ・たわみ・ゆがみとは一切無縁の車体の剛性感を感じることができます。ものすごくガチガチの堅いコンパクトな塊りに乗っている気分です。足回りの良さも秀逸で、ただ堅いだけでなく、TDMではバタバタと跳ねてしまうような路面のギャップなど、まるで無視してトトっと何もなかったように通り過ぎてしまいます。
これ、一般道では完全にオーバースペックで、使いこなしたり扱い切るのは無理です。乗ってみたいマシンベスト3ではありましたが、欲しいマシンベスト3に入れるにはちょっと‥と考えてしまいました。

なのに。残念なことにGSXRに乗った後TDMに乗ると、ものすごい物足りなさというかやる気のなさを感じてしまうのです。GSXRを知らなければTDMでも十分満足できていたのですが、あっという間に頭打ちしてしまうエンジン、グニャグニャとだらしなく路面を舐める足回り等など、何をとってもプアなマシンに感じてしまう‥。大変困ったことになっています。

あー

練習したい。練習したい!

頭に浮かんでいる走り方の鮮度が高いうちに確かめたい!
四輪用のクランクのあるコースって、次にいつ走れるだろう。

ジムカーナJAPAN2010

今年は初の中部開催のジムカーナJAPANへ行ってきました。関東遠征に比べると、ひとりで運転できる距離でしたし、ずいぶん楽に思います。神戸なんか近いもんだ、と思ってしまうところも吉かと。

昨年の参戦の記録を読み返してみると、今回書こうと思っていたことがほとんど去年と一緒だったりして、結局1年成長も学習も挑戦もできていないなぁ‥と思いました。あ、いや今回は事前にハンドルを替えてみたり、プライマリギアの減速比を落としてみたり、アンビートン入れみたりとマシンを大幅変更して、身体を慣らすのは前日練習会て‥と思って参戦したところ、前日雨でなんにもならなかったというオチですから、準備がとにかくできていなかったというのが一番の問題。

 

第1ヒートはコースを見失って泳いだりオーバーランしたり。
第2ヒートのウォーミングアップでは速い選手の後ろを走っているうちに、やっといろいろ気づきました。特に走っているうちにフロントタイヤへの信頼性が高くなって、オフセットスラローム(<コースに設定された小さい方も大きい方も)はフロントノーブレーキで思い切りバンクさせるだけで突っ込んでいくと、走りも思い切りよくなるし、モーションは早くなるし、ラインが悪いと実現しない走りですから良いラインで走らざるを得なくなるし、で恐ろしくスピードアップしたのがわかります。フロントに入れたアンビートンのグリップとフィーリングがとても良く、ザクっとバンクさせることでタイヤがグリップしてフロントフォークを沈めているのが良く分かり、フロントブレーキをかけずにリズミカルに走るのがとても気持よい。これまでおいて行かれていた選手に遅れることもなく、攻めたい放題な感じで一人盛り上がりして迎えた第2ヒートは、気持ちが大きくなりすぎて、高速セクションは気持よく走れたものの、2箇所のタッチラインと回転は気持ちの切り替えができずにどれもガタガタで、また2速で思い切り引っ張ってオーバーランとか、ゴール手前の直線でも2速にいれたら、ゴールボックスから飛び出しそうになってしまう、とか‥とにかくもっとマシンに馴染まないとタイムに繋がらないっぽいです。
戦力は上がったと思います。新しいマシンに乗り換えたつもりで、じっくり研究ですね。

以下、大会後の雑感。
ここ2年間ほど、Tractionでは個人練習主体で来る者は拒まず・去る者は追わずな姿勢で取り組んできましたが、これって結局個人個人のモチベーションに依存して、せっかくジムカーナに興味をもってくれた方々がジムカーナを楽しく続けられる環境を作っていなかったのだと気づいています。だって僕自身のモチベーションもガタガタですもの。個人に依存すると、タイムや気分が上向きなときは良いですが、下向きになると気持ちがあちこちに霧散してしまいます。そこで個人で取り組む練習会だけじゃなくて、本気で大会を開催して地域間の交流をしたり、クラス制を導入してクラスアップなどの目標をもって取り組めるようにしなくちゃいかんのではないかという思いに至りました。
過去の資産で生き続けられるような状況ではないのです。これから新しいコトはじめて積み上げて行かなくちゃいけないんじゃないかと思うのです。今回のジムカーナJAPANが終わっての来年への目標は、僕個人の走りがどうこういうものではなくて、地区対抗戦で入賞!コレ。もっと選手の層を厚くしていくこと。で、みんなが盛り上がれるんじゃないかと思うのです。
あわせて、エントリークラスの確保のための練習会も開催したいです。これまでHGCさんにおまかせしていた感もありますが、HGCさんに参加する方々の方向性の延長に自分たちがあるとは思えなくなってきたのでなんとかしていかなくちゃ、と。

会場確保が一番の問題ですが、遠慮することなく取り組んでいかなくゃいけない課題です。

Home > Archives > 2010-10

Feeds
Meta

Return to page top