Home > Archives > 2008-03

2008-03

子どもの保険

親は不測の事態に備えて各種保険に入りますが、任意で懸ける子どもの保険ってどうすれば良いのでしょうか?という問いの答えなのですが、まず生命保険につ いては子どもが家計を助けているわけではないので入る必要はありません。次に医療保障系の保険も、自分たちが住んでいる地域では小学校に入るまで子どもの 医療費は負担ナシなので、入る必要もありません。というわけで、任意の保険には加入しなくて良いようです。
ただし6歳になってから医療保障の保険に入ろうとした際、過去5年にさかのぼって審査があるので、1歳以降に大きな病気などを患うと保険に入りづらくなることは考えられます。というわけで、保険の保険として0歳から加入しておくのはアリということです。

NSR 腹下掃除

チャンバーとエンジンの接合部から結構なオイル漏れがあったのでガスケット交換です。チャンバーを外したついでに、腹下の掃除なども。
車体右後部でミッションオイルも漏れているっぽい感じだったのですが、結局どこもかしこも汚すぎてどこから漏れているのかわかりませんでした。今回きれいにしたことで、次回に期待。

ステップ切り詰めているのとアップステップ化していることもありますが、荷重がかかってないとこんなに倒しても車体接地しませんね。

平日呑み会

キョウちん夫妻が遊びに来てくれました。といっても平日なので22時スタート。それでも翌朝3時まで呑んで結構話もできました。
最近、匠騎を抱いた方は写真に撮られてこどもまんが化されてしまうというのが恒例になっているので、今回もまんがにさせていただきました。また(ネタにされに)いらしてくださいね。

春っぽい練習

月曜休みの練習会@裏山
練習といっても1ヶ月以上ジムカーナっぽい走りをしていないのでほとんどリハビリですね。半分くらいはバイク磨いたりメンテナンスしてました。タイムもいつもどおり計りましたが、終わりかけのタイヤでいまいち気乗りしない走りではタイムアップするわけでもなく、でも極端に落ちるわけでもなく、の27秒84。

本格的シーズン開始に向けてタイヤを調達したのですが、調子のよかったピレリのドラゴンスーパーコルサプロはNSR用のサイズが型落ちしたんですね。150/60というサイズをハイグリップでチョイスするのが難しい時代もすぐそこなのかもしれません。今回はリアやメッツェラーにスイッチ。
で、フロントはBT-003のType4にしてみました。スペアホイールにはめて持っていっていたので、フロントだけBT-002と差し替えてタイムを計ってみたら、いきなり27秒78。この辺は終わりかけの002と新品の003の違いというところもあるかもしれませんが、リアタイヤかと思うくらい丸っこいプロファイルでハンドリングが猛烈に変わるんじゃないかと思った割には、乗り味はシャープさにかけつつ安心感もあってタイムアップしちゃいました。巷の話では003のType4(ソフトコンパウンド)は外径が002に比べて大きいので、フロントのハイトが上がってセッティングしなおさなくちゃいけないとか言われているようですが、自分の場合002でベストなセッティングが出ていたわけではないのであんまり気になりませんでした。

久々に汗かくくらい走りました。春らしい、日差しの暖かい練習でした。

さよなら

高校生になって、先輩の家に遊びに行ったときに初めて聞いたオフコース。
ものすごくお洒落で胸キュンな印象でした。そんな歌を聞いている先輩そのものがかっこよく見えたもんです。

で、 今頃気づくのも遅いのかもしれませんが‥さっきオフコースの「さよなら」を聞いていて、

愛は悲しいね 僕の代わりに君が 今日は誰かの胸に 眠るかもしれない♪

という歌詞に、「へ?」と思ってしまった。「僕の代わりに、君が誰かの胸に眠るかもしれない 」と歌っているわけですよ。ということは、デキていたのは「僕」と「誰か」で、僕は「君」が誰かと眠ることを憂いているわけです。
もっというと、「誰か」という呼び方は不特定な方ですから、「普段不特定の方と寝ていた僕なんだけど、君まで不特定の方と寝るようになってしまった」ともとれます。大人の愛って複雑だわ。

哺ビー瓶

Ryocoが「哺乳瓶で(中身)吸うのむずかしいよね」というので、飲んでみました。ビール。

飲む前の予想は、ストローでビールを飲むのと同じように酔いのまわりが早いのではないかと思ったのですが、酔うほどビールがでてきません。それどころか、ニプル(吸い口のシリコン部)にたまったビールが唇の温度で暖まってしまうので、正直、ビール飲むのには向いていません。ストレートでちびちび飲むのに向いている焼酎・日本酒・ウイスキーあたりがよいのではないかと。

外してみたものの‥

外観がものすごくきれいなNSRのスペアホイールを手に入れてはいたのですが、見た目と裏腹にベアリングが死んでいて使い物になりませんでした。そこで中Tさんにベアリングプーラーを借りて外してみたところ‥写真の通り。終ってるというか腐りきってるというか。内部のシャフトに至っては‥

海に沈んでた?と思うくらいのヒドさ。交換し甲斐があるというもの。

OS8 on MacBook

もう大変に趣味の世界なんで、誰かついてきてくれなんて言わないんですけど。OS8をMacBookで動かしています。いまさらSimpleTextでテキストを打ったり、まきがめをやってみたりという目的のために わざわざOS8を起動するようなものでもないのですが、まーMacBookでOS8が動いているだけで嬉しいもんなのです。ホントにそれだけ。

詳しく書くと、 「basiliskII」というMacエミュレーターを使っているのですが、これに68KマックのROMファイルと、OS入りディスクのイメージファイルがあれば起動できます。上の写真はWindowsVista上で動かしているものです。本家Windows版のbasiliskIIはサイト閉鎖で入手できないと書いてありますが‥あああ!今リンク先の内容読んでいたら、OSXにも移植されているって!じーん‥(ちょっと感動)。

MacOS8やMacOS9って、なんつーか‥コミカルというか、理解しやすいというか、事務的じゃないというか、インターフェースが感性と合うというか‥使ってて「楽しい!」って思えたOSなんですよね。しかも当時の100MHzくらいのクロックで動かす当時のマシンよりも、今の2400GHzで動かすエミュレーターの方が、圧倒的にレスポンスいいのも楽しいし(笑)。

一時帰宅

Ryocoの腰がまだ本調子ではありませんが、試験的に匠騎とRyocoが自宅へ1晩だけ帰宅しました。
生まれてきてから1ヵ月半にして、はじめて三本川で寝ました。父感激。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ちょっとしたこと

その昔OS8やOS9時代のMacを使っていたころはファンクションキーなんてランチャーとして使う以外にほとんど使うことはありませんでした。それがWindowsになるとカタカナ変換や半角英数字変換するのにF7やF10キーを使う頻度が増えました。ホームポジションに手を置いたまま変換ができないなんて、なんてヒドイ仕組みだろう‥って当時は思いましたが、それに慣れてしまった今、こうしてMacBookに戻ってみると、直感的にファンクションキーの場所がつかみにくいデザインに不具合を感じてしまいました。ファンクションキーの番号のプリントがかなり小さく(番号よりも音量調節などのプリントの方が目立つようになっている)、デザイン優先のプロダクトで正直かなり使いづらいです。

そこで。Windowsマシンのキーボードのようにファンクションキーの4つずつの区切りがわかるようにテーピングしてみました。ついでにF7、F10の位置にもマーキング。キーアサインの変更で、F12をDeleteキーにしたので、そこにもマーキング。
これで劇的に使いやすくなりました!ほんと。ちょっとしたことなんですけど。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2008-03

Feeds
Meta

Return to page top