Home > Archives > 2009-10

2009-10

粋なプレゼント

うちに泊まりにこられたマリリンさんが、新築祝いにとステキなものをくれました。
LED電球です。8.3Wの消費電力で60W相当の明るさを誇る実力派。うちでは以前住んでいたアパートでキッチンの作業用ライトとして使っていたクリップ式の白熱灯スポットライトが、現在はガレージのスポット用ライトとして使われているのですが、これの40Wの白熱灯と差し替えてみました。その結果‥非常に明るい!しかもレスポンスがいい!数年経てば「あたりまえじゃん」と言われそうなLED電球ですが、2009年の今現在、ガジェット好きな僕にとっては大変ステキな頂きモノです。ありがとうございました。

自動計測システム

シグナルツリーを使った自動計測システムが欲しいとずいぶん前から考えていたのですが、コンピュータ用の言語なんてHTMLくらいしかまともに使えない僕としては、プッ‥プッ‥プッ‥ポーンのサウンドをどうやって出力するのかさえわかりません。

先日ふと風呂上りにふと思いついたのは、プップップッポーンの音自体はMacを使えばMP3で作成できそうだなー、とか、サウンドの再生の制御ならVBAでできそうだなー‥なんて考えていると‥光電管センサーからの入力信号をVBAで判別させることができれば、エクセルとVBAで出走の管理からリザルト作成まで一括管理できるものができるんじゃない?と思いたちました。これまで誰も手がけていないということは突破できない壁があるのかもしれませんが、とりあえずチョコチョコと作ってみようと思います。どなたかVBAに詳しい方がサクサクっとサンプルを作ってくれるとうれしいのですが、いかがでしょう?

追記:
とりあえず実験で1/1000秒でタイム計測する簡単な仕組みを組んでみました。でもエクセルのVBAだと1/1000秒単位の計測は信用度が低いので、1/100秒単位の計測にするべきという話。

タイム計測システムサンプル(XLS:24KB)

さらに追記:
シグナルツリー風カウントダウン表示するものをつくってみました。

タイム計測システムその2(XLS:33KB)

離れてたからくっつかないこと

大学を卒業して18年にもなります。いまでこそ離れた友達と携帯やインターネットでつながりがもてたりしますが、僕たちの卒業した時代は友達に引越しでもされて連絡先が分からなくなったらそれっきり、ってことも珍しいことではありません。そんな中で、同級生の一人が以前からサイト運営をされていて、今でもあるのかなーと「じじくり」とキーワード検索してみたら、ありました。

じじくり www.jijikuri.com

元気に作家活動を続けられているようです。

その「じじくり」からのリンクに輸入岩絵の具の格安通信販売のサイトがありました。僕が岩絵の具で絵を描かなくなってからもう10年近く過ぎようとしていますが、当時は絵の具は日本画専門店で購入するものだというのが当たり前でした。「岩絵の具(特に輸入品)」と「通信販売(特にインターネット販売)」に接点はなかったので、なんだかとても不思議なミスマッチ感でいっぱい。「しばらく会わなかった級友同士が、いつまでも友達だと思っていたら結婚してた」というか。
それ以上に、画面で見る岩絵の具の色見本に衝撃をうけました(笑)。なんちゅーか、RGBで表現する256階調の3乗の世界では表現できないようなニュアンスっつーものが岩絵の具にはあるんだなぁ‥と、それを見てあらためて感じた次第です。

ジムカーナJAPAN2009

今年も行ってきました、秋の祭典。3連休の様子など。

■9日(金)出発~会場着
18時半に仕事上がりのzima君宅で合流してうちのNOAHにNSRとDRZを積み込んで出発。
今年は何のストレスも無く2人で4交代して4時半に首都高入り。渋滞もなし。
朝7時前に会場に着くと誰も居ないので車内で仮眠していると、しばらくしてJAGEスタッフが到着しました。

■10日(土)JAGE練習会
午前中はそれなりに。頭の中の電球が点いたり点かなかったり。
昼に本番タイヤに履き替えての午後、参加者が増えてにぎやかになってきたのもあってテンションもあがります。特にシノピーと永井さんの後ろを走らせてもらったあたりでテンションMAX。脳内電灯がビカビカ光りました。広島にいるとなかなか無い興奮で、これだけでも来た甲斐・走った甲斐があったなぁと思います。
今回は10周年記念ということで、前日からTOMINモーターランドのサーキットコースも貸切でしたが、サーキットはあんまりにぎわっていなかったようですね。僕も3週くらいでやめておきました。
この日はtacさん&なかちんが会場から50kmほど離れたうちの実家にお泊りです。用意してもらっていた食事はあんまり気取った感じはありませんでしたが、美味かったです。みなさん満足していただけていたようでした。前日の強行軍と練習会とで誰彼と無く落ちていき、22時には全滅。

