Home > モノブログ

モノブログ Archive

INERTIA-O zone

IMG_4572

先日、平日に宮島で野宿を慣行したのは、ある商品をテストしてみたかったから、というのがあったのですが、設置や撤収が慌しくて写真を撮る暇がなかったので、日曜から月曜にかけて庭に寝てみました。

IMGP5216

この時期わさわさと植物が茂るので、庭にハンモックを吊ってもそれなりの外泊気分が楽しめます。

IMGP5220

試したかった商品は、これ。

KLYMITの「INERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)」のスリーピングパッド。あやのすけさんに紹介してもらって、一目惚れ即買い。

IMGP5222

穴あき軽量タイプの全身マットです。「半身マットで寒い思いをしたので全身マットが欲しい」「でも収納時に今よりも荷物が大きくなるのは嫌」というジレンマを一発解決。全身タイプにもかかわらず、350ml缶サイズまで小さく畳める優れものです。

穴あきにすることで収納時の容量を減らしているほか、使用時に穴の部分はシュラフ生地をつぶさないのでシュラフ自体の保温効果も確保。

IMGP5224

×印のピローも素晴らしい。このカットのおかげで頭がずれません。ピローの気室は本体と別に独立しているので、はさみで本体から分離して使うことも可能です。

 

IMGP5226

マットはシュラフの下に敷くもの、という常識を覆して、シュラフにインさせて使えます。テント泊だとこの方法では、シュラフの生地がグランドシート越しの地面に触れるのでちょっと気持ちよい使い方ではありませんが、ハンモックならその辺は問題なし。また、ハンモックは何も敷かずに使うと薄い生地の上で自分を支えるものがありませんから、中での移動が意外と難しいのですが、このマットを敷けば仮の床になるので、ハンモック内の快適度アップにも貢献しています。

全長が183cmとかなり長いマットなので、足の末端部分を少しクルリと折り返して立ち上げれば、足周りがハンモックの生地に直接触れて冷えるということからも開放されて、かなり快適でした。ピロー部分はパンパンに空気を入れるのではなくて少し抜いたくらいがいろいろ収まりが良いです。

IMGP5230

モンベルのダウンハガー#3との組み合わせは、シュラフの生地自体がストレッチするのでマットを入れても窮屈な感じは全くありません。サイドジップを閉めても中で立て膝で寝られるくらい余裕があります。朝まで全身ヌクヌクで眠れました。

IMGP5232

収納状態。赤/グレーの入れ物がシュラフ。緑色のものがこれまで使っていたサーマレスト製の自動膨張の半身マット。手前のグレーのものがイナーシャオゾン。全身マットになったのに半身マットの約2/3の収納サイズになりました。穴が開いて空気漏れすると使いものにならない物なので、収納袋には予め補修用のパッチと接着剤が収納されています。

このイナーシャオゾン、短所は空気を全部抜くのが難しいというところで、平板な硬い床面がなければすべての空気を抜くのはまず無理。メーカー側もそれを見越してか、収納袋はかなりの余裕を持ったサイズになっています(上の写真でも実はスカスカ)。出先で空気の全抜きに気持ちと時間を費やすよりは、適当に空気が残っていても丸めて収納袋に入れてしまうくらいのアバウトな付き合い方が向いているのではないかと思います。

いや、いいものを紹介してもらった。

GROM NGKパワーケーブル

IMG_3323

盆栽趣味はほとんどないので、見た目重視のパーツ交換というのは基本的にしていないのですが、ハイテンションコードに色をつけるコトにだけは興味があってしばらくずっと手を出さずに我慢していました。が、ついにスパークプラグを購入するついでにNGKのパワーケーブルを購入してしまいました。

取り付けはイグニッションコイルから出ているハイテンションコードを根元付近でちょん切って、NGKパワーケーブルを切り取ったものと同じ長さに整えてジョイントでつなげるだけ。で、ケーブルの余りができるわけですが、並べてみると‥あれあれ、もう1本作れそうじゃないですか。

IMG_3322

純正のプラグキャップからハイテンションコードをグリグリと回して抜いて、余ったパワーケーブルをグリグリと挿しこんだら、できました!

