Home > Archives > 2009-02

2009-02

おうち計画 その6

新しいプラン(2009年1月)
新しい土地で一からプランの建て直し。

左奥にあるのが前の土地でのプラン。真ん中が新しい土地でのプラン。奥にセダンが2台停まっている家がありますが、これは想像図でこの家の土地と手前の家の土地が今回見つけた分筆線の決まっていない台形の土地です(両方更地)。手前の土地は2面が開放になっている角地で、右上が南東。上の図は丁度南から日が射している状態。
新しいプランの内部空間構成は基本的に古いプランの焼き直しなのですが、以前の土地よりも日当たりの良い側を広く取れる土地なので、それにあわせて建物の形が変わっています。今回の形の方が外観はカッコイイです。バイクの納まっているガレージは普通車が納まるサイズなので、駐車は詰め込めば4台可能‥なのですが、ここに来るまでいくつも提案はしていただいたのは、いわゆる「普通の家」の住空間の提案で、限られた空間を工夫して有効活用するような内容や来客が驚くような仕掛けもなく、いまひとつトキメキがありません。上り棒を屋内につけてもらいましたがそれだけで収納が半畳つぶれてしまうのがもったいなくて、冒険するにもできないようなつまらない感じの日が過ぎていきます。

リビルドさんの提案(2009年1月)
年が明けて、リビルドさんが最初の提案を持ってきてくれました。驚きました。
玄関前のライトコート(吹き抜けの内庭)の入り口以外開口部の無い白い立方体。テラスも外壁のスリットの内側なので、外からの視線が全く気にならない、完全に「囲まれた家」です。2Fに浴室を持っていくことで1Fはゆったりとした間取りで、8畳のガレージの奥に続きで4畳半のアトリエ(というか自由に使える空間)まであります。ものすごく工夫のある生活空間です。一発でノックアウトされました。
ご提案いただいた価格もへーベルハウスより広いのに抑えられています。ホントにかなり気に入ったのですが、長い目で見たときのメンテナンスサイクルや耐久性、建材に納得がいかずに残念ですが最終的にはお断りしました。

おうち計画 その5

リビルドさん
お洒落でアイディアいっぱいの家が気になるリビルドさんのモデルハウスを安佐南区の春日野へ見に行きました。これまでで一番気になるハウスメーカーだったので、どこかのテーマパークへ行くような気分です。
2棟のうちの1棟はビルドインガレージハウス。内装真っ白。デッキからは広島市街を一望のスンバらしい建物です。もう1棟は土間のある2階リビングの家でこちらもLDKが真っ白。南側をL型壁面にして窓をたっぷり設けた明るいリビングでした。

どちらも「お洒落」なのですが、これまでへーベルハウス慣れしすぎたせいかサイディングボードの外壁が頼りなく見えてしまったり、木造の造作の荒い部分が気になってしまったり。それでも、是非プランニングをさせてくださいということでこちらの住みたい家の要望をお伝えしたところ、もともと当たり前の家を建てるハウスメーカーさんではないので、こちらの要望はすんなりと聞き入れてくださったように思います。年明けにプランを持ってきてくださるとの事。

新しい物件(2009年1月)
本屋の出入り口に不動産のフリーペーパーがありました。その中に価格と面積が頃合の物件を見つけ、大まかな住所から現地の空き地を探しに行ったところ、掲載されていたのはJR・広島電鉄の駅から徒歩2分ほどの平地の土地でした。
100坪ほどの土地を2分割した土地で、フリーペーパーに掲載されていたのは奥まった側の三角形に近い形の土地。その手前、メイン道路に面した角地も売りに出ているようだったので、こちらが手に入らないのかアーキ&ホームズさんに探りを入れてもらったところ、さすがに利便性、形状、日当たりの良さもあってか、奥の土地よりも坪単価で5万円高く、ちょっと手の出ない価格でした。
あきらめて奥の土地で検討しようかと考えていたところ、アーキ&ホームズさんが売主と交渉してくださり、どうやら土地の分筆(土地をどこで仕切るのか)がまだ済んでいないので分筆線は相談に応じてくださるとの事。前回の土地は家のプランニングに時間をかけて、その後に買い付けを出してタッチの差で逃してしまったので、今回は買い付けの意思を先に示してから家のプランニングに入ることにして、理想の家の形が収まることを確認してから分筆の依頼を出すことにしました。

