Home > モノブログ

モノブログ Archive

GROM タンクバッグのこと

「GROMミーティング」というと、当初デコデコにデコったGROMの見本市みたいなものだろうと思っていました。ところが、想像以上にGROMって多様な使われ方をしているので、集まるマシンの色づけ・味付け・盛り付けも様々。僕より距離を走っている人や、僕より激しく走っている人や、僕より酷い道を走っている人などなど‥それぞれの使い方に応じたカスタムがされていて、デコ派じゃない僕も情報交換ができて大変勉強になっています。

バイクに常設して荷物を運ぶ箱、となるとリアキャリア+トップケースしか頭に浮かばなくて、しばらくそのスタイルで走って見た目にも慣れてしまったころ、ルゥさんの左サイドバッグスタイルを見て衝撃を受けました。カッコイイ!目から鱗が落ちました。そして、先日の四国カルストミーティングでは、妙にぴったりと収まったタンクバッグを取り付けられているのをみて、また1枚鱗がポロリ。タナックスのオフロードタンクバッグ3という、名前のとおりオフ車用のタンクバッグを取り付けられていました。

GROMのタンク形状に、幅・長さともに本当にぴったりと収まっています。ノーマルハンドルをフルロックをしても恐らく邪魔になりません。僕のGROMはハンドル切れ角を減らしていますが、この状態でハンドルを切ってもスマホホルダーとバッグとの干渉がギリギリ許せる感じです。異形の4.5Lという容量は決して大きくはありませんが、ウェストバッグの負担を減らすには十分の容量といえます。

ネガティブな点といえば、マップケースの天面が水平にならない、ということくらいです。

取り付けは、オフロード用ということもあって説明書どおりにそのままというわけにはいきませんが、特別加工することもなくすべて付属品のベルトで可能です。前側はバッグのDリングをプラスチックのカラビナのついたベルトで引っ張ります。

後ろ側はバックルをベルトで引っ張ります。車体側にベルトを常設して使わないときはシート下に隠せるようにできないものかと、こちらは取り付け方を検討中。

iPad miniを突っ込んで、大画面カーナビ、とか挑戦してみましたが‥日中は反射がひどくタッチパネルも反応がすこぶる悪くなります。夜間、操作せずに自分の場所を確認するために使う以外ではちょっと使い勝手が悪かった‥。

何気に便利なのがこの手前のポケット部分。チケットを挟んだり、一時的にカメラを突っ込んだり。今まで股間に挟んでいたものの落ち着きが良くなること間違いなし。
タナックス オフロードタンクバッグ3デジタルカモフラージュカラーもあります。

Kabuto IBUKI Envoy

OGK Kabuto(バイク用ヘルメットのブランド名は単にKabutoになっています)のIBUKI Envoyというモデルを購入しました。これまで30年Araiヘルメット一筋で、フルフェイスのRX7RR5とジェットヘルのSZ-Ram4を今現在使っている立場からIBUKIを追加して約1ヶ月使っての感想など。

ちなみにこれまで使ってきたRX7RR5はフォルム・軽さが気に入っていて、SZ-Ram4は使い勝手・レスプロのマスクをしていても被れるので真冬でも全然寒くない(←かなり重要!)・メガネを着用したまま着脱できるという点が気に入っています。

◆IBUKIの良い点

  • 全部入りシステムヘルメットなのに、重さを感じない
  • インナーバイザーが便利、というより夜間クリアで走れるのが良い
  • メガネを着用したままの着脱が可能
  • 内装の密着度が良好
  • デザインに多少ガンダム風なメカメカしさがあるけれど、安っぽくはない
  • ピンロックシールド(曇り止めシールド)が標準で付属
  • 冬用グローブでも全ての操作が容易
  • 手持ちのAraiに比べてベンチレーションはかなり強烈に外気を取り込む