■11日(日)ジムカーナJAPAN当日
ゲートオープンから30分後くらいに到着したら、もう最後尾に近いポジションです。すごいですね。ワンボックスカーの展示即売と難民キャンプを足して2で割ったみたいな会場になっていました。

今回はテクニック云々よりも普段のスピードがそのまま反映するようなコーススラローム的な割合が多いコース設定だったので、正直小細工でごまかしが効くようなものではありませんでした。第2ヒートのウォーミングアップで人に頼らなくても一人で盛り上がる方法が見つかったのですが、普段手を抜いている分、本番でも絞りきれない走りになってしまいました。これからの1年は「一人盛り上がり」をテーマに、アベレージスピードをあげる練習します。

結果は1分42秒055+P1でB級6位。生タイムでは105%切りましたが、ペナ分でなんちゃってB級です。表彰式では杉本奥様とタイムの記録が入れ替わっていたので、他の地方勢がB級上位を占めるなか、自分もそれに絡めなかったのかとガックリきていましたが、実のところは一応入賞ということで(105%切れなかったからポイントつきませんでしたけど)。

■~12日(月)出発~帰着まで
20時に毎年大会後に食事しているレストラン、むらやま亭を出発して東京を抜けるのに渋滞もあって2時間と少々。その後は順調でしたが人間がクタクタになっていたので何度もドライバーチェンジしながら広島でzima君を降ろしたのが7時半。交通費は、ガソリンが1,950km/159Lで平均燃費12.2km/Lの20,097円、高速料金が往路3,200円・復路4,100円で、往復合計27,397円でした。
そのままHGCのイベントに参加してみましたが、正直あまりのギャップに疲労感倍増。帰って昼過ぎに寝たらそのまま22時まで爆睡して連休終了。

今年は自分の中では直前まで全然盛り上がっていなくて、参加する意味あるのかなーと思っていました。でも実際走ってみるとまだまだ楽しいし勉強することはたくさん見つかるし、いろんな方々とお話できたのがまた楽しくて、「来年も」と思ってしまうのでした。
参加された皆様、どうもありがとうございました!

裏の整備

家の裏、うちでいうと北西側は、幅1mちょっとの細い土地になっています。何も整備していなくて土がむき出しになっているところですが、雑草が生え始めたのでなんとかしようと、バラスを撒くことにしました。

ホームセンターで土嚢に詰め放題のバラスを調達。口が閉じなくなるくらい詰め込んだバラスは、僕の力で車に持ち上げる限界に近い重量です。土地の広さに対する量の程度が分からなかったのでとりあえず6袋と、25kg入りのコンクリート(※追記:コンクリートと表記してしまいましたが、正しくはセメント。以下同じ)を2袋購入して2500円。

先にコンクリートを撒いてからバラスを載せていきます。コンクリートを撒くのは、植物の成長を抑えるためで、雨が降って自然に固まるのを待ちます。

コンクリートは1袋で充分だったし、バラスは全然足りないしで、もうちょっと何とかしなくちゃならないのですが、とりあえずはできあがり。これなら雨が降っても泥はねしないのがいいですね。