ジョイントが付属の1個しかないので購入しなくてはなりませんが、1個400円くらい。

IMG_3325

効果のほどは体感できるものでもないように思うので、こんなものに2000円もかけるなんて‥と割高感のあるパーツだったのですが、妙にお得な感じのするパーツになりました。

眼鏡新調

IMG_2995

老眼鏡。

ではなくて、老眼対策を施したレンズ。実際に老眼鏡用レンズと今回のレンズを比較して、老眼鏡ほど遠近のレンズの仕様が極端に違わないものにしました。とても具合が良いです。

今回、フレームはツルの部分が薄っぺらいプレート状のものにしたところ、ジェットヘルメットをの脱着で引っ掛かりがなくなってフレームが歪まず、使い勝手も向上。

次は本格的に老眼鏡かなぁ。

TZ40システムエラー(ズーム)

2

デジカメ、うちにはいろいろありますが、「愛用のデジカメは何ですか?」と尋ねられたらPanasonicのLUMIX DMC-TZ40と答えます。普段使いで持ち歩いているこのカメラ、TZ70が出ている今現在もう3世代も前のカメラですが手放せずにいます。うちにはTZ60もあるのですが、余計な機能が増えすぎていてサイズが一回り大きくなってしまいました。とうわけで、普段使いにはこれ。広角24mmからの20倍ズームを備えているのにコンパクト。そしてそれなりのレスポンス。これ以上大きいと普段使いには辛いし、これ以上小さいカメラに守備範囲の広いレンズを求めるのも酷というものです。

使い倒して古いカメラなので万が一落としたり壊したりしてもあまり胸が痛まないのもポイントが高い‥と思っていたのですが‥今日、外で使っていたら、電源を入れても鏡筒が伸びずに「システムエラー(ズーム)」という表示になって使えなくなってしまいました。価格コムではもう取扱いがないということになっていて、アマゾンでなんとか手に入る在庫がある程度。このモデルを購入するにはもう最後のチャンスといえる時期なので、もう1台購入しようかとも思いましたが、鏡筒さえ出れば解決するんじゃないかと思って、分解してみることにしました。

3

精密プラスドライバーで分解できるだけ分解していきます。合間合間で電源を入れて改善しているか確認しましたが、なかなか改善しません。

1

直感で物理的なひっかかりなどが原因なんじゃないかと思っていたのですが、レンズユニットを取り外すところまでバラしても特に断線やゴミなど原因が分からなかったので、これはもうダメかと諦めて再組み立てしたところ‥直りました。というわけでしばらくは使えそうです。でも原因は不明だし、ツーリング先などで突然壊れると非常に困るので、チェックは入念にしておかなくちゃいけません。やっぱりもう1台買っておこうかしら‥。

ベンチバイス

IMGP5582

なくてもなんとかなるけど、あると抜群に便利な物の一つにベンチバイスがあると思います。これまでジョーの幅が90mmのモノを使っていましたが、そのサイズだとなんというか‥ちょっと頼りないというか本気度に欠ける感じがあります。この度、勢いでアストロプロダクツの130mmのモノを購入しました。まさに鉄の塊。これなら大抵のものなら潰せそうです。

IMGP5584

さすがにこのサイズとなると、使うときに取り出して‥といった使い方はナンセンスですから、作業台に固定するために長年の付き合いとなる机の天板にボルトを通すための穴を空けました。余談ですがこの電動ドリルは僕が社会人になってすぐ購入したもので、壊れないからずっと使っています。もう24年の付き合いです。

IMGP5586

バイスがすぐ使える手元にある、というのはとても安心できるというかなんというか‥ちょっと嬉しい。 早速挟まれているのはマグネットでジョーにくっつく部材保護用のパイスパッドね。

あ、バイス用の口金、SK11 バイス用口金 125mm (口幅)SK-11のこっちの方が良いかも。

サイドバッグ補修

P1280134

新しくしたハイカムにあわせてツーリング中にGROMの燃調をいじるために何度もシートを外したり付けたりしていたのですが、サイドバッグを固定するバックルを1つ留め忘れて走ったため、リアタイヤとバッグが接触して穴が空いてしまいました。このバッグ、内側のPVC製のインナーバッグで内部の防水性を保っている商品なので、アウターの生地に穴が空いてもそこから内容物がポロポロこぼれ落ちるようなものではないのですが、目立たないとはいってもみた目このまま使うというのもどうかと思ったので補修することにしました。

