Home > Archives > 2008-06

2008-06

蛍狩り

うちから車で30分ほどのところに、驚くほど蛍の出る土地があります。昨年斗威を連れて行った時には、斗威が「俺、一生忘れないよ!」と言ったくらい蛍に群がられました。 今年も斗威を連れて行こうと思ったのですが、残念ながら昨晩は雨。結局斗威を帰宅時刻に送り返してから、ヤマダ夫婦を誘って今年も蛍狩りに出かけてみました。
到着するとRyocoのご両親も到着していました。日が落ちて闇の降りてきた田んぼ。ハザードを点けると‥今年もワラワラと蛍が群がってきて、車も人も道路も3分ほどで電飾ツリーです。他所で見る蛍は遠方をフワフワと待って風情があるのに、ここの蛍は人の体にも群れてきて、かゆいかゆい。襟首から中に落ちてきたり、かばんの中に入ってきたり。
ハザードを切ると、明滅しながらパっと散っていきます。すごくステキです。日曜日の夜だというのに、他に蛍狩りの人はナシ。いつまでも秘密のスポットであってほしいものです。

材料費200円

小学生のころ、熱中して遊んだ割箸鉄砲。泊まりにきた斗威と朝の6時から作り始めて的当てなどして遊んでいたら‥気がついたらお昼の12時過ぎ(笑)。
最初は単発の簡単なものからつくるのですが、だんだんこだわり始めて、機能・威力だけでなく正確さを追求していきます。最後は8連射のモデルまで登場。写真は上から2発装着できるモデル、単発で正確さを求めたモデル、8連射モデル、4発装着で威力の強いモデル。そのうちいくつかご紹介。

単発で正確さを求めたモデルです。最初は1枚目の写真のようにグリップを握りやすい形状にしただけでしたが、トリガーを引く際本体が歪んでしまうので、 補強のフレームもつけてかなりガッチリとしたモデルになりました。ゴムのフック部分もスムーズに射出されるよう、削り出しで調整してあります。細かく煮詰めて正確に狙い通り撃つことができるようになったので、かなり楽しく遊べます。

8連射モデル。 中央の回転フックにゴムを8コ引っ掛けてトリガーを引くと、「ブゥーン‥」と一気に8連射。発射した後も回転フックがシャーっと音を立てながらグルグル回っているのがカッコいいです。結構快感で、大人もかなり楽しめるのではないかと。

遊んだ後の図。うちにあった千福(日本酒)の化粧箱を切って豪華な的をつくってみました。紙の的ならゴム弾でも命中すると吹っ飛んでしまうので、これまた結構爽快で楽しいです。
材料費200円で、自分の作ったものをセッティングする楽しみまで味わえるのってスゴくないですか?

石見銀山ツーリング

先週末の天気予報では日曜・月曜と雨の予報だったので、連日好天なら日曜日から1泊で四国へ渡ろうと思っていたのに、昨日は近所をうろうろして終わってしまいました(<それなりに楽しめましたけど)。

で、今日の中国地方は曇りのち晴れの予報だったので、石見銀山へタンデムツーリングすることに。この時期にしてはめずらしく薄日の日差しの暖かさがありがたいと思えるひんやりとした気温だったので、山間部はメッシュジャケットだと寒いくらい。おまけに、

雨になりました。サイオトスキー場をさらに北上して峠越えしたら、堆積物のある1.5車線道&雲の中です。タンデムでカッパ着たツーリングって初めてかも。

石見銀山に到着してもすっきりしない天気だったので、散策はまたの機会にして、バイクで古い町並みを流しながら写真を撮って回りました。銀山というからには坑道が主な観光地かと思っていたのですが、「石見銀山」という町並みそのものが世界遺産になっていたんですね。洞窟探検を期待する子供連れで来ると、かなりガックリきそうな感じ。町でもらったパンフレットにも「…遺跡が周囲の自然の中に溶け込みながら残っています。したがって、シンボリックなものが少なく、一見しただけではそのよさが分かりにくい遺跡です。」とあります。確かに自分の足で歩かないと、外側だけ眺めていただけでは何が良いのかよく分かりません。天気の良い日にまた来ることになりそうです。

