Home > Archives > 2010-04

2010-04

今日の練習

先々週、ディアブロSC1をフロントに履いてあっさりと8の字GPで自己ベストに近いタイムが出てしまったので、これがタイヤのスペックが原因なのかを確かめるために、今日はフロントをBT39SSに戻して932練習場へGO!
結果、 更に自己ベストを更新して26秒台に入りました。タイヤのせいじゃなかったのか‥。ディアブロSC1とBT39SSでは、値段が倍以上違うので、同じようなタイムがでるならBT39SSで続けようかと思います。

動画はtacさんとこから拝借。この動画で27秒ちょいですが、自己ベストで26秒98が出ました。
タイムアップは動作がなめらかになったというよりは、より動きがダイナミックになって速くなった感じです。まだギクシャクしているので、この動作に慣れればもう少しタイムアップしそうな感じです。

おなじみのハイスピード撮影動画。右ターンのブレーキングで車体が起きてしまうのを意識して抑えているので、大分右ターンもバンクさせたままクルリと回るようになりました。思えば、このハイスピード撮影のおかげで自分の癖や課題があれこれ見つかったわけで、カメラを導入していただいたtacさんにはホントに感謝です(撮影も感謝です)。

サイドビュー。左ターンは遠慮なく車体を落とし込んでいますが、右ターンはまだ躊躇している感じ。まだまだ直していかなくちゃいけないトコがあります。

ウワサでは25秒台が居るという8の字GP。26秒台前半の走りでもいいので、何が違うのか見てみたいですね。

毛利武彦先生

10年ぶりに仲の良かった大学時代の同級生から実家に連絡があったと思ったら、自分たちの在学中に主任教授で退官された毛利武彦先生の訃報の連絡でした。
毛利先生はスラリと背が高く、眼鏡の奥の眼はいつも温かいまなざしで、派手さはありませんがいつも物事の本質をズバリとつぶやくような先生でした。皆を愛して、皆に愛される、大変人望の厚い方でした。山本丘人に師事され、創画会の重鎮で、母校の名誉教授という立場でしたが、そんな肩書きなどは抜きにしてもカッコイイおじいちゃんでした。
今にして思えば、学生時代の大事な時期に、先生から頂いた言葉から僕もずいぶんと影響を受けているように思います。

たとえば、先生はよく学生に「手を動かしなさいよ(写生をしなさいよ)」と言われていました。後に先生が「ボクが学生時代に描いたスケッチブックを積んでいったら(平積みしていったら)、僕の身長よりも高くなったなぁ‥」と言われている話を聞いて、人に何かを言うにも仕事量の少ない人が身の丈を超えたコトを言うのはカッコ悪いし、文字通り身の丈を超えた修練を積んだ人こそ、初めて人に意味のある何かを物申すことができるのだろうなぁ‥と思いました。

また、僕らが学生の頃は、画材屋で既製品のパネルを購入すると値が張るので、多くの学生は近所の材木屋でベニヤ板や垂木を調達してきてパネルを自作していました。僕が適当な縦横比で裁断したパネルを使って描いた作品を講評していただいたとき、毛利先生は開口一番、「この画面の縦横比は不安を感じるね‥」と言われました。50号、100号といった規格サイズの画面は不思議なことに縦横比が数字に応じた等倍ではありませんが、先人たちがその画面の大きさや比率に美しさや安定感を求めて定まった比率なのでしょう。後日、美術の仕事をするようになってしばらくしてから、自分の作品を見直したとき、自分も画面の縦横比に気持ち悪さを覚えました。ベーシックなものの良さ、規格に込められた意味を理解せずに仕事をしても、第一印象で「不安を感じる」わけで、物事の常識や基礎基本を押さえた上に自分の仕事を載せていくことが大切だということもそのときに諭されたように思います。

芝道成寺で17日お通夜、18日告別式だそうです。お世話になった先生方も、大学時代の同級生も、多くの人が集まることでしょう。僕は広島から先生のご冥福を心よりお祈りしたいと思います。本当にお世話になりました。また、ありがとうございました。