P1280136

補修に使ったのはペタックスという粘着テープ式のテントや幌の補修テープ。生地は布地っぽいのですが耐水性の高いもののようです。匂いはなかなか強烈。色は結構選べるなかから、国防色というものを選んでみました。

P1280139

穴の形に合わせて、またバイクに装着した時に見えづらいように補修しました。剥離紙を剥がした粘着部分はものすごく強力。剥がれにくさを高めるために角の丸さはもっとRを緩やかにすればよかったと思いますが、それでもちょっとやそっとのツーリングでは剥がれそうにありません。。

P1280135

残念な事にインナーにも穴が空いていました。こちらは生地同士の接合部付近にまで穴が空いていて、テープの補修では穴を完全に塞ぎづらい状態です。バッグの防水はこのPVCインナーで保っているので、こちら側は完全に穴を塞がなくてはなりません。

P1280141

調べてみたら、この手の穴の補修は「SEAMGRIP(シームグリップ)」という商品が定番のようでした。アメリカ製の商品ですが、CAPTAINSTAGが日本語パッケージに入れて扱っています。

P1280143

PVC接合部の生地に‥

P1280144

塗りました。説明書によると3mm程度盛って10時間放置と書いてありましたが、粘度はかなり低いので生地に傾斜があるとタラタラと流れてしまいます。本来裏側にセロファンテープなどを貼って穴を塞いだ状態でシームグリップを塗るということになっていますが、裏側に手が回らない箇所なので表側にたっぷり盛って無理やり穴を塞ぎました。

P1280145

こちらは穴というより裂け目。このような穴も塞ぐ事ができるということでしたので挑戦しました。穴に対して上から塗ると、穴の中にシームグリップが流れていって穴がふさがらないので、バッグをぶら下げて補修穴を一番低いところにしてシームグリップを塗りました

P1280146

一晩放置した結果。揮発成分がとんで盛った量が多少ヒケましたがある程度膨らみを保ったままで固まっていました。弾性のある状態で、爪で剥がそうとしても強力にくっついていて剥がれません。これは期待できそうです!

モノキュラー

アマゾンで驚きの654円。何かのついでに購入しようとお気に入りに入れっぱなしだったケンコーの倍率7倍の単眼鏡(モノキュラー)を購入しました。一人野宿で夜空を楽しむための友です。双眼鏡よりもコンパクトでウエストバッグに入れておいても邪魔にならないし、ちょっと遠くの看板をみたりするのにもサッと使えるところがこのサイズのモノキュラーの良いところだと思います。

で、iPhoneのカメラと組み合わせて面白い写真が撮れないものかと駅前までやってきました。これ、iPhoneのカメラでそのまま撮った写真。

20150810_020033791_iOS

モノキュラー越しにすると解像感には問題あるけれど、かなり寄った写真が撮れました。画像の周囲に丸いモノキュラーの枠が写ってしまいますが、これはこれで望遠にしています感があっていいし、不要だったら中心部分だけトリミングすれば良いですね。

なかなか接眼レンズとiPhoneのカメラとの距離や角度の調節が難しく、ちょっとでも動かすと視野が狭くなったりしてしまいます。常用として使うにはどうかと思いますが、持っていれば何か使う機会があるかもしれません。

庭野宿

昨年のゴールデンウィークの阿蘇は朝の気温が16度でした。今年はもう少し標高の高いところに泊まる予定なので、下手したら1桁温度な朝を迎えることになりそうです。それを想定して、予想最低気温が11度の3月下旬に昨日届いたシュラフ+ハンモックで早速庭野宿をしてみました。寝込んだ格好は上半身が長袖Tシャツに薄手のダウンジャケット、下はそれなりに保温性のあるパンツ+普通の靴下。

結果は‥昨年の反省点がそのままこの組み合わせにも言えることがわかりました。シュラフそのものは充分な暖がとれるのですが、足元と肩が寒い。足元は、僕の使っているサーマレストのマットが120cmのモデルで足元までカバーできていないことから、シュラフが直接ハンモックの生地の上に載ってその下は外気という状況なので、熱が逃げるようです。昨年はブーツを履いたまま寝るなどして対処しました。かかとの下側を少しでも浮かせてハンモックの生地に直接触れないようにする工夫が必要です。肩も同様に張り出している部位な上にハンモック自体が狭いので足と同じように肩に押し出されたシュラフがハンモックの生地に触れてしまうのが難点。これも昨年は肩パットつきのジャケットを着て対処しました。それ以外は快適でした。