インテリアホン

シャープのインテリアホン、JD-7C2CLが届きました。スペックからでは拾いきれない部分のコメントなど。
全体の質感は、特に親機がフォトフレームとして見せることを意識した物なので、シンプル&お洒落です。親機の操作は全てタッチパネルでボタン類の突起も一切なく、本体側面のSD/メモリースティックスロットも蓋で隠してしまう構造なので、とてもきれいな製品です。ただ、タッチパネルが感圧式なので、パネルの表面はややウネウネしています(光を反射させると平滑でないのがわかります)。パネル操作の反応は個人的には合格点だと思います。指の腹で押すよりも、爪の先で軽く突く方が反応が確実なようです。
写真用の内蔵メモリは128MBと、イマドキの写真サイズからすると貧弱ですが、SD/メモリースティックは大容量のものにも対応ですので、困ることはないと思います。なお、スライドショーの際、内蔵メモリと外部メモリの併用はできません。スライドショーのトランジョンはフェードイン・フェードアウト(オーバーラップではなく、一度フェードアウトでブラックアウトしてから次の写真の表示が始まる)のみで、これを切ることもできません。フェードしていく階調は結構荒く、じっくり見ると滑らかにフェードしているようには見えません。スライドショーの表示間隔は5秒・10秒・30秒・1分・5分・30分…と24時間まで10段階用意されていますが、これ以外の時間を自分でセットすることはできません。親機に通話機能はついていないので、親機を1階・子機を2階で親子間通話ということもできません(親機のハンズフリー通話は是非実装して欲しいと思います)。
と、ネガティブなことを並べましたが、それほど気になることなわけじゃないんです。結構気に入っています。子機も、液晶の文字がやけにデカいところは気になりますが、バックライトが白い点や、ちゃんと押している感じがする(クリック感と反応音のタイミングがいい)ボタンなど、店頭で触ってみて買う気が萎えていた他社の電話機に比べると良いモデルだと思います。
実際、文書をファックスで送ってもらうよりメール添付でもらう方が圧倒的に増えてしまっているわけですから、ボタンだらけで機能を主張する割にはあんまり出番のない家庭用ファックスを置くよりも、インテリアとして置いておいても無理のないこの製品の方が、うちの事情にはピッタンコという感じです。

パーツ洗浄

先日のパーツ洗浄台を使ったエンジンパーツの洗浄の結果がいまひとつ納得いかなかったので、今回は加熱した洗浄液にドブ漬けで洗浄する実験をしてみました。使用した洗浄剤は前回同様、サンエスK1です。通常で3%の溶液を作るのですが、今回はひどい汚れ用の6%の溶液を用意しました。

煮ます。カーボンの塊になっていたRCバルブも熱湯の洗浄剤に漬け込みます。その他ナット類も煮てみました。

程度が分からないので10分くらい漬けて、水で洗浄してみたところ、排気ポートのカーボンがまだ取れていなかったのであらためて10分くらい漬けてみました。そのまま水圧だけで洗浄したら、排気ポートのカーボンはほとんど取れて地金が見えるようになりました。

カーボンの塊だったRCバルブは20分程の作業では固体の固着物は取れていません。ドライバーやワイヤブラシでゴシゴシこすっても完全にピカピカにはならない感じ。ナット類はキレイになりました。感激モノです。

もうちょっと大胆にやっても良い感じなので、ベストな濃度・ベストな時間を見つけるために、今回完全に掃除できなかったRCバルブを使ってもう少し効果検証してみようと思います。

新おうち建築 115日目

日陰になってますが‥外構業者さんがメギとアベリアを持ってきてくれました。緑ばかりでは単調になりそうなので、赤いメギを端に植えてもらっています。メギは落葉するそうなので、冬場さびしいことにならないかちょっと心配。
なにはともあれ、これで今回の自宅建築に関して業者さん絡みの内容は全て終了です。ひとまず完成ですね。

シンボルツリーの桂の木は若葉がじゃんじゃん出てきて毎日楽しいのですが、一番高い幹同士が少々絡み過ぎて見る角度によっては樹形が美しくありません。そこで即席の治具をつくってみました。幹同士を縛って支えるような治具では、幹にヘンな食い込みができそうなので、幹同士のテンションで挟んで支えているだけにしてあります。たまにずらしてやりながら様子を見てやろうと思います。

新おうち建築 114日目

うちは平地の宅地に建っています。近所に傾斜地の宅地もありますが、傾斜地は最近になって開けた宅地のようで、割りに新しい家が多いです。うちの近所は人や自転車しか通れないような路地が区画の垂直水平を無視して抜けているような古い宅地で、散歩しながらその生活道路のような道を探検するのが結構楽しめるところです。

なんか懐かしさを感じる風景。ここは傾斜地ですが、古い建具屋さんがあったりして味のある町並み。

天板に凹みのあったカコールの豆型テーブルの交換品が届きました。以前のものより塗装が丁寧に仕上がっていました(笑)。曲面でできたテーブルはお客さんが増えても詰めてもらって座る場所を増やせるところがナイスだと思います。

Home > Archives > 2009-10

Feeds
Meta

Return to page top