Home > おうち

おうち Archive

ハイエース 初めてのドライブ

家族で長距離ドライブ、ということで福岡のIKEAまで行ってみることにしました。事前にIKEAのカタログを見ながらスケッチアップで実寸の家具を作って自宅のモデルに押し込んでみて、配置や仕上がりを入念に検討。

キッチンも収納を増やすためにかなりの時間を費やして購入するものをリストアップしました。

片道250kmの3時間少々。ハイエースのS−GL(スーパーGL)、思っていた以上に「商用車」っぽくなく、ほとんど乗用車感覚で走れて楽チンでした。前席も後席も、乗車スペースの広さが車内というより室内に近い感覚で特に快適。難点を挙げると、全ては車体の重さ大きさに起因することなのでハイエースに乗っている限りしかたの無いことなのですが、重さとコーナリング中のロールが運転していると気になるというところです。
あと、ウワサには聞いていた後席のヒーターが、弱でもガンガンに効いて室内があっという間にモワモワしてくるので温度調節が難しいです。後席天井部にあるリアエアコンはACスイッチが入っていなかったらただの送風になるので、リアヒーターをかけながらリアエアコンの送風で熱気を撹拌したり、頭部を冷やしたりという不思議な使い方に落ち着きました。

今回出発前に初めてハイエースの燃費計算をしましたが、主に通勤での1週間の市街地利用で驚愕の6.4km/L。スポーツカーのように軽快に走るわけでもなく、大排気量車の余裕の走りでもなく、ただただ重たいだけのノロノロ運転でこの燃費。今の時代に、いやうちの経済力でそれはないだろう‥と、さすがにクラクラしました。
今回高速巡航での燃費の伸びに期待して、慣らし中ということもあって80km〜100kmちょっとで走行したところ、燃料メーターの減り加減からみても明らかに燃費が良い。福岡往復497km走って、出発前と同じGS同じおっちゃんの給油で47L。燃費10.5km/Lを記録しました。これなら安心して遠征できます。

夏休みに飛行機で実家に帰って、三郷のIKEAに行った時にかさばるから買えなかった物とか、今回は遠慮なく買ってきましたよ。IKEAは店舗をウロウロするのも楽しいのですが、帰ってからがまた楽しいですね。翌日の朝食はホットドッグw

庭野宿

夜、庭に吊ったハンモックに転がってiPadでジャック・バウワーの活躍を見ながら22時頃そのまま就寝。朝は3時過ぎに寒さで1度目が覚めましたが、タオルケットを持ち込んでいたのでそれにくるまって寝たら、6時前まで目が覚めませんでした。ハンモック、結構快眠出来ます。自分の身体の荷重で形が決まるあたりが、面圧が同じになるウォーターベッドと原理は違いますが楽さ加減では近いものがあるのかもしれません。

蚊帳のすぐ外で吸血昆虫の羽音がしていましたので、周りには虫が居たようですが、背中に密着していたハンモックの生地は虫の針が通らないようです。

ついでの話題。寝室の窓の日よけにとコストコで購入していたオーニングスクリーン、吊るためには壁にアンカー打たないとダメかな?と思っていたところ、ささやかながら張り出している庇にスリットがあるのを発見。

スリットの幅は6mmですが、両端の一部が11mmになっているので、太目のタイラップのヘッドが差し込めて丁度引っかかる感じ。たまたま白いタイラップしかなかったけど、今度黒いの調達して来よう。

 

ガレージ模様替え

これ、以前のガレージ。NSRを壁際に寄せてバイクを2台収めることはできますが、整備をするときは1台外に出さないと作業するスペースが確保できませんでした。

朝4時からゴソゴソと作業をはじめて、収納兼踏み台にしていた台を取り払ってNSRを押し込むことで、NSRがガレージに収まっているにもかかわらずこれまで作業スペースとなっていたところが完全に確保できました。

NSRはフロントタイヤを単管の櫓に突っ込んで、お尻を振って収めることになります。車重が軽いので、テールを持ち上げてよっこいしょと動かすことはできますが、前々から気になっていたバイクリフターというものを購入してみました。

バイクリフター。リアタイヤにサクッと差し込んで手前を踏んでタイヤを持ち上げたら、横方向にゴロゴロ自在に転がして移動できます。踏むところの裏に球形ベアリングのキャスターがついています。奥側のローラーは、モロに車軸受けのベアリングw 自作しようかとも思いましたが手間隙考えて購入しました。

ハーレーでも楽々というくらいですからNSRやNUDAは楽勝で、簡単に尻振りができます。広くなったといっても元々が狭いガレージなので、適当にバイクを突っ込んでお尻を横に振るのが苦もなくできるというのはガレージの空間を確保する上で非常に有難いです。