日本海の水平線と荒波が見える海岸線まで降りてきたら、すっかりお天気になりました。県立しまね海洋館「AQUAS」の駐車場でカッパを脱ぎました。

浜田市街にある、たみちゃん(Ryocoの母上)御推薦の「プロフェッショナル・ポークレストラン ケンボロー」でポーク料理ランチ。自分の頼んだカツ丼は、卵でボリュームアップなんてしていません。しっかりと味の効いたカツがどんぶりの上に4枚、さらにごはんの中に2枚の2層構造。ちょっと食べきれないくらいの量です。Ryocoの食べたフィレ肉は、口にすると肉がほぐれてきます。ヘタなチキンよりもふっくら柔らかで、食感がものすごく新鮮でした。
玄関先に転がっていたのは‥

一瞬うちの息子かと思いました。

たまたまの連続

先月の5月19日以来、土日もずーっと仕事だったのでほんっとに久々にお休みです。というわけで、昨晩は中Tさんと焼肉食って、今日はRyocoとインディージョーンズを観に行くことにしました。たまたま22日は「夫婦の日」で、近所の映画館が2人で2000円で観られる日なのです。
ナルキをRyocoの実家に預けに行く途中、たまたま移動販売の佐世保バーガーを見つけて買ってみました。昨年のGWに九州旅行で寄った佐世保で佐世保バーガーと出会って以来、そのボリュームと手作り感に魅了されております。大変美味でした。

932へ寄ってみるといつもどおりたまたま練習されている方々が‥。TDMで8の字きってみました。マシンがマシンだし半袖なので、もちろん本気じゃ走れません。

その後映画館へ向かう途中、たまたまハーレーの展示会&試乗会があったので、寄ってみました。スポーツスターにタンデムで乗ってみたRyocoの感想は「(座面が)小さくて、いつ尻が落ちるかわからない。おっきなバイクに乗っている感覚じゃなかった。」とのことで、TDMの方がよっぽどラクジュアリーだそうです。で、以前から気になっていたVRSCにも乗ってみました!ロングホイールベースであるにもかかわらず、水冷1300ccはウイリーするんじゃないかというくらい加速する‥と聞いていたのですが、加速感はそれほどでもなくなんか拍子抜け。ポジションはハンドルが広くて遠くて、ボクの体格じゃ前屈運動しているようなポジションになってしまいます。スポーツスターもVRSCも、ラバーマウントのおかげでエンジンだけがズコズコ言ってるだけで、昔乗った「これ、壊れるんじゃない?」という変な快感がまったくありませんでした。刺激が足りなくてなんだかとても残念な感じ。

その後、「インディージョーンズ・クリスタルスカルの王国」を観てきました。中学生のときに「レイダース・失われたアーク」を観たときは、見終えたときに圧倒されてホントに席から立ち上がれませんでしたが、今回の作品は‥良くも悪くもイマドキな映画、しかもネタバレするので詳しくは書けませんが、目的達成の必然性が今ひとつ足りないような、そんな物足りなさを感じてしまいました。
そして今晩はたまたま日曜洋画劇場が「レイダース・失われたアーク」。魂の井戸あたりから意識がなくなり始めて、気がついたらアークの蓋がドスンと落ちるシーン‥。
というわけで、久しぶりに休日を堪能できて、なんだかんだと妙に充実した1日でしたー。

Google SketchUp!

Googleに買収される以前から気になって使ってみて、「こりゃカンタンだ!」と驚いた3Dモデル作成ソフトのSketchUp。職場の景観を今作成しながら勉強しています。
基本的に矩形を描いては押したり引いたりするだけ。箱状の構造体がガンガンできあがっていきます。こだわればこだわる程実際の景観と似てくるので、使い慣れて思い通りの形が自由に作ることが出来るようになる頃にはすっかり3D空間づくりにハマってしまうこと請け合い(笑)。

職場など、こうしてどのアングルからでも見られる3Dモデルを作っておくと、構内案内図など自由自在に利用できますからとっても便利だと思います。結構オススメ。

TDM車検

平日はおろか、週末も仕事が続いた4週間。車検切れのTDMを放置しっぱなしで車検を通す暇もありませんでしたが、やっと落ち着いたので午前中お休みをもらってユーザー車検へ行ってきました‥といっても職場は陸運局の隣なので「行ってきた」っつー程のもんでもないんですけど(笑)。
朝一番で受付して、珍しく光軸検査も一発合格したのに、先日リアのアクスルシャフトまわりをグリスアップをしたときにチェーン調整のロックナットを締め忘れていて、そこを指摘されて再検。
車検の手順は4年前の車検の記録とかわりませんでしたが(<2年前の車検は普通の会社勤めで休める状態じゃなかったのでショップに依頼)、車検にかかった費用は4年前と比べて自賠責が安くなっていることなどから、4,235円安い20,135円。ホントに安い!