ジムカーナJAPAN DVD

購入するつもりですっかり忘れていましたが、昨年10月に開催されたジムカーナJAPAN2008のDVDを購入しました。地方選手はカット数が多めで(笑)、成績が残せた人はさらに優遇されているので、めったに関東遠征しない僕たちにとってはお宝ですね。特にクラス優勝のzima君はスタートからゴールまで(1回転多いところまで)余すところなく映っていて羨ましい限りです。自分もクラス優勝したい!

各選手のネガティブな点を指摘しながらも、きちんと褒め殺ししてまとめる内容はすばらしいと思います。内輪での一番の笑いどころは「VFR400Kでのキレた走りは地元の名物」ってとこでしょうか。

おうち計画 その4

営業方法
よそをあまり知らないのでこれが普通なのかどうなのかわかりませんが、へーベルハウスさんの提案はものすごく迅速で、あらかじめヒアリングしておいたこちらの要望を「この土地だったらこう実現できます」と次々とプランニングして持ってきます。現地で見たらぱっとしない土地でも、建物と外構の工夫で「ああ、こう活用できるのね」と魅力を持たせられるのに驚きました。
へーベルハウスさんとしては土地を売るわけではないので、早く土地を決めて建物の具体的な設計に入りたいというのがあるのだと思います。こちらとしてはその土地で本当に希望の家が建つのかということを納得した上で土地を購入したいので、手間ですがこういう提案方法になるんでしょうね。

資金計画
家土地となると金額が大きいので、何にどう足りなくてどれだけ借りなくてはいけないのかも最初はつかみどころがありません。建物の構造に関する提案と平行して、資金計画に関する提案もへーベルハウスの営業さんが持ってきます。僕自身が給与所得者として働ける年限を考えると、へーベルハウスの購入は価格的に無理だと思っていましたが、月々の返済が現在の家賃の1.5倍くらいで何とかなりそうなことが分かり、へーベルハウスも視野に入れて考えることになりました。
今回のうちの場合は「土地を父が購入すること」「2009年からの住宅ローン減税」「現在の低金利」が大きく決断の後押しをしてくれました。

土地の選択
自分たちが住みたい土地の条件は、価格面や宅地としての周辺環境に加えて、「高速道路のインターチェンジに近いこと」「広島市内までのアクセスが容易であること(バイパスから離れていないこと)」「JRの駅に徒歩圏内」「景観が良いこと」「できれば平地であること」「できれば幹線道路までのアクセスが容易であること」‥と挙げていけばればきりが無いのですが、優先順位は今挙げた順といえます。インターチェンジが近いことを最優先に挙げているのは、現在の自宅がインター付近なのですが、高速道路を利用した旅行や遠征などが多いうちとしては、帰ってきてインター降りてすぐ自宅というありがたみをなんども感じたので最優先となっています。
広島(市)は山陽自動車道が広島市街を北に大きく迂回して伸びていることに起因するのですが、高速道路へのアクセスが大変悪い土地柄です。そのため、JR山陽本線と高速道路のインターチェンジが両方現実的な生活圏内で収まるのは広島の西側では廿日市インター以西となります。ということで、「廿日市インター周辺でJRが利用できて、西広島バイパス出口付近」となると

このエリアがターゲットになりました。駅でいうと廿日市駅または宮内串戸駅、またはその間にある広島電鉄の電停周辺の土地ということになります。

つづく。

ギックリ

入浴中。

ナルキを持ち上げようとしたら、左後ろの腰にマズイ感じの痛みが‥。
その後悪くなる一方です。立てるし歩けるけど、激しく動けません。
くしゃみすると痛いです。
他人事だと思っていたけど、突然くるものなんですねぇ。