もう何度か調整のために寝てみようと思います。ハンモックそのものの寝心地は普段寝る寝具以上に快眠できる素晴らしいものです。

モンベルのシュラフ

小さくパッキングできることを最優先に考えて、この20年くらい薄めのダウンシュラフを使っていましたが、そのシュラフでは毎年のゴールデンウィークの九州・阿蘇ツーリングでは暖かさに物足りなさを感じていたので、シュラフを新調しました。モンベルの「UL.スーパースパイラル ダウンハガー 800 #3」というモデルです。シュラフなんて、袋にダウンを詰め込んでいるだけ、って思っていたら、最近のモデルはいろいろと驚くような工夫がされているんですね。

特筆するべき機能は「スーパースパイラルストレッチシステム」。生地の斜め縫製と、ステッチにゴムを使うことで非常に高い伸縮性のあるシュラフに仕上がっています。中であぐらがかける、とまではいきませんが足の裏が痒くなってもシュラフの中で足を曲げて手が届くほど。「隙間のないフィット感と窮屈感の解消という相反する二つの要素を達成」とのことですが、たしかに気持ち良く包まれている感じ。寝姿はまるでた〜らこ〜、た〜らこ〜♪

表生地にポルカテックスという(世界最高レベルの)撥水加工を施してあるのも、濡れてしまうと保温性がなくなるダウンシュラフとしてはとても安心できるポイントです。

サイドジップはダブルファスナーになっていて、足元からも開きます。お腹だけ温めたい時ってありますものね。

収納袋にも工夫が。詰め込んでみるとドローコードがもう1本出ているので、なんだろう?と思ったら‥

シュラフを圧縮してもう1本のドローコードのところで縛れば20%くらい収納容積を減らすことができました。説明書もなにもないのですが、多分これでいいんでしょう。同時にシュラフコンプレッサーを購入しようと思っていたのですが、これなら不要ですね。諸元上の収納サイズは14cm×28cmで600g。

ゆったりと収納できるスタッフバッグも付属しています。至れり尽くせりなシュラフで、今年の野外活動がとても楽しみになりました。

 

GENTOS LEDベンディングライト

GENTOSのLEDベンディングライト、LB-311というモデル。通常のライトと違って、名前の通り発光部が90度曲がっている。

先日光量の強いLEDライトを購入して普段から持ち歩いてジオキャッシングに使っているが、通常の形状のライトだと片手が塞がってしまって、モノを探したり書いたりするのに不便さを感じた。ホルスター(クリップ付きのホルダ)を購入してみたが、使用する頻度を考えるとホルスタ自体がかさ張ることの方がネガティブに感じる。ハンズフリーにするならヘッドライト、とも思うけれど、これも普段持ちするにはかさ張るのであまり芳しくない。というわけで、ストレートタイプのベンディングライトを購入してみたというわけだ。

本体の裏側にはクリップもついているので一時的にハンズフリーで使いたい場合はポケットやベルト類に引っ掛けて使えば良い。ヘッドランプとして使うためのホルダも付属していたが、これを頭につけて使うのは見た目にあまりカッコイイものじゃない。でも、これを頭ではなく首にかけて使うとおかしくはないスタイルで、というより割とオシャレに使える。ホルダはかさ張るので普段は持ち歩かないにしてもキャンプなどでは重宝しそうだ。

底部にはマグネットも付いているので、書き物をするときなどはスチール面を見つければ良い。

単三電池1本の割に先日購入したLEDライトと比較してもかなりの光量。ただ、大きい方のライトは均一な照射ができるけれど、このライトは中央に明るさの中心があって、周囲に向かうにつれて薄ボケしていくという配光。Hiモードで1時間、Lowモードで20時間の連続点灯だ。

サイズも1回り小さく、2回り細い。大きい方は持っていて「安心」な光を、このベンディングライトは持っていて「便利」な光を提供してくれる。価格はそれなりにするが、これは普段持ちのLEDライトの決定打じゃないだろうか。

ホーム > モノブログ

Feeds
Meta

Return to page top