Home > Archives > 2006-12

2006-12

クリスマスイブ

クリスマスイブ。日曜日。しかも好天。こんなステキな日に店舗販売支援の休日出勤でした。もちろん屋内勤務。

数週間前、広島アルパーク前の店舗で自社PCの販売支援をしたときは来月30日に発売になるWindows Vista搭載機の発売時期や必要スペックなどが接客の話題の中心でした。それが今回、山口県岩国市の店舗ではVistaの「ヴィ」の字も発することなく終了。土地柄による客層の違いって大きいなぁ‥と実感。

連絡をとると(というか半分呼び出すと)来店してくれたキョウさんご夫妻とお昼をご一緒してもらいました。一人で食べると多分あっという間に食べ終わってすぐ店舗に戻ったのでしょうが、駅前のラーメン屋で仕事の合間の息抜きというには充分過ぎるくらい話し込んで愉しませてもらいました(感謝)。

帰宅後Ryocoが用意してくれていたクリスマスプレゼントは、パジャマ2着でした。一人暮らしから二人暮らしになると、それぞれが影響しあって生活のスタイルがかわっていきます。うちの場合は自分が家の外での余暇の過ごし方を、Ryocoは家の中での生活をお互いに影響を与えているのかな。
ちなみに自分からRyocoへのプレゼントはiPod nano用のシリコンプロテクタ‥。もっと日常を文化的に生きられる日々を送りたい~(≒時間の余裕がほしい)。

もちつき

Ryocoの母方の実家で餅つきをしてきました。中国山地にかこまれた田舎農家の餅をつく量が半端じゃない!二斗の餅米を餅にするのは専用マシーンにまかせて、人の手は餅米を蒸したり、できあがった餅を丸めたりするために使われました。
関東は角餅、関西は丸餅というのが一般的ですが、同じ丸餅でもその土地、その家によってスタイルがあるようす。自分が子どもの頃に母の実家で丸めていた形よりも、薄くつぶした形にするのがRyoco母の実家スタイルでした。

今はホントに季節感の薄い仕事をしているので、こうして年の瀬を感じる仕事に感謝してしまいます。

初体験

職場の都合で、会社の忘年会が木曜日に開催されました。
朝3時までコースで、田舎なものですからそのまま車中泊。万全の体制だったので、全然寒くもなくよく眠れた翌日、朝礼が終わったあたりから急にお腹のあたりが気持ち悪くなりました。
同じものを食べた他の人は平気だったので自分の体力的な問題だったのだと思うのですが、これまで「起きられないほど苦しむ」といった経験はしたことがなかったのに、今回は本当にひどかったです。首の後ろあたりで血の気がひいて、仕事上のモノを考えることを頭痛でガンガンするあたまが一切受け付けてくれませんでした。5回にわけて朝食ったモノを吐いて、結局その日は半日くらい寝込みました。
昼に買い物へ出た人に「お腹の具合が悪いので、食べるのに勇気のいらなそうな軽めのものをおねがい」とお願いして買ってきてくれたのは、デミグラスソースのかかったオムライス。無理して半分食べたらまたリバースしかけました。

というわけで、ヘロヘロになって帰宅して、晩御飯のおかゆのおいしかったこと。

冬に備えて

タイヤ交換

来週から冷えるということなので、Fitにスタッドレスタイヤを装着です。
バイクはかれこれ20年近くつついていますが車はこれまでほとんどつついたことがないので、ここ最近の車の修理や整備に関わって部品をとったり付けたりする機会で、バイクに乗り始めの頃のパズル的にものを考える脳ミソを使っています。
タイヤを固定する19mmのナットの締め付けトルクなんかもさっぱりわかりませんから、インターネットでみつけた情報の「80~100Nm」の間をとって90Nmで締めつけ(<激しく間違ってたら指摘してください)。バイクの場合前と後ろでタイヤ交換のテイストが違うので、そういう意味で飽きませんが、車のタイヤって同じものが4本あるから、最初の2本までは試行錯誤があって楽しめても、残りの2本は「作業」ですね。
NOAHはオークションで非金属チェーンを落としたのでいざというときはソレで。同じ雪でもそれほど積もらない市内へ通勤するRyocoがNOAHで、峠越えをいくつかしなくてはならない自分がFitで通勤、ということになります。

斗威来訪&KMWT’s忘年会

飾り付け

斗威がうちに泊まりに来る日は大抵イベントを設けているのですが、イベントがないときはうちへ遊びにきたときにしかできないニンテンドーDSをやるか、ウルトラマン(初代マン~レオまで)を見ています。ウルトラマンに関しては、おそらく大人のマニア顔負けの詳しさで、怪獣の名前やストーリーはもちろん、どのウルトラマンに何の技で倒されたのか、まで詳細に覚えています。初めのうちはマニア化するのが恐くて控えめに見せていたのですが、ここまで知っているなら中途半端に知っているよりは突っ走った方が将来的に活きると思うので、まだ見たことのないものを積極的に見せています。子どもの、好きなものに対する吸収力は恐ろしいものがありますね。