おうち計画 その3

旭化成へーベル(2008年11月)
5年先・10年先の建築を目指して住宅展示場で設計士の方に即興でプランニングしてもらうとプレミアムモルツがもらえるということで、いつ建てるかは別にして設計だけでもしてもらおうと、旭化成へーベルハウスの展示場へ出かけてみました。
2階リビングの展示場のダイニングテーブルで、自分達の思いをいろいろと伝えてみました。優先順位をつけずに思いのすべてを伝えたのでいろいろ取り入れようとして一発OKなプランにはなりませんでしたが、設計士さんにプランニングしてもらうことで、「バイクガレージの家」というものが少しだけ イメージできるようになりました。どちらにしても土地がないことには具体的なプランができないので、どこか気になる土地はないのですか?と尋ねられたので、廿日市駅北側の造成中の宅地に気になる土地がある旨をお伝えしました。

気になる土地・初期プラン
廿日市駅北側の再開発で、今現在山を崩して宅地を造成しています。このなかに面積は広くないのですが南側が4mほど落ち込んで幹線道路が走っている北道路の土地がありました。日当たり・見晴らしが良く、駅まで徒歩10分弱の好条件の土地なのですが、造成が終わるまで廿日市市が手放さないということで入手できるのは10年くらい先の話だといわれあきらめました。
その時点で知っていた土地の中から一番条件のよい50坪ほどの土地を選んでお伝えしたところ、へーベルハウスの営業さんがすぐにプランと図面を持ってきました。一番最初のプランがこれ。

北西道路。日当たりのよい側にL型のくぼみをつくってテラスが設けてあります。北側のバイクガレージは車が入れる幅になっているので、最大4台駐車可能です。うちはバイクを積んだワンボックスでお客様が遊びに来ることが多いので、普通車3台以上駐車ができるのは必至なのです。まずはこれをたたき台に話をすすめて、自分たちの納得のできる家が建てられる見込みが立った時点で土地を購入というのが間違いが少ないので、その方向で話を進め始めることにしました。

つづく。

おうち計画 その2

展示場巡り(~2008年11月)
特にすることが決まっていない休日みは展示場や完成済みの公開住宅を巡る日が増えました。展示場では大抵営業の方がついて回ってきて、「どんな家が理想ですかぁ?」と尋ねてくれるのですが、こちらが素っ頓狂な話を持ち出しても、概ね「リビング・寝室・子ども部屋」といった型にはまった家に落とし込もうとしてきます。うちとしては屋上やロフトの他にバイクガレージや登り棒のある家が希望なのですが、真剣さが伝わらないのかあんまり相手にしてもらえませんでした。
どこに行ってもまず土地がないことには具体的な話にはならず、後日営業の方がいろいろな土地物件を持ってきてくれるようになりました。とりあえずそれぞれの土地の相場を知る意味では大変助かりました。

大雑把なイメージ
際限なく大きな家が建てられるわけではないので、なるべく空間をオーバーラップさせて無駄な空間をなくすというのがそもそものイメージでした。僕が空間的にもったいないと思うのは、「寝るだけに使う寝ための室」「部屋として使えない廊下」「玄関としてしか使わない玄関」でした。ガレージも単体のガレージではなく、リビングとオーバーラップできればいいなぁと思っていました。が、すでにガレージハウスを建てたフラトラが「エンジンの暖まったバイクを室内に乗り入れると部屋中オイル臭くなる」みたいなことを言っていたので、リビングとガレージをつなげるならサッシのような空気の行き来がない扉が必要なことがわかりました。

最初にイメージしたのはこんな感じ。バイクガレージ空間は独立した空間として仕切れるようになっていて、作業内容によって車ガレージとくっつけたり、展示スペースとしてリビングとくっつけたりできる空間です。ケミカル類のスプレーを使うときはリビングと仕切って家族を死に至らしめないようにしなくてはなりません。