いまどき当たり前のようなのですが、耳の収まる空間には脱着可能なパッドがついていて、奥にはB+COMのスピーカーがぴったり収まる丸い窪みが用意されています。スピーカーを取り付けたことによる違和感は全くありません。
試着した時に気になったのは顎下にある伸縮素材のウインドシャッターが被った時に顎に当たるという点でしたが、ここに隙間があると走行中冷気が顎に流れるわけですから、触れていて正解なのだと思います。このウインドシャッターのおかげで、氷点下の連続走行でも寒さが緩和される‥というレベルではなくほとんど寒さが気にならないレベルで非常に快適です。もちろん取り外し可能です。
また、試着時に中央上部、おでこのあたりのヘルメットの張り出しが視界に見えてしまい気になるかと思ったのですが、これが使ってみると非常に良い!太陽が視界に入ってしまうような低さの朝や夕方、この張り出しをバイザーとして使うと眩惑されなくなります。スモークシールドのインナーバイザーがおでこの部分に内蔵されているので張り出しがあるのは仕方がない、という点がかえって使い勝手を良くしています。
Dリングのあごひもに慣れているとラチェット式のバックルが子供っぽくて最初は嫌でしたが、使い慣れると特に取り外しがワンタッチなのでとても便利に感じるようになりました。またDリングだとヘルメットを持って歩く時にDリングに指を通して持つのではないかと思いますが、そのような持ち方ができません。これも試着時にとても気になりましたがしばらく使ってみると不具合を感じなくなりました。
シルエット的にはアライからのスイッチでも違和感がなく、シールドの取り付けメカニズムはショウエイからのスイッチでも違和感がない、といった感じです。

◆IBUKIの気になる点

  • アウターのシールドがクリアしか販売されていない
  • 表面の半光沢の塗装が冬場の乾燥した手で持つと妙にツルツル滑る

表面の塗装はこの寒い時期とにかく指に吸い付きません。夏場はどうなんでしょうね。

チンガードが本体と一体化していないという点ではフルフェイスヘルメットの強度には叶わず、安全面においては

  フルフェイス>IBUKI>ジェットヘル

という関係になると思いますが、使い勝手という点では

  IBUKI≒ジェットヘル>フルフェイス

という関係。とにかくこれを使い始めてから、RX7やSZを被って出勤しようという気が起こらないくらい日々の使い勝手は良好で、購入前の期待を大きく上回る満足度です!見た目がどうしてもアライやショウエイじゃなくては‥とか、クリアシールドなんて‥というこだわりがある場合はしかたがありませんが、普段使いの実用性第一と考えるなら間違いなくおすすめできるヘルメットです。

雑貨

100

2016年11月に府中町のイオンモールが大幅改装されて、全く知らないようなお店になっていたので家族と行ってみました。

フライングタイガーコペンハーゲンって僕は全然知らない雑貨屋さんだったのですが、妻がここは絶対!というので行ってみたら普段買わないようなものまで買ってしまったのでご紹介。まずは「3Dインプレッション」という立体型取り装置。最初はとりあえず手の平を型取りしてみますよね。その次はもちろん、顔でしょう!

2017-01-08_12-52-03_138

ピンの密度からあんまり凸凹を細かく拾うことは期待していなかったのですが、結構精巧に取れるもんです。

2017-01-08_18-08-49_981

細かい表情までひろってます。面白い。

2017-01-08_18-23-14_601

押し出されるピンの長さがもう少し長いと大人の顔もいけそうなんですけれど、この限られた条件で何をどう拾うかでセンスが問われます。

2017-01-08_12-55-35_061

見つけた瞬間、購入確定。ギアパズル。

2017-01-08_13-46-25_255

ムスメの楽しみ方は、ギアを組むだけじゃなくて、ひとつひとつのギアに名前をつけて楽しむというななめ上の遊び方。

2017-01-08_12-57-25_310

普段、将来的にゴミになるようなものには衝動的に飛びつかないようにしているのですが(※バイクパーツを除く)、フライングタイガー、ついつい手にしたものをカートに突っ込んでしまうアブナイお店でした。

pebble2

2016-12-05_19-28-47_244

pebbleは2013年あたりから販売されているスマートウォッチです。今年になってpebble2となって製品化されたということで、pebbleの本家サイトにブラック/ブラックカのオーダーをかけたのが10月末。そのまま1ヶ月音沙汰がないにもかかわらず、アメリカのamazon.comでは購入可能になったので11月末に妻用にアクア/ホワイトのオーダーをかけたところ、こちらは3日間でアメリカから到着しました。

p1160351-2

これ。抜群にカワイイ。

日本語化も可能です。モノがあまりにも良いので、ダブってもいいからもう1個買ってしまえと妻用が到着したその日に自分用のブラック/レッドをamazon.comでオーダーしたら、こちらは4日間で到着しました。

そして、アメリカから商品が到着する4日の間に、pebble社がfitbit社に吸収されてpebble社は製造販売を終了。製品を発注して到着するまでの間に、保証もなにもない製品になってしまいました。本家サイトにオーダーしたものはステータスエラーの表示になって何の連絡もないまま、発注そのものがなかったことにされてしまったようです。