夜は岩国でKMWT’sの忘年会でした。Ryocoと斗威の3人で参加させてもらいましたが、友達と友達の輪が広がった総勢20余名で、誰一人自分以外の全員を知っている人が居ないというところに会のスタイルが現われていましたね(笑)。斗威もRyocoも暖かくというよりは当たり前のように受け入れてもらって、あらためてイイつながりの大人の会(<遊びに関してはコドモの会)だなぁとステキに思いました。

スゴイぞ平成

ふと、自分の年齢と昭和・平成の関係を表にしていたときにきづいたのですが、自分の場合再来年あたりで昭和の時代に過ごした期間と平成になってから過ごした期間が同じくらいになるんですね。そう考えると平成も随分進んできたなぁ‥と良く分かんない感慨深さを感じます。というか。驚きなのは自分より年下の人の場合、もうすっかり平成経験の方が昭和経験よりも長いってことですよ。スゴイね、平成。

通勤風景

川霧

最近通勤経路の川は、天気が良くて霜が降りるくらいの気温の日は川霧がもうもうと立ちこめて幻想的な風景になっています。こういう日は逆光がいいですね。たまたま東へ向かって走るので、妖しさも倍増。
山をいくつか乗り越えながら通勤することもあって、トンネルを抜けると別世界だったり、山をガスの塊が下ってくるのが見えたり、盆地が雲海になっているのを見下ろしながら坂道を下ったりと、晴れた日は毎日表情の違う風景を眺めながら通勤することができます。

田舎満喫。少々飽きたけど。特に夜の帰り道。

バイクの楽しさ

日曜日の話なんですが、バイクで久しぶりに一般道を走りました。TDMです。

通勤距離が長いせいもありますが、最近の一桁の気温に勝てずにこの1ヶ月はすっかり車通勤です。
エンジンの鼓動や取り回ししているときの重さ、加速やコーナリングなど、数週間乗らなかっただけなのになんだかものすごく「懐かしい」感じ。それくらい免許とってからこれまでの人生は毎日乗るのがあたりまえのバイク漬けだったわけです。
バイクの魅力を人に聞かれたら大抵「バイクって不思議な乗り物で、苦しさも楽しさに変わるんだよねぇ」と言っているのですが、そういえば最近バイクで苦しい思いをしたことないなぁ‥と。それだけ自分の考えるバイクの魅力から遠ざかっているんだなぁ‥とあらためて実感。
5月のクソ寒い山の帰り道とか、スモークシールドで走る夜の道とか、一人で転ぶ山奥のワインディングとか、前見えない上にシールドが曇る濃霧の道やら、真正面に向かって求心的な放射状の線を描いて流れる雪の日とか、退屈で長い高速道路とか。そのときは「俺、何やってんだろうなぁ」と思うことが後になって考えると結構楽しかったり。
最近、そういう経験してないなぁ。

アーチ

天気雨の降っていた今日、先週虹を見た付近でまた虹がでていました。
今回の虹は山から伸びているのですが、どう見ても手前の山と奥の山の間から伸びています。虹が位置感を持つなんて、つかみ所のあるようでつかみ所のないヘンな感じもしますが、虹のたもとへ行ってみたいと思う気になった虹でした。

その場所から移動するに伴って、周囲の風景は変わるのに虹の自分から相対する位置は変わらないままだったので‥虹のたもとへ近づいても虹は自分から奥へ奥へと逃げるだけなんでしょうけどね。

店頭販売してみて

自分の会社はヤマダ電機の関連会社で、自社製品をヤマダ電機店頭で販売しています。コンピューター業界は来月のWindowsVistaの発売を控えて、先月からものすごく「寒い」状態が続いているのですが、あんまり売れないものですから、自社製品を売るため店頭へヘルプに行くことになってしまいました。
店頭に立ってみて思うことは、PCを買う気で来ているお客様の少ないこと。ノートPCはそれでも売れているようでしたが、デスクトップはサッパリです。
多くのお客様が口を揃えて言われるのは、「じゃ、来月まで待とうかな」なんですが、実は今販売されているそれなりのスペックのPCは「Windows Vista Premium Ready」PCとして、優待アップグレードが可能であることをご存じでしょうか?今買えば、XPが手に入る上で、安価にVistaも手に入るわけです。

WindowsVista、セキュリティが強化されたのはいいのですが、その上で動くソフトやドライバの対応が大変みたいで、来月末に発売になったときに、果たしてどれだけのソフトや周辺機器がまともに動くのかは怪しいのだそうです。というわけで、XPが使えるということは大きなメリットなんですけどね。

Home > Archives > 2006-12

Feeds
Meta

Return to page top