TDM900には丸5年乗っていますが、ロングツーリングでも街乗りでも、どちらも気軽に楽しくしっかりと走れるところがものすごく気に入っています。モデルチェンジしたらまた乗り換えたいと思えるマシンです。と思っているのですが、後継車両が出ないという噂もちらほらと‥。

ラジオ体操

実家の母は朝のラジオ体操を30年続けています。おかげで肩こり知らずとか。
それに習って、普段の運動不足を解消するために自分もラジオ体操をはじめました。めずらしく1ヶ月ほど続いています。
若い頃はラジオ体操なんて運動の内に入るとも思わず、ラジオ体操することの意味もあまり理解していませんでしたが、初日はラジオ体操のそれぞれの運動の意味がものすごくよく分かりました‥と感じるくらい、日々体を伸ばすことがなかったんですね。きちんと丁寧にすると、体中の筋が延びて気持ちいいのです。同世代の諸兄、1回きちんとやってみてごらんなさい。自分の体の衰えに結構びっくりしますよ。

大分体が慣れてきたので、今日からラジオ体操第2だけ2kgのダンベルを持ってみることにしました。たかだか2kgなのに遠心力も加わって、筋力を使う結構な運動になります。いろいろアレンジしながら自分なりの運動を見つけてみようと思います。

ホテルの窓から

広島エアポートホテルに泊まっています。
宿泊といっても野宿&自炊の宿泊なら時間の使い方がわかっているつもりなのですが‥ホテルに宿泊だと食事を作ったり温泉を探したりテントを張ったりしなくて済む浮いた時間を、どう使ってよいものか考えてしまいます。普段めったにできないぼーっとする時間として使えばいいのに、結局家から持ってきたMacBookをつないで、つまらない時間の過ごし方をしてしまったり。

チャリ通

たまにチャリンコ通勤しています。
海と山に挟まれた片田舎から広島市内まで片道23km。1時間弱で通勤です。
朝からそんなに運動して、その日は死んでしまうのではないかと思いましたが、意外と日中元気に過ごすことができるんですねぇ。血の巡りが良くなるのか、到着直後は頭がスッキリ。

ちなみに帰りは輪行バッグ(シート下につけてあるバッグ)があるので、好きなところまで走って疲れたら電車に積んで帰れます。

車で通勤すると往復でガソリンが4L、600円くらいかかりますが、自転車で通勤しても弁当持参じゃなかったり、帰りの電車賃も加わることでかえって持ち出し多いかも(笑)。ま、健康にかける投資ですね。

ハードウェアの安全な取り外し

最近目にすることも少なくなったフロッピーディスクの利点の一つに、取り出しのためのハードウェアボタンがPCについていることが挙げられると思います(笑)。いまどきちょっとしたデータを持ち運ぶのには皆さんUSBのフラッシュメモリを使っていると思うのですが、これ、PCから抜き取るときにいちいち「ハードウェアの安全な取り外し」処理をしてから抜くのってめんどくさくないですか?タスクトレーのアイコンを右クリックして‥という動作をしている世界中の人の作業時間を合わせると、膨大な時間がこの使いにくいインターフェースのために浪費されていると思います。どうしてこうした毎日使うもののわずらわしさがいつまでたっても解消されないんでしょうか>Windows。

というわけで、調べてみたら、「Rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll」へのショートカットをデスクトップあたりにおいて、これを開けばダイアログが開くというネタがみつかったのですが、これでも2手間くらいかかっちゃうんです。で、一発で取り外し動作が完了するものはないかと調べてみるとUnplugDriveという便利なものがありました。USBメモリに入れておいて、これをWクリックするとそのデバイスが抜き取り可能になるようです。ほかに便利なものがあったら教えてくださいませ。

Home > Archives > 2008-06

Feeds
Meta

Return to page top