2016-12-09

無駄に大きくなくてスッキリとしてた好感の持てるパッケージ。

このモデルは「pebble2 Heart Rate」ということで本体背面に心拍数を測るセンサーが収まっているモデル。

p1160353-2

文字盤(ウォッチフェイス)のデザインはデフォルトで2種類入っていますが、スマホのpebble専用アプリで専用サイトにアクセスして気に入ったデザイン・機能のウォッチフェイスをダウンロードできます。またユーティリティやゲームなどのpebbleの機能を拡張するためのアプリもスマホでダウンロード可能。スマホとはbluetooth接続で常時連携をとっていて、スマホのOSが携帯の画面上に表示しているメールやLINEやツイッターやニュースの新着通知をpebbleへ転送して画面表示してくれます。バッテリーのもちは通常使用で7~10日間ということになっています。購入直後、100%充電から使い倒して3日経っても残量50%ですから、ホントに普通に使う分には1週間は持ちそうです。

歩数や睡眠時間や心拍数、携帯側から拾った天気や予定表などの情報を表示できるウォッチフェイスも多数用意されていて、限られた画面の中に情報が収まりきらないものは振るとサブ画面で数秒表示できるものもあります。もうね、これらを選んだりセッティングするだけでもかなり楽しいですよ。

ベルトはシリコン製で製品そのものが軽いこともあって、装着感も圧迫感も全然感じません。

p1160354-2

操作は左側上方に「戻る・エスケープ」といった操作のキーが1つ、右側の3つのキーは上から「UPキー」/「確定・エンター」/「DOWN」キーといった意味合いのキーです。時計表示で上キーを押すと歩数・心拍・睡眠時間の1週間の履歴グラフを閲覧でき、下キーでは(携帯電話の)GPSで拾った現在地の2日後までの天気予報と日の出・日の入り時間を確認できます。

その他、製品に関しての詳しい情報はあちらこちら探せば見つかると思いますので割愛しますけれど、1万円少々の値段でこれだけ便利なスマートウォッチが手に入るなんて、知らないともったいない!といってももう生産しないようですから、pebbleを買い取ったfitbitがこれまでのpebbleの知財を活かして、単なる活動量計ではないスマートウォッチを開発してくれることを願うばかりです。

少なくとも、アップルウォッチでコケ気味のスマートウォッチ業界ですが、一番の問題は「バッテリーの持ち」と「価格」にあったと思うので、この点については文句の言いようのないpebbleが消えてしまうのは本当に残念でなりません。

11月の外泊

2

ハンモックを使った野宿が何月までできるか、ということについては今年の初めの1月に庭で宿泊できたことから平野部だったらもう年中できるんじゃないかという思いです。それでも10月はまだ肌が夏の温かさを忘れていないせいか、妙に寒そうで屋外泊する気が起きませんでした。

11月になって、明け方一桁気温の予報が出ていたので、今回はどれだけ軽装で(コンパクトな機材で)宿泊できるか、ということで挑戦してみました。

1

ヘネシーハンモックのバックパッカーA-sym
シュラフはモンベルのダウンハガー800 #3
マットはKLYMITのイナーシャオゾン

これに、服装は

上:フリース生地のパジャマにユニクロの薄手のウルトラライトダウンジャケット
下:薄い綿入りの長ズボン
足:靴下にくるぶしまで覆うスニーカー

と、特別暖をとるようなものでもない恰好で一晩過ごしましたが、4時に起きた時点でハンモック内は12度。まったく問題なく一晩過ごすことができました。

モンベルのシュラフの性能が秀逸なことに加えて、シュラフの中に敷くマットが快適さをさらに増してくれていると思います。おまけにこのマットは500mlのペットボトル大にまで小さく畳めるので、シュラフとハンモックとの3点セットでも宿泊機材としては信じられないくらいの小ささでまとめられます。

この時期にバイクにこれらの機材を積んで出かけても、朝早く起きてしまうとそれからの朝の冷え込みをどうやり過ごすかという点が問題になるので、起床後寒さを避けられる環境がないと結局辛くなってしまいそうではあります。でも、容積的には恐ろしく小さな機材でまだ外泊が可能だということが分かってしまうと、ちょっと出かけてみたくなってしまいますね。

全然役に立たない知識かもしれないけれど、どのくらいの機材でどの時期まで寝られるのかということを確認を、日常の生活に差し障りのない範囲で平日にできるというのがなんとも面白いと思うのです。