つづく。

おうち計画

ナルキが生まれて親が広島に来た際に「そろそろ家でも考えたらどうだ」と言われました。

自力で希望の場所に家土地を購入するのは、自分の定年までの年数を考えても難しいと考えてあきらめていたのですが、土地については親が援助してくれるというありがたい申し出があって、本格的に考えてみることにしたのが昨年の2月。あれから1年経って、現在土地の購入は確定して、家の設計もほぼ決まりつつある段階です。さすがに現実味を帯びるまで表に出すのも気がひけたのですが、土地の契約が終わった今、後には引けない段階になってきたので、これまでとこれからの経緯をしたためておこうと思います。
上の図は、プラン変更の度に図面から起こしてみた家の遍歴。

妄想段階(~2008年10月)

もともと住宅展示場巡りは趣味で20年以上続けているのですが、家を建てることを考えずに住宅展示場を訪れると、価格は度外視でエクステリアやインテリア、住宅そのものの機能性能について注目することになります。個人的には天井はフラットでできるだけ「箱」のような家に住みたいと思っていたので、昔から旭化成へーベルハウスが気になっていました。でも、いざ価格を調べてみて驚いたのは、他社と比べると強烈に高いのです。坪単価で考えるのではなく、部材費で考えるとはいっても、坪単価に換算すると@70万円超。
今住んでいる近所に、まさに白い箱の家が建っていて、この家は「広島の注文住宅」誌にも掲載されていたので「リビルド」という広島のハウスメーカーさんだとわかりました。リビルドさんが手がけた建物はどれもオシャレで、外構も同時に手掛けているので家と庭の一体感は抜群です。Ryocoも気に入ってくれたようなので、ハウスメーカーの第一候補はリビルドさんとなりました。
また、妻の実家はドアを開け閉めしてみても階段を上り下りしてみても、ものすごく「しっかりしている」という印象が強いのですが、こちらは積水ハウスで建てられたのだそうです。妻の馴染みもあるので積水ハウスも候補に。
その他、価格で選んでみたり機能で選んでみたりいろいろしてみましたが、結局自分たちが重視することは何なのかを挙げてみて、

耐久性能=設計&間取り=デザイン>価格

という思いが夫婦揃って強いことがわかりました。せっかく建てるわけですし、土地に関しては親に援助していただけることもあって、性能や設計やデザインの対価としての価格が納得ができるものなのであれば納得してしまおう、ということになりました。この時点では、どこにいつ建てるなど具体的なことは全く決まっていない状態です。

つづく。

いただきもの動画

たむさんがTraction練習会の動画をアップしてくださってます。
いくつか貼らせてもらいます。

上は計測Bコース(ショートコース)のベストラップ26秒75の動画。
あんまりがんばってる感じがしないのですけど、多分それが僕の走り方なんでしょうね‥。

↑めずらしい、流して下見走行している動画。何かのお役に立てば(笑)。

計測Aコースの自分のベストラップの0.5秒落ちの走り。
最初の4回転、やってる本人は結構バイク落とし込んでいるつもりなのに寝てませんね。
フロントタイヤを細くしてから、バンク角を増やすと想定していたラインから内側に脱線するくらいの勢いで異常に曲がるのはわかっているのですが、古い走りに体が馴染みすぎてついていけていません。全体的にバンクさせることへの恐怖感をなくさないとこれ以上タイムあがらないです。今年は矯正の年です。

オチのある話

うちではほとんど使われることのなかったソファーをヤフオクに出品しました。
モノがでかいので近隣の方を希望したのですが、落札されたのは岡山の山奥の方。「送料がかかってもよいので‥」ということなのですが、こんなにでかいものを送るのは初めてで送料がいくらになるのかもわかりません。
とりあえずリビングで最小のサイズになるように組み合わせて、足掛け3日かけて梱包して、いざ持ち出そうとしたら‥でかすぎて部屋から出せないという笑えない話。

Home > Archives > 2009-02

Feeds
Meta

Return to page top