一括ユーザー追加

毎年春には100件以上のユーザーを新しくWindowsサーバーに追加する業務があります。ちなみに僕はシステム管理者ではありませんが、自分のケツは自分で拭けた方がいいと思うので自分でやっているだけです。でもこれ、年1回の作業なので、いつも一括追加は手探り。今年こそは記録をとっておこうと思ったので、とりあえず備忘録です。

Addusersを入手
ここからゲット。
ftp://ftp.microsoft.com/bussys/winnt/winnt-public/reskit/nt40/i386/addusers_x86.exe
サーバーのCドライブ直下に置いておく。

ユーザーリストの作成
エクセルでリストの作成。
A1セルに”[User]”と入力
以下2行目の各セルに
ユーザー名,フルネーム,初期パスワード,説明,ホームドライブのレター,ホームフォルダのパス,プロファイルパス,ログオンスクリプト を入力。うちの場合、
f10001,広島太郎,password,2010年度入学,Z:,\\server\f10,,
これを全員分作成。

全員分作成したら、グローバルユーザとして登録するために”[Global]”と入力して、次行以降にグローバルグループ名,コメント,ユーザー名1,ユーザー名2‥ と入力。うちの場合、
f10,2010年度入学生徒,f10001,f10002,f10003‥

参考例)

CSVファイル作成
上記ファイルをCSVで書き出し。
日本語を使用する場合はUnicodeに変換するために、メモ帳などのエディタで開いてUnicodeで別名保存。

ユーザー追加
出来上がったCSVファイルをサーバーのCドライブ直下へコピーして、コマンドプロンプトから、
C:\>addusers /c user.csv /p:e
でユーザーが追加される。/p:eはパスワードを無期限にするオプション。

ホームディレクトリの作成
話が前後しますが、サーバーに各ユーザーのホームディレクトリを作成しておかなくてはなりません。一括でフォルダを作成するにはユーティリティソフトを使用する方法もありますが、make directryのバッチファイルを作成して実行するのが楽ちん。
md D:\共有フォルダ\f10\f10001
md D:\共有フォルダ\f10\f10002
md D:\共有フォルダ\f10\f10003
といったテキストのリストを作成し(量が多い場合はエクセルで作成してCSVで書き出し)、拡張子をbatに書き換えてサーバー上で実行するだけ。

最後にサーバー上でグループやOUの設定をしておしまい。

932練習

先日の週末の話ですが、今年4回目の練習。月イチ(笑)?
前回の練習で右ターンで車体が起きるのが早いことがわかったので、右をなるべく寝かせたまま転がすことに留意して練習してみました。が、なかなか恐怖心が捨てきれずに思い通りにはいかないものですね。
例によってハイスピード撮影をしてもらいました。tacさんの動画を拝借。

切り返しで車体が直立するのが、右ターンの方が微妙に早いように見えます。寝かせたまま転がしきれてないんじゃないかと。
そうそう、この日は買い置きのディアブロSC1をフロントに履いて初めて走ってみました。「重いのに軽快」と、言葉にするとヘンな感じですが、フロントの接地感はずっしりとした感じがあるのに、走らせると軽快に走れる不思議な感触です。世間の目はダンロップのアンビートンへ移っているようですが、今頃ディアブロデビューなんて遅すぎますかね‥ま、今年4回目の練習というペースですし。
驚いたことに、8の字GPを計測してみたところタイムがすごい。2回目の計測で自己ベストに迫る勢いのタイムが難なく出てしまいました。直後に電池切れした計測器の調子がおかしいんじゃないか、という疑いもあるので、検証してみなくてはいけませんが、ホントにそのタイムが出ていたのだとしたら、恐ろしいくらい簡単にタイムアップできるタイヤです(って、いまさら書いても遅すぎる情報かもしれませんけど‥)。

Home > Archives > 2010-04

Feeds
Meta

Return to page top