ライダーズコンフォートタープ

P1100134

野心的な商品をラインナップしているドッペルギャンガーの「ライダーズコンフォートタープ」を購入してみました。最近どちらかというと「寝るだけ」の野宿が多いのであんまりあれこれ持ち込んで滞在型の宿泊という場面は多くないのかもしれないのですが、こういうものがあると少しは宿泊スタイルも変わっていくのかな?とか思っての購入です。家族とデイキャンプなんかにもいいですね。

写真ではあんまり広く見えませんが、実際は収納サイズからすると考えられないくらいの広さの屋根ができあがります。手前開口部を見てわかる通り、タープの前縁部にポールが挿入されているので、開口部がアーチになってその分余計に広く感じます。とはいうものの家族キャンプでメインのリビング代わりにはちょっと小さいのかな。一人で使うには十分すぎるくらいの広さです。

P1100130

ただ、欲張って広く張ろうとするとサイドロープのペグがかなり遠くになるので、自動車の駐車スペース3台分くらいの広さが必要になります。こんな好条件で張れる場面はそうそうないと思うので、実際はもう少しコンパクトに設置することになりそうです。

P1100138

初期モデルに対して、現行のモデルは折れ易かったポールを太くしたり、長さの違うロープの色を変えたり、ペグを強いモノにしたりという改善をしているようです。ロープは必ず使用するので、撤収の際にほどかず次回使いやすいように丁寧に束ねておくのが良いでしょう。

P1100139

メインポールだけでも適度なテンションがかかっていれば自立します。設営はいかに早くこの状態がつくれるかにかかっています。

P1100140

収納サイズはポールの長さに依存。幅が480mm、直径が100mm。収納の小ささが売りの商品ですが、ヘリノックスチェアと比較しても2回り大きい。

P1100141

GROMに車載すると結構張り出します。サイドバッグがないとサマにならないサイズ。

P1100142

無理に全てを一つに収納しなくても、タープはリアケースの中にいれてポールだけ外に出すとこのもっさりした感じもスッキリするかもしれませんね。

タープを張るためことを目的に近いうちにお出かけしてみよう。

GROM ヒップピロー

P1150100

GROMのシート、世界中の皆さんのお尻を痛くしてくれているようです。

僕はシート下にゲルザブを仕込んだことで少しだけ改善しましたが、長距離走っても全く痛くならないということにはならず、X-speedのメッシュカバーをかけて弾性を強化することでこれまた少しだけ改善しましたが、439ツーリングのように丸1日走るツーリングではやっぱりお尻が痛くなってしまいました。

ワインディングを走っているときは気持ちが視界の先へ行っているから良いのです。問題なのはダラダラと2車線道路を流し続けているとき。気が付いたらお尻が痛くなってしまっているので、着座位置を戦後にずらしたりしてごまかす努力はしてみるのですが、それでは根本的な解決にはなりません。

そこで、就寝用に持ち歩いていたIKEAのネックピローに空気を5割くらい入れて、試しにシートに置いてみました。その効果は‥バツグンにイイ!圧のかかるところは押されて凹んで空気が移動して、圧の弱いところが凸って面圧が分散されるようです。

最初は上の写真のようにお尻の後端を押し当てるようなポジションにしてみました。これだけでも上半身の重さを太ももなどに分散できて、お尻の痛さがかなり解消されます。次に、完全にお尻の下に敷いてみました。最初はプニプニとした不安定な動きに違和感を感じましたが、慣れたらそれも気にならなくなって、ダラダラ移動でも全くお尻が痛くなりません。尻の下に敷く状態はワインディングでは車体や体のホールドがしづらいので向いていませんが、尻の後部を押し当てるポジションならワインディングも問題ありませんでした。

見た目には上の写真のような状態に荷物を積んでいたら、着座状態ではじっくり見ないと分からないと思います。お尻の下に完全に敷く状態でも足つきは問題なし。

IKEA会員価格599円。ネックピローならぬヒップピローです。見た目よりも実益を取る方は、長距離移動の供に是非どうぞ。

INERTIA-O zone

IMG_4572

先日、平日に宮島で野宿を慣行したのは、ある商品をテストしてみたかったから、というのがあったのですが、設置や撤収が慌しくて写真を撮る暇がなかったので、日曜から月曜にかけて庭に寝てみました。

IMGP5216

この時期わさわさと植物が茂るので、庭にハンモックを吊ってもそれなりの外泊気分が楽しめます。

IMGP5220

試したかった商品は、これ。

KLYMITの「INERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)」のスリーピングパッド。あやのすけさんに紹介してもらって、一目惚れ即買い。