ペニンシュラキッチン コンセント追加

キョウ邸のペニンシュラ型キッチンの側面板上部にはコンセントがついていて、これが携帯の充電とか、ちょっとした電源を必要とする時にとても便利良いのです。壁のコンセントと違って上部についているので、腰を屈めなくても使えるのがさらに良い。うちのキッチンは上の写真の通り、のっぺらぼう。コンセントがあればいいのになー、と常々思っていました。

今朝、そういえばビルドインの食器洗浄機の電源ってどこから確保しているんだろう?と、ふと思い立って引き出しを剥ぐってみると‥

おおおお、床上に電源がきているじゃないですか。ここからタコ足すれば外からは電源ケーブルが見えない状態で側面板にコンセントを追加できます。早速作業開始です。

入居して4年目になりましたが、さすがに家に穴をあけるコトへの抵抗感やら変な罪悪感やらはなくなっています。あっという間に後へはひけない状態に。

結構肉厚な壁ですが、相手が木だから作業が早い。いつもは金属相手に穴開けたりしてますからね。

できあがり。シンクのライン上にあって、板面の左右の位置的にもバランスはまずまず。これ以上低い位置に付けられなかったのは裏側に引き出しのレールが居るからです。

シンク下。ケーブルは引き出しとは全く干渉しません。

三つ口タップを挿してあるので口がひとつ余っています。ここからリビング側の開き戸棚の中にOAコンセントを持って来て、そこにタブレットPCやデジカメなどの充電ステーションをつくれば、外から見えない状態ですっきりさせることができるなぁ‥と考えています(夏場は熱が少し心配ですけど)。

またまたマスキングテープ

柄物のマスキングテープをまた追加購入してきました。前回は柄の好みで購入してきましたが、今回は「使い方」が分かって来たので前回より「狙って(目的意識をもって)」面柄選んで購入したように思います。

シンプルなIKEAイーゼルも、

マウンテン柄でオシャレイーゼルに。

トイレにラインを1本いれたら、トイレが狭く感じられるようになりました。でも、普段使っているトイレに行くのにも楽しみが増したりするのが、マスキングデコレーションの良いところかも。

洗面所もライン1本で賑やかで楽しげな入り口に。

いろいろ貼ってみましたが、手持ちのテープの種類を増やすとどれをどう使うか悩む上に、あんまり品のある使い方ができません。狙いを絞って統一感のある種類だけを選んで購入して使うのが、失敗しないマスキングテープ遊びじゃないかな。

ガレージ整備のおまけ

ダウンライト内に虫がたくさん入っていることに気がついてしまいました。そういえばこれまで一度も開けたことないし、開け方も聞いていないし‥で、掃除するためにガラスを回してみたりしましたが、外れません。多分、入居した時にドッサリと頂いたマニュアルを紐解けば答えは見つかると思うのですが、しばらく試行錯誤してみました。で、正解は‥

「そのまま引っ張る」でした。引っ張り始めは硬いですが、頑張って引っ張るとバネのテンションが緩んでそのままスルッと抜けます。

うちにはエアブロアがあるので、プシュっと一発で清掃完了。パソコンのキーボードなどに吹き付ける缶に入ったエアスプレーなんかでも良いでしょうね。

家を立てる際、隣戸の間にはバイクが1台収まるだけの幅はとっていたのですが、ここにもパイロンやらホイール付きのスタッドレスタイヤやらを収めていくことで狭くなっていました。そこで、単管を使って即席のラックを作ったら、パイロン100本もうまい具合に収まって、その手前にはバイクの駐車スペースが、が!ここでも収納空間拡張のためには上へ上へと広げていくしかないようです‥。

ガレージ整備

ガレージの荷物は増える一方ですが、空間は限られているし床面にモノが増えると整備スペースがなくなるので、使われていない空間を収納スペースにしていくしかありません。というわけで、天井付近の空間に収納スペースを増やすことにしました。上の写真は加工前。

加工後。単管とクランプを追加して、収納の段を増やしました。

ガレージのその他収納のご紹介。画面中央、IKEAで購入した陳列棚も頭の位置より高いところに棚を配しています。箱もIKEAのものなので、相性はピッタリ。
単管は自由に組めるので、嵩張るレーシングスタンドなどはハンガーを天井付近に組んで収めています。

単管の力のかかる部分にはトラス状に補強を入れまくっています。ガレージの壁の天井付近に建物の躯体とつながっているボルト穴があるので、それを利用して単管を固定してあります。

一畳ちょっとの収納空間にも天井付近に単管を配して、タイヤラックをつくってあります。今日はこのあたりの単管を全部バラして、歪まないように補強をいれて組み直しました。

一畳ちょっとの収納スペースは、棚を押し込んでタイヤやスペアパーツの倉庫になっています。ここだけでタイヤが6~8本収まります。

狭いけど、一応作業台。机の天板は背面の板と蝶番で固定してあって、画面真ん中の木の脚を外すとパタンと倒せるようにはしてあるのですが、これを倒したことはこれまで1度もないかな。ごちゃごちゃして見えますが、ガレージ内の作業スペースの床面には基本的に物を置かないようにしているので、今回の作業でガレージ内が随分整理できました。これで新しいマシンが来ても、綺麗にスッキリおさまるぞ、と。

IKEAの翌日

IEKAへ行った翌日の朝は、ホットドッグではじまります。よね。
でもって、いろいろ買ってきたものを開梱して組み立てやら設置やらをすることになります。

まずは収納ケース。IKEAのケースは各サイズそれぞれひとつ上のサイズの半分の面積になっているので、重ねても綺麗に収まります。Tractionの運営機材を収納していた箱が3年使って結構破損していたので、新調することにしました。

古いケースから移植中。少し余裕を持って買ってきたので、ひとつの箱にあまり詰め込まないように移していきます。

仕分け終了。用具の重さやカテゴリに合わせて箱の大きさを選んで詰め替えました。このあと蓋と箱の側面に内容物を示す札をつけてできあがり。これまでの半透明ケースは中身が外からでもうっすら見えていたのですが、今回スモークにしたので外からは中身が伺えません。という難点はありますが、ガレージの所定の場所に収めてみたところ、ガレージ全体がものすごく引き締った印象になりました。箱はこれだけ買って3591円。

続いてキッチンコーナーにあったスパイス瓶。4個で199円。3セット12個買っても600円弱。
蓋の中央に穴を開けます。

それをガレージの機材を載せている天板の裏にネジ止めします。よく使うサイズのボルトやナットを入れて使おうと思います。クルクル回さなくても180度くらいクリッと回すと蓋から外れるのもいいところ。

最初は蓋のセンターに穴を開けて止めていましたが、それだと瓶を外したりはめたりする回転にあわせて蓋が供回りしてしまうので、木ネジ2本で止めるのが正解のようです。

できあがるとこんな感じ。空間的に死んでいるところを活かせる上に、見た目にも綺麗な収納です。

クリップ式のLEDライトもガレージ用に買ってきました。ガレージでは夜でも屋内整備できるといっても、光源と反対側になる車体下部などを整備するときはやっぱり暗いのです。これまではマグネット式のソープライトなどをつかってきましたが今ひとつ不便でした。これならどこにも留められて、好きな角度から照らすことができます。そのための用途に使ってくれと言わんばかりに、ケーブルも長すぎるくらい長めなのが良いです。1290円。

動体センサー付きのLEDライト。屋外の郵便ポストの天井に両面テープで貼り付けました。ポストの蓋を開けたら光るので便利。
うちにはガレージの電灯の明かりが届かない収納スペースがあるのですが、これまではプッシュボタンのLEDライトを貼り付けていました。これなら近づいただけで点灯するので便利です。光量が足りなければ数で勝負、ということで3個貼り付けました。2個セットで599円。

いずれもリーズナブルで良いんですけどね、広島からだとIKEAに行って帰るのが結構かかるのよね‥。

無計画な連休

マスキングテープで殺風景な家をエキセントリックでアバンギャルドにするのが愉しいです。トイレのドアも花柄に。

トイレの中も花柄の帯のスパイラル。変な奥行き感や平衡感覚の崩れが面白く、ドアを開けたときにハッとします。

マスキングテープの端切れはダイニングテーブルに貼ったのですが、MacBookAirやiPadを投げておいても机と一体感があるというか、いつでもコンピュータやタブレットが転がっている冷たい感じがしないというか、雰囲気がずいぶん変わります。

セブンチェアもこの通り。さりげなくオシャレな感じに。

連休があると普段は何かと予定を突っ込んでモゾモゾと何かしてしまいますが、長期連休に何も予定を立てないでいると、時間を贅沢に使わないとできないコトや頭をつかった創作をはじめたり、家族と買い物に出かけたり。予定や計画をクリアしていく楽しみとは違った楽しみがとても新鮮な連休です。

クラブアップル

植物がグングン育つ時期ですが、ここのところ毎週末バイクのイベントや休日出勤などで庭の手入れは後回し。入居して3年目、例年数個しか実がつかないクラブアップルの木に今年はどうしたことか100個以上の実が成って、実の重みでダラーンと枝垂れてしまっていました。あまり手前に枝が伸びると、駐車スペースとして使っている空間に干渉してしまいます。

そこで、実を30個くらい木に残して剪定しまくってみました。最終的にどのくらいの大きさの実になるのか分かっていませんので、今年はちょっと楽しみです。

ホーム > おうち

Feeds
Meta

Return to page top