Home > Archives > 2010-05

2010-05

iPadファーストインプレッション

ストレスなし。というのが最初の感想。自分の使っているiPhoneが3GSではなく3Gだからということもあるかもしれません。

実際に触る前は、もう少し画面が大きければいいのに…と思っていましたが、実際画面を直接手で触って操作することを考えれば、従来のPCのモニタのように大きければ大きいほど良いというものでもなく、手のひらの大きさを基準に考えるとこのくらいが「手の届く範囲」に全てが収まっていて丁度よいと強く感じるところです。
今回購入したモデルはWi-Fiモデルで、いつでもどこでもオンラインというわけにはいきません。大変不便に感じます。ネットワークに接続できていない状態で楽しめるものって、写真とか動画とか本体にデータとして存在しているコンテンツだけということになりますが、それじゃ面白くないと思っている時点で、ずいぶんクラウドにある情報に頼る時代になってしまっているなぁ、ということをあらためて実感させられました。

また、iPhoneを広めて日本で2年、世界で3年のタイミングで発売したのがとにかくスバラシイと思いました。というのは、iTunesやAppストアなど、オンラインでコンテンツを購入するシステムが充実しているということは、他の類似商品に対抗するうえでこの上ないアドバンテージになるからです。仮にハード的に他社が追従してきて、他社がより良いハードを投入しても、おそらくユーザーは「つまらない」と感じてしまうと思います。

で。正直もう飽きました。というのはiPadに特化したアプリケーションがまだまだ少ないのです。iPhoneのようにいろいろ落してみては一喜一憂するような楽しみ方ができるほど専用アプリが充実していません。これはそのうち解消されることですけどね。
普段普通のPC操作でハードウェアキーボードを使っているときはホームポジションに指をのせていますが、iPadのソフトウェアキーボードでは指の接触に反応して文字が入力されてしまうので、iPadでの文字入力は「余計なキーに触ってはいけない」という特殊なポジションで入力することになります。iPhoneの時はもともとキーが小さくてホームポジションに指を置くということができませんでしたので、フルサイズに近いタッチパネル式のキーボードならではの欠点ですね。
Apple純正のBluetoothキーボードとペアリングさせて使ってみましたが、これは本当にスバラシイと思います。コマンドキーを使用したキーボードショートカット(全選択やコピーペースト)等も使えます。純正キーボードらしく、ファンクションキーを使用して輝度調整やボリュームコントロール、iTunesのコントロールも可能です。iPad自体が小さいのでキーボードと一緒に持ち歩くとなるとキーボードが極端に邪魔に感じますが、文字入力を大量に行う必要があるならば、Bluetooth接続のキーボードは必携だと思います。
iPhoneユーザーの方なら、購入初日にバッテリーを使いきってしまう経験をされた方が多いのではないかと思いますが、iPadはバッテリー動作ということが意識から抜けてしまうくらい、バッテリーの残量が減りません。公称10時間というのはウソではない感じです。ちなみに、充電には附属の専用アダプタが必要で、iPhoneのACアダプタとは互換がありません。PCとUSBケーブルで接続しても表示上は「チャージしていません」という表示になります(でも、緩やかにチャージはしているようです)。

いつでもどこでもサクっと起動してサクサクとネットに接続という使い方は、これまで携帯電話以外では経験のないことですが、ついに本格的なネットワークへの接続環境が「家電感覚」で使える時代がやってきた、というのが僕の印象。実際に触ってみると、事前に写真やスペックで予測していた使い心地を、簡単に裏切ってくれました。

iPadフィーバー

午前8時の臨時開店直前の、広島パルコ前店の様子。他地域のフィーバー振りに比べれば、ちょっとさびしいくらいでした。開店直前で20人くらい並んだかな。iPhoneの所持率が恐ろしく高い集団でした。
地元新聞・テレビの取材が来ていて、前の方に並んでいる人中心に取材の嵐でした。当日購入の列で2人目に並んでいた僕はすべての局の取材を受け、中でも広島テレビさんは職場までやってきて、開梱する様子や同僚と談笑する様子をものすごくうまい具合にまとめて夕方放映されていました。

2日前までは購入する気がなかったのに、広島弁で語られるiPadの紹介ビデオと、たまたま午前10時半までは仕事を空けることができる日という運命的なものが決定打となって、当日購入することにしました。加えて2年前、iPhoneを発売当日に購入しなかったら、その日の世間のiPhoneフィーバー振りに乗り遅れて大変しょんぼりする羽目になってしまった経験も正直大きいと思います。

夜になっていろいろアプリをインストールしてみてはいますが、iPhoneの時ほどときめきはありませんね。アプリの種類がまだまだ少なすぎるのです。直感的な第一印象は「手に取るととても小さく感じるのに、使っていると大きく広く感じる不思議なツール」。

ミレニアムファルコン建造中

地道に毎日作ってます。
大抵こういうものは一気に作ってしまう性質なのですが、このモデルに関してはパーツがあまりにも多すぎて&細かすぎて、長い時間連続してつくる気が失せてしまいます。そこで寝る前の1時間くらい、説明書の半ページ分ずつくらいコツコツと組み立てています。今日は上面と下面がドッキングして、やっとファルコン号らしい形になってきました。

機体の細かい出っ張りやディテールはほとんど接着でくっつけたパーツです。裏面も似たようなもの。先日1/144スケールのモデルが発売されましたが、この辺のディテールはどうなってるのかが気になります。
組み立てはとにかくめんどくさいですが、エアブラシを購入したので塗装するのがとても楽しみ。あ、塗装というかウェザリングが楽しそうですね。

このモデルがどのくらいコアな方々に愛されているかというと、
ファインモールド1/72ミレニアムファルコン制作記
Urotake’s Modeling Blog うろたけのモデリングブログ
遮断呆人Studio-ACCESS<ここが一番スゴイかな。他のモデル制作記も凄すぎ。
あたりを見てもらうとよくわかると思います。

時間があればいろいろ仕込みをしてみたいのですが、うちはとりあえず組み立てて塗装して、便器の蓋にするだけです。

iPhoneクレードル

今更ながらiPhoneのクレードルを購入しました。新型iPhoneが出たら、底部の形状が違うので使えなくなるんでしょうね…。
チャージ中に起動しておくアプリを探していたのですが、「FlipTime」というパタパタめくれる時計アプリが大変格好良くて気に入ってます。これがあるのとないのでは、机周りのお洒落さがずいぶん違いますねー。

島巡りツーリング

仕事で大崎上島へ行くことになりました。大崎上島には本土から橋がかかっていませんので、フェリーを利用して渡ることになります。そこでまずは竹原へ。
広島市内の渋滞を抜ければ竹原までは山間のアップダウンするワインディングを抜けてあっという間に到着です。この日は朝イチで職員検診があったのですが、先日胃カメラを飲んだのを理由にバリウム検査はナシにしてもらいました。下剤飲んだら、いつピーゴロになるかわかりませんものね。

竹原から大崎上島には約30分間隔でフェリーが出ています。ヘタな田舎のローカル線よりも便利かもしれません。島までは約30分。フェリーは操舵室の横まで立ち入り可なので、船マニアな方にはステキな環境です。

操舵室の後側は簡易ベッド、ダイニングテーブル、流し台に電子レンジと、そのまま普通に生活できそうな空間になっていました。

このあたりは大小さまざまな島が点在しているからか、波が驚くほど穏やかで、海というよりは湖を航行しているような感覚です。

上陸してからちょっと時間があったので、1周30kmほどの島を巡ってみました。地図で見ると大きく感じたのですが、走ってみると拠点間はあっという間に移動できる島です。ほぼ全面2斜線の良い路面で、無駄に道がきれいな感じ。

島の周り、特に本土側は島というよりは岩がポツンといくつも飛び出していて面白い風景になっています。浅瀬なんでしょうね。

さて、島での仕事を1時間少々で済ませて帰路につきます。島には自宅方面に向かってフェリーが乗り入れする港が3箇所あります。どこから帰っても良いのですが、一番小さそうな港を目指して島の裏側まで走ってみました。
海岸線は回り込みのきつくないワインディングが延々と続いています。島並みが美しくて気持ちイイ。

便数の少ない明石という港からの航路は地元高校生の通学ルートなっているようで、丁度平日の下校時間ということもあって利用者の半分以上は高校生でした。この船は大崎上島から大崎下島へ渡る船です。大崎下島からは橋をつないで本土へ戻ることができます。

島の間を遊覧船のように縫って20分弱で隣島の大崎下島へ到着。定員22人のフェリーはブリッジを支えている壁の部分が安宿の廊下のようなキャビンになっていて、大変趣のある船でした。エンジンも小排気量のエンジンを元気に回して走る感じ。

大崎下島からは豊島~上蒲刈島~下蒲刈島~本土と、橋をつないで戻ることができます。3年前に来たときは上蒲刈島までしか橋がかかっていませんでしたが、それぞれ随分立派な橋でつながっていました。

ほぼ円形の豊島の一番高い山頂に向かって「空海展望台」という案内が出ていたので、登ってみました。名前の通り、空と海がつながるような広々とした風景が見えるものかと期待していたのですが‥山頂の展望台には何故か鐘撞き台、その脇にはでかい坊主の像。「そらうみ展望台」かと思っていた読みが瞬間的に「くうかい展望台」にスイッチしました。実際どっちなのかはよく分かりません。

呉を通って帰るのでちょっと寄り道して、生の鉄くじらがゴロゴロしている海上自衛隊の潜水艦基地へ。今日は10隻近い潜水艦が浮かんでいいました。他にも駆逐艦やら双胴の輸送船やら、結構な至近距離で海上自衛隊の船舶を見ることができます。

呉からは広島呉道路を使って、最近開通した広島高速3号線で吉島まで一気に帰ってみました。交通量が少なければ、呉から広島の中心地まで20分弱です。これまでブツブツに切れた道路で使い勝手がいまいちだった広島高速ですが、やっと都市高速として機能するようになってきたように思います。

それはそれとして。今日は200km弱の島巡りツーリングでしたが、6つの島を巡る旅で充実度は満点。ワインディングも風景も満喫できるのに加えて船旅でホッと一息つけるこのルート、夏に向けて天気の良い日にはオススメルートです。

荒川修作とその作品

荒川修作、好きな作家さんでした。亡くなられたそうです。享年73歳。

あたりまえの感性や慣性を否定して、あらぬ角度から刺激してくる作品に驚かされることがしばしば。美術館の中で作品を観るというよりは、荒川修作の作品の中に小さな自分が入っていく感じのものが好きでした。「養老天命反転地」とか。養老天命反転地は長軸が100mちょっとの楕円形をしたすり鉢状の作品で、中は垂直水平がほとんどズレてます。垂直水平慣れした現代の普通の人が訪れると気分が悪くなったり、転んで怪我をしたりすることがあるそうです。使用方法を読むだけでも面白い。

養老天命反転地 使用方法
◆極限で似るものの家

  • 何度か家をでたり入ったりし、その都度違った入口を通ること。
  • 中に入ってバランスを失うような気がしたら、自分の名前を叫んでみること。他の人の名前でもよい。
  • 自分の家とのはっきりした類似を見つけるようにすること。もしできなければ、この家が自分の双子だと思って歩くこと。
  • 今この家に住んでいるつもりで、または隣に住んでいるようなつもりで動き回ること。
  • 思わぬことが起こったら、そこで立ち止まり、20秒ほどかけて(もっと考え尽くすために)よりよい姿勢をとること。
  • 知覚の降り立つ場:あらゆる出来事を識別すること
    イメージの降り立つ場:知覚の降り立つ場と場のすき間を充たすところ
    建築の降り立つ場:ディメンションや位置を確かにすること
  • どんな角度から眺める時も、複数の地平線を使って見るようにすること。
  • 一組の家具は、他の家具との比較の対象として使うこと。
  • 遠く離れている家同士に、同じ要素を見つけること。最初は明らかな相似を見つけ出し、だんだん異なる相似も見つけ出すようにすること。

◆楕円形のフィールド

  • バランスを失うことを恐れるより、むしろ(感覚を作り直すつもりで)楽しむこと。
  • 楕円形のフィールドを歩く時、「極限で似るものの家」の光景をできるだけ思い出すこと。そしてその逆も試すこと。
  • 空を、すり鉢形の地面に引き下ろすようにしてみること。
  • 5つの日本列島のそれぞれを、自分がどこにいるのか位置付けるために使うこと。
  • 日本と呼ばれる列島との、見えたり見えなかったりするつながりで、自分がどこにいるのか常に問うこと。
  • 進む速さに変化をつけること。
  • フィールドを歩く時に、取らなければならない極端な姿勢を、近くの形と遠くの形の両方に関連付けること。
  • 不意にバランスを失った時、世界をもう一度組み立てるのにどうしても必要な降り立つ場の数、種類、位置を確かめること。
  • しばしば振り向いて後ろを見ること。
  • 一度に焦点を合わせて見る場所(知覚の降り立つ場)は、なるべく少なくすること。
  • 実際に通っている所と同じくらい目につき、興味を引かれる所、あるいは降り立つ場があれば、すぐ、もうひとつの出来事が起こっている所として出来るかぎり見極めること。
  • 距離をつくっている色々な出来事のつながりを確かめるために、「精緻の棟」を利用すること。
  • 「白昼の混乱地帯」の中では常に、ひとであるより肉体であるよう努めること。
  • 何かを決めるために、あるいは以前決めたよりもより繊細に、またはより大胆に(あるいはその両方に)なるために、「もののあわれ変容器」を使うこと。
  • 「地霊」の中では、地図上の約束を忘れること。
  • 「宿命の家」や「降り立つ場の群れ」と呼ばれている廃墟では、まるで異星人であるかのようにさまようこと。
  • 「切り閉じの間」を通る時は、夢遊病者のように両腕を前へ突き出し、ゆっくりと歩くこと。
  • 「陥入膜の径」を通り抜けたり回ったりする時は、目を閉じること。
  • 「運動路」の中や外では動作を繰り返し、そのうちの1度はゆっくり行うこと。
  • 「想像のへそ」の中や外では、後ろ向きに歩くこと。

<以上、養老天命反転地Webページより引用>

使用説明書をながめるだけで、(かつての僕がそうであったように)訪れてみたくてたまらなくなるところじゃないですか?説明文の随所に「自分の立ち位置を常に確かめながら、確かだと思えるものがいかに曖昧なものか」を確認することを強いていますね。

あたりまえの日々やあたりまえの生活を基準に物事を考えると、あたりまえではない事象に対処できなくなる。でも、あたりまえでないことがあたりまえなら、全ての出来事を常に新鮮に・素直に受け入れることができるんじゃないでしょうか。と、訪れる者の立ち位置が「あたりまえ側」にあるのか「そうでない側」にあるのかをふるいにかけるために存在するような、そんなことを考えたり、気づかされたりしてしまう場所でした。お薦めです。中部方面にお出かけの際は、是非どうぞ。

あらためて、荒川修作ご本人のご冥福をお祈りいたします。

こんなiPhoneアプリが欲しい

フライング検知機能付きシグナルツリー&ゴールセンサーをドックコネクタに接続することで、タイム計測を集中管理できるiPhoneアプリ。

★主な機能

  • シグナルスタート式1/1000タイム計測機能(フライング検知機能付き)
  • フライングやリザルト、パイロンタッチの管理がタッチパネルで操作可能
  • タイムの読み上げ機能(男性・女性のボイス選択可能)
  • iPodの任意のプレイリストを再生しながらの動作
    (タイム読み上げとは別の音量コントロール、もしくは読み上げ時にBGMの自動ボリュームダウン機能)
  • 特定のゼッケン番号の選手には特定のBGMを割り当て再生
  • クラス別タイム順などのソート機能
  • リアルタイムのトップ比表示
  • リザルトをCSVでメールに添付・送信
  • 大会速報の自動ツイート機能

iPhone/iPod touchで計測やBGMの管理できると、ホント便利でしょうね。あとはマイクとアンプ用意すれば大会開けますものね。それほど難しい機能ではないと思うのですが、どなたか、SDKで…

Traction練習会

ビデオはなりなり撮影のものを拝借。
いろいろとガックシなわけですよ。ビデオ見る限りではそれほどひどい走りなわけじゃないのに、当日トップのおかぢむに3秒差。大会用の最終調整に計測しておこうとホイール交換をしようとしたら、アクスルシャフトとナットが固着して回らなくなってしまい、ディスクグラインダまで使って無理やり外したら再利用不可になってしゅーりょーとなったわけですが、それでもタイヤ新品にしても3秒は埋められないなぁ‥と。
イベント用品の忘れ物もあれこれ。四国からは8の字GP24秒台突入という声も聞こえてきたし。身の回りの環境がやっと安心してジムカーナできるようになってきたところなのに‥オッサン、そろそろ現役引退して、たしなむ程度に楽しむか?と、真剣に悩んじゃう1日でした。

ミレニアム・ファルコンのある生活

家を建てる前、トイレの壁には絶対にミレニアム・ファルコン号を飾ろうと思っていたのに、Ryocoにプレゼンするとことごとく却下されてしまいました。そのうち、ヤフオクでもファインモールド社のミレニアム・ファルコン号が流通しなくなり、Ryocoに購入許可をもらった上でしばらく探してはいたのですが‥ついにほぼ定価で手に入れました!

1/72のミレニアム・ファルコン。全長40cm以上になります。届いたパッケージは恐ろしくデカい。さすがに2万円近くするこのプラモデルを模型屋で購入するのは、結構勇気と決断力が必要かと‥。自宅配送でよかった。

箱を開けてみると、これでもかというくらいファルコン号が‥幸せだなぁ‥。

うちに来られた方はご存知かと思いますが、現在自宅のトイレは写真がベタベタ貼られているので、当初予定していたトイレ正面の壁にファルコン号‥というわけにはいかないのです。んー、サイズ的には便器の蓋に丁度いいかな‥。

2010神戸ダンロップ杯第1戦

ゴールデンウィークの家族旅行も兼ねて、神戸へ行ってきました。前日昼前に広島を出発して、有馬温泉→神戸のビジネスホテルという流れ。当日は風もあり、気温もあまり高くならない好天で、最高のジムカーナ日和でした。

第1ヒートはボロボロです。コースの進入口を間違えたのを皮切りに足つき数回。参加人数の関係で僕のクラスは全員入賞間違いなしなのですが、せめてタイムを残して帰りたいと第2ヒートに臨みます。
で、上の動画(どなたの撮影か分かりませんが拝借しました)。走り終えてそれなりにミスなく走ったつもりだったのですが、中盤の千鳥の入りに失敗したので、そこでかなりのタイムロスです。結果、普段練習しないおかぢむに遅れること0.08秒のB級2位。1ヒートから油断せずにきちんと走ることが大切ですね。

ここ数ヶ月、短期間ではありますが練習した成果は身になった感触はありました。やれる範囲で大体イメージどおりに走れています。でも、もっとシャープに突っ込んでクルリと旋回する練習と、初期動作はやわらかく踏み込んだときに腰のあるセッティングを作っていかなくちゃなぁ‥と次へつながる収穫のあった大会でした。
余談ですが、しのぴーと話す機会があったので8の字GPについて尋ねてみたところ、ホントに25秒台で走るようです。ウォーミングアップで並んで8の字をしていたら、あちらがあわせて走ってくれましたが、1ターンごとに差が開いていくのが分かりました。技も精神も、もっともっと磨かないと心から喜べないキビシイ世界です。年齢が‥とか言い訳せずに、もう少しがんばってみようと思います。

Home > Archives > 2010-05

Feeds
Meta

Return to page top