IMGP5222

穴あき軽量タイプの全身マットです。「半身マットで寒い思いをしたので全身マットが欲しい」「でも収納時に今よりも荷物が大きくなるのは嫌」というジレンマを一発解決。全身タイプにもかかわらず、350ml缶サイズまで小さく畳める優れものです。

穴あきにすることで収納時の容量を減らしているほか、使用時に穴の部分はシュラフ生地をつぶさないのでシュラフ自体の保温効果も確保。

IMGP5224

×印のピローも素晴らしい。このカットのおかげで頭がずれません。ピローの気室は本体と別に独立しているので、はさみで本体から分離して使うことも可能です。

 

IMGP5226

マットはシュラフの下に敷くもの、という常識を覆して、シュラフにインさせて使えます。テント泊だとこの方法では、シュラフの生地がグランドシート越しの地面に触れるのでちょっと気持ちよい使い方ではありませんが、ハンモックならその辺は問題なし。また、ハンモックは何も敷かずに使うと薄い生地の上で自分を支えるものがありませんから、中での移動が意外と難しいのですが、このマットを敷けば仮の床になるので、ハンモック内の快適度アップにも貢献しています。

全長が183cmとかなり長いマットなので、足の末端部分を少しクルリと折り返して立ち上げれば、足周りがハンモックの生地に直接触れて冷えるということからも開放されて、かなり快適でした。ピロー部分はパンパンに空気を入れるのではなくて少し抜いたくらいがいろいろ収まりが良いです。

IMGP5230

モンベルのダウンハガー#3との組み合わせは、シュラフの生地自体がストレッチするのでマットを入れても窮屈な感じは全くありません。サイドジップを閉めても中で立て膝で寝られるくらい余裕があります。朝まで全身ヌクヌクで眠れました。

IMGP5232

収納状態。赤/グレーの入れ物がシュラフ。緑色のものがこれまで使っていたサーマレスト製の自動膨張の半身マット。手前のグレーのものがイナーシャオゾン。全身マットになったのに半身マットの約2/3の収納サイズになりました。穴が開いて空気漏れすると使いものにならない物なので、収納袋には予め補修用のパッチと接着剤が収納されています。

このイナーシャオゾン、短所は空気を全部抜くのが難しいというところで、平板な硬い床面がなければすべての空気を抜くのはまず無理。メーカー側もそれを見越してか、収納袋はかなりの余裕を持ったサイズになっています(上の写真でも実はスカスカ)。出先で空気の全抜きに気持ちと時間を費やすよりは、適当に空気が残っていても丸めて収納袋に入れてしまうくらいのアバウトな付き合い方が向いているのではないかと思います。

いや、いいものを紹介してもらった。

GROM NGKパワーケーブル

IMG_3323

盆栽趣味はほとんどないので、見た目重視のパーツ交換というのは基本的にしていないのですが、ハイテンションコードに色をつけるコトにだけは興味があってしばらくずっと手を出さずに我慢していました。が、ついにスパークプラグを購入するついでにNGKのパワーケーブルを購入してしまいました。

取り付けはイグニッションコイルから出ているハイテンションコードを根元付近でちょん切って、NGKパワーケーブルを切り取ったものと同じ長さに整えてジョイントでつなげるだけ。で、ケーブルの余りができるわけですが、並べてみると‥あれあれ、もう1本作れそうじゃないですか。

IMG_3322

純正のプラグキャップからハイテンションコードをグリグリと回して抜いて、余ったパワーケーブルをグリグリと挿しこんだら、できました!

ジョイントが付属の1個しかないので購入しなくてはなりませんが、1個400円くらい。

IMG_3325

効果のほどは体感できるものでもないように思うので、こんなものに2000円もかけるなんて‥と割高感のあるパーツだったのですが、妙にお得な感じのするパーツになりました。

眼鏡新調

IMG_2995

老眼鏡。

ではなくて、老眼対策を施したレンズ。実際に老眼鏡用レンズと今回のレンズを比較して、老眼鏡ほど遠近のレンズの仕様が極端に違わないものにしました。とても具合が良いです。

今回、フレームはツルの部分が薄っぺらいプレート状のものにしたところ、ジェットヘルメットをの脱着で引っ掛かりがなくなってフレームが歪まず、使い勝手も向上。

次は本格的に老眼鏡かなぁ。

ホーム > モノブログ

Feeds
Meta

